忍者ブログ
〈2007年9月16日開設〉 これ迄の小説等、纏めてみたいかと思います。主にミステリー系です。 尚、文責・著作権は、巽にあります。無断転載等はお断り致します(する程のものも無いですが)。 絵師様が描いて下さった絵に関しましても、著作権はそれぞれの絵師様に帰属します。無断転載は禁止です。
Admin Link

「おい、この夜霧どうにかならないのか?」
「無茶苦茶な事言うなよ」

 濃霧の為に一旦ははぐれた友人をどうにかこの山小屋に案内して一昼夜、彼は少々、嫌気が差してきた様だった。尤も、冬山登山に誘った僕自身も、この白い闇にはうんざりしている。だからって、どうにか出来る訳もないんだけど。
 この山頂近くの山小屋からは、本来ならば眼下に広がる平野部や遥か遠くには海を望める筈だったのだが、辺りは濃い霧に包まれて山頂の景色さえ拝めない有様。
 いや、それどころか下山さえ危うい……。
 勿論こういった事態を考えて食料には余裕を持たせてある――そう、食糧の点では暫くは問題ないだろう。それに山小屋には設備もそれなりに整ってはいた。
「兎に角、この霧の中に彷徨い出る方が危険なのは解るだろう? 此処に居る分には一先ず安全だし、どうしてもとなれば備え付けの電話もある。ま、救助なんか頼んだら、ヘリやら何やらとんでもない額を後で請求されるそうだけど」僕は友人に言い聞かせた。
「じゃあ、霧が晴れる迄ずっと此処にこうしてるのかよ?」ぶすっとした顔で小屋の中を檻の中の犬よろしくうろつきながら、彼は唸った。
「他に雪や風を凌げる所があるか? それより、苛付くのは解るけど、体力温存しとけ。朝になってこの霧が晴れていれば、直ぐに下山に取り掛かるぞ」
 仕方ない、という風情で彼は小屋中央の囲炉裏端に陣取り、乱暴に熾火を掻き立てた。

 何としても下山させなければ――友人から離れて窓の外を眺めながら、僕は思案する。
 山に関しては興味はあったものの初心者の彼を、僕が誘ってこんな所迄連れて来てしまったのだ。
 その為にも、あの事は気取られてはならない……。此処では冷静さが必要なのだ。
 兎に角、早く晴れてくれ――僕は祈る様な思いで窓外を漂う夜霧を見詰めていた。

 翌朝、僕達を悩ませた霧は嘘の様に消え去り、眼下の雄大な景色に力を得たのか、友人は僕の指示の元、下山の途についた。
 こんな好天気ならもっとゆっくりして行ってもいいんじゃないか、なんて言い出す程、彼は上機嫌だった。全く、現金なものだ。
 けれど、その希望は聞き入れなかった。いつまた天候が変わるか解らないのだ。
「兎に角、お前を無事に下山させないと僕は……」僕は俯き、頭を振った。
「そんなに責任感じなくても」彼は微苦笑する。「解ったよ。じゃあ、また天候が安定した時期に来よう」
 頷いたものの、僕の心は晴れなかった。
 もう二度と、僕達二人が山に登る事はないから。
 ともあれ、あの山小屋の事は覚えておいて欲しいものだ。特に場所を。
 何故なら、あの近くに、はぐれた友人を捜していて滑落した、僕の遺体がある筈だから。尤もそんな事は無事に帰り着いて、僕の事に気付いてからでいい。
 今は落ち着いて、下山するんだ。

 兎に角、お前を無事に下山させないと僕は――死んでも死に切れないのだから。

                      ―了―


 寒いからどうも考えも寒い方向に……(--;)
 夜霧はサボるし!

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
こんばんは
あらあら、死んじゃってたのね(*_*)

夜霧にはホントに困ったものですね(~-~;)
冬猫 2010/01/09(Sat)03:17:19 編集
Re:こんばんは
本当、困ったもんです(--;)
今日もサボってるしー。
巽(たつみ)【2010/01/09 21:26】
こんにちは♪
死んでまでそんなに責任を感じなくてもw
夜霧の責任だし…(爆)
つきみぃ URL 2010/01/10(Sun)12:01:19 編集
Re:こんにちは♪
そうですよね、全て夜霧の責任なんです!(爆)
巽(たつみ)【2010/01/10 22:28】
こんにちは♪
うわぁ~何て責任感の強い方なんでしょう!
死んでまで友人を無事に下山させようと
するなんて・・・・・
ん?と言うか自分の遺体を発見して欲しい
って方が強いのか?
クーピー URL 2010/01/10(Sun)15:11:05 編集
Re:こんにちは♪
自分の遺体を見付けて欲しいのもあるんだろうけど、先ずは友人を無事に帰さないと、と(^^;)
自分が山迄引っ張って来ちゃったんだから、と。
……更に引っ張って行っちゃう展開もありだったかも……?(←おい)
巽(たつみ)【2010/01/10 22:34】
無題
冬山登山する気持ちが理解できません。なぜ危険だらけの世界に身を投じるかな。

主人公は冒頭から幽霊さんなんですね。夏の幽霊でも寒いのに、真冬の山の幽霊、寒すぎだ(^^;
銀河径一郎 2010/01/11(Mon)00:59:45 編集
Re:無題
寒い寒い(笑)
冬山登山は危険が一杯ですからね~。夏でも油断は禁物ですけど。
私は炬燵に潜ってるのが一番です(笑)
巽(たつみ)【2010/01/11 21:27】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア
プロフィール
HN:
巽(たつみ)
性別:
女性
自己紹介:
 読むのと書くのが趣味のインドア派です(^^)
 お気軽に感想orツッコミ下さると嬉しいです。
 勿論、荒らしはダメですよー?
 それと当方と関連性の無い商売目的のコメント等は、削除対象とさせて頂きます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村参加中。面白いと思って下さったらお願いします♪
最新CM
☆紙とペンマーク付きは返コメ済みです☆
[06/28 銀河径一郎]
[01/21 銀河径一郎]
[12/16 つきみぃ]
[11/08 afool]
[10/11 銀河径一郎]
☆有難うございました☆
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
(11/01)
(10/03)
(09/01)
(08/03)
(07/01)
アーカイブ
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
メールフォーム
何と無く、付けてみる
フリーエリア
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]