忍者ブログ
〈2007年9月16日開設〉 これ迄の小説等、纏めてみたいかと思います。主にミステリー系です。 尚、文責・著作権は、巽にあります。無断転載等はお断り致します(する程のものも無いですが)。 絵師様が描いて下さった絵に関しましても、著作権はそれぞれの絵師様に帰属します。無断転載は禁止です。
Admin Link

「お義父様があんな遺言を残さなければよかったのよ」
「その台詞は聞き飽きたよ。嫌なら……」
「嫌なら別れて出て行け、でしょう? その台詞も聞き飽きたわ。もう止めましょう、この話は」
 言い出したのはそっちだぞ、という言葉は飲み込む。これ以上、恒例と化した言い争いを続けても仕方ない。
 それよりも、早く支度に取り掛からなければ。

 この広大な館を私に残した父は、少し――少しではないと妻は言うが――変わり者だった。
 神秘主義者にして、超常現象、奇現象の研究家。そして恐ろしく頑固だった。
 私達には全くその研究の有用性が解らないが、霊の存在を証明する事をライフワークとし、果ては齢八十にして癌を患い死期が迫ったと知ると、とある遺言を残した。
 曰く――自らの身と魂を持って、霊の存在を証明する、と。
 詰まりは死後、化けて出ると言っている訳だ。
 そして館に住んでその証人を務める事を条件として、私と妻にこの館を残す、と。

 冗談じゃあない、と妻は言った。
 だが、条件を満たさない場合、遺留分を残して父の遺産は全て処分され、研究団体に寄付される事になっていると告げると、散々唸った挙句、彼女は了承した。信じていなかった所為もあるのだろう。
 因みにもし父が化けて出るような事がなかったらどうするのかという問いには、証明が成される迄館を所有すべしという答が残されていた。有難いのか有難くないのか……。
 ともあれ、父の死後、私達はこの館に移り住み、その霊の存在証明を検める事となった。
 何、もし霊が存在したとしても、一度見てその存在を認めてやったら満足して成仏するさ――勿論信じていなかった事もあり、私達はそう、軽く考えていた面もあった。
 だが――。

「真逆定期的に出て来るなんて思わなかったわよ」テーブルを力任せに拭き清めながら、妻は愚痴る。
「それに関しては私もだ」椅子を並べ、半ばうんざりしながらも私は応じる。
「その癖話が通じる訳でもないし、一体いつ迄私達に証人を勤めさせる心算よ」
「まぁ、今は私達だけじゃあないがね」
「そうね」深い溜息をついて、妻は肩を竦めた。「それに、お陰で私達も食べるに困らないし……。感謝すべきなのかしら?」
 どうだろう、と私も肩を竦めて苦笑した。

 それより、支度を急がないと夜にはお客様がおいでだ。
 本日の客は五組十三名様。
 父が見える人、見えない人、様々だろうが、まぁ、楽しんで帰ってくれ。
 此処は多分国内では唯一営業中の、本物の幽霊屋敷を転用した「幽霊ホテル」なのだから。

                      ―了―


 4月15日――語呂合わせで「遺言の日」だそうな(--)
 微妙に苦しい気もするけど……何でも記念日があるもんだねぇ。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
遺言の日!
そんな記念日が\(◎o◎)/!

怨念つきの幽霊ホテルは嫌だけど、
こんな幽霊ホテルなら、お客様も楽しめる(?)かもしれないですね☆
本人の希望だし♪

あ、でも私はどっちにしても出ないホテルがいいですw
moon URL 2010/04/16(Fri)05:10:35 編集
Re:遺言の日!
やっぱり普通のホテルがいいですか(笑)
しかし、幽霊が売りのホテルって一体(^^;)
巽(たつみ)【2010/04/16 21:34】
無題
「幽霊ホテル」は案外メンテナンスが楽かもしれませんね。食事は不要だし、掃除もしない方が趣があるとか言われて(笑)
支払いは現金は無理そうだから、たぶんカードですね。ビリビリと通信回線に電気が走って決済完了。
しかし、それではせっかくの当主夫妻がのんびりできないよ~!
銀河径一郎 2010/04/16(Fri)20:19:05 編集
Re:無題
いやいや、先代の霊が出るのを目当てに人が来る「幽霊ホテル」ですから(^^;)
きっと宿泊者は先代の類友(笑)
巽(たつみ)【2010/04/16 21:41】
本物w
私的には泊まりたくないよぉ
ぐっすり寝られないもの(^^ゞ
つきみぃ URL 2010/04/17(Sat)18:06:35 編集
Re:本物w
深夜以降が売りなんですよ?(笑)
巽(たつみ)【2010/04/17 21:51】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア
プロフィール
HN:
巽(たつみ)
性別:
女性
自己紹介:
 読むのと書くのが趣味のインドア派です(^^)
 お気軽に感想orツッコミ下さると嬉しいです。
 勿論、荒らしはダメですよー?
 それと当方と関連性の無い商売目的のコメント等は、削除対象とさせて頂きます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村参加中。面白いと思って下さったらお願いします♪
最新CM
☆紙とペンマーク付きは返コメ済みです☆
[06/28 銀河径一郎]
[01/21 銀河径一郎]
[12/16 つきみぃ]
[11/08 afool]
[10/11 銀河径一郎]
☆有難うございました☆
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
(05/03)
(04/01)
(03/01)
(02/01)
(01/01)
アーカイブ
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
メールフォーム
何と無く、付けてみる
フリーエリア
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]