忍者ブログ
〈2007年9月16日開設〉 これ迄の小説等、纏めてみたいかと思います。主にミステリー系です。 尚、文責・著作権は、巽にあります。無断転載等はお断り致します(する程のものも無いですが)。 絵師様が描いて下さった絵に関しましても、著作権はそれぞれの絵師様に帰属します。無断転載は禁止です。
Admin Link
 今日、この月夜が明けてしまう前に両親へ使用したいなぁ――そうしなければ、多分間に合わないから。
 そんな事を呟きながらもいそいそと、硝子の小瓶を抱えて暗い道を辿る少女を見付けたのは、眷属の蝙蝠でございました。辺りは屋敷を隠す暗い森。
 他にあるものと言えば、僅かに街から入った場所にある、墓地位のものでしょうか。
 眷属からの報告を受けたお嬢様の眉間に、微かな皺が寄せられました。
 人間にとって、それも見た所十一、二歳の少女にとってこんな夜中に墓地への道を急ぐなど、尋常な事ではないでしょう。
 そしてその小瓶に、嫌な感じがするとお嬢様は仰せになられました。

 お嬢様方はその眷属の目を通せば、直にその場に居る如く、様子を見渡せるそうなのですが、生憎只の生き人形の私、カメリアにはそんな力はございません。
 それでも気になる私の様子を気遣われてか、お嬢様は自らが映る事の無い鏡に、眷属からの情報を、映し出されました。人間界で言う所の監視ビデオみたいなものでございますね。
 大きな姿見の中で、少女は月明かりと小さなカンテラだけを頼りに、墓地へと辿り着きました。
 そして向かったのは、二基の墓石。どうやら夫婦が睦まじく並んで埋葬されている様子。
『これを使えば……』鏡を通して、彼女の声が届きました。『パパとママは生き返る』
 やはりそれ系か、とお嬢様は溜め息をつかれました。
 人間の考えそうな事だ、と。
 恐らくは幼くして両親を亡くした少女が、その復活を望んだという所でしょう。
 只、問題なのはあの小瓶。
「お嬢様、あれは……?」
「恐らく魔女にでも用意させたのだろう。安いものでもないだろうに」
 安い、と言うのは金銭的なものとは限りません。それは某かの犠牲であったり、制約であったり……。人二人を蘇らせる程のものとなれば、余程お人好しの魔女でもない限り、かなりの報酬を要求した事でしょう。こんな子供に……。そしてそれだけのものを払ったとしても……。
「あれは、本当に効き目があるのでしょうか?」
「真逆」お嬢様は言下に否定されました。「死んだ人間を人間の儘に蘇らせるなんて出来る筈もない。出来るとしたら生きている様に見せ掛けるだけ。恐らくは魔女の人形にされるのがオチだろう」
「人形……」私は複雑な思いで呟きました。前述の通り、私は生き人形。人に造られた人形でありながら、自らの意識を持ち、思いを持ち、動くもの。
 けれども、恐らく魔女の人形となった人間には、それらは無いのでしょう。糸に縛られた操り人形の如く。
 それでも、あの子は両親が蘇ったと、幸せに思うのでしょうか?
 
 私が思い悩む間にも、少女は間だ掘られた跡の新しい地面を、木の板を使って掘り起こし始めました。この辺りは土葬。恐らくは埋葬されて間も無い遺体が必要なのでしょう。
 そして掘り起こした遺体に、あの小瓶の中のものを、という事なのでしょう。
 果たしてそれで例え仮にでも二人が起き上がるのか、彼女を娘として認めるのか。
 心臓も無い身でおかしな事かも知れませんが、私はハラハラしながら、その様子を見ておりました。
 そして――使用人としては非常に迂闊な事に、お嬢様がいつの間にか出て行った事に、気付いておりませんでした。

 荒い息をつきながら、二人の遺体を掘り起こした少女。柩の中には間だ新しい遺体。
 それを見下ろす少女の顔に、狂気を孕んだ笑みが広がっていきます。それは二人との再会への期待と、彼女等人間が信ずる神への背徳との狭間。
 そして、彼女は小瓶の栓を抜き――背後からの声にぎくりと動きを止めました。
『お前は死を憎むか?』
「お、お嬢様!」申し訳ないと思いつつも打ち明けます。お嬢様がいらっしゃらない事に気付いたのはこの時点でございました。
 少女はそろりと振り返り、お嬢様と向き合いました。
 森が僅かに開けて、月明かり差す墓地の中、白い肌に亜麻色の髪、艶やかながらも凄みのある笑みを浮かべるお嬢様と、最早完全に気圧され、蒼白い顔で佇む少女。
『お前は永遠に生きたいか?』お嬢様は問われました。
 少女はちらりと足元の両親を見下ろし――頷きました。
『パパとママと……三人でずっと一緒に居たい』
『その二人はもう死んでいる。その薬、大方魔女にでも作らせたのだろうが、お前の両親の魂は戻らぬぞ? お前一人なら……私が与えてやれる。永遠の生を』
『……』少女は暫し黙しておりましたが、不意に向きを変え、瓶の栓を一気に引き抜きました。『そんな事ないもん! 二人共生き返るもん!』
 ばしゃり、と薬品が二人の遺体に掛けられました。

 私が思わず鏡に掴み掛からんばかりに見詰める中、二人の遺体が身震いを始めました。それは、目覚めの予兆と取るには余りに禍々しい、蠕動。弛緩した身体の筋肉が、あり得ない順、動きで震え、蠢いています。
 あれが、生きた人間の筈はありません。
 眉を顰めるお嬢様の前で、二人は不自然な動きで立ち上がり――駆け寄った少女には目もくれず、墓地を去ろうとしています。恐らくは、魔女の所へ行こう、と。
『ど、どうして……?』少女の泣き声に、お嬢様の声が掛かりました。
『だから言ったろうが。魂は戻らぬと。まぁ、確かにあれなら不死にはなったかも知れんな。動かなくなる時は、死と言うより壊れる時、だからな。魔女に使われた後、廃棄処分にされる時、か』
『そんな……』少女は蹲ってしまいました。『だって、また三人一緒だって……』
『碌でもない魔女だな。だが……死を軽んじたお前も悪い』言って、お嬢様は彼女の背後に腰を落とし――その首に牙を。
 そして身を離すと、茫然としている少女に笑いました。
『これでお望み通り、三人とも不死だ。お前を騙した魔女に仕返しするなり、両親の魂を取り返そうと無駄にもがくなり、好きにするがいい。何、時間だけはたっぷり、ある』
 首筋から一筋の血を流し、茫然と見送る少女を余所に、お嬢様は蝙蝠へと姿を変え、墓地を後にされました。

「お嬢様……あの子はこれからどうなるのですか?」お帰りになられたお嬢様に、私は尋ねました。
「それはあの娘がどうしたいかによるだろうね」お嬢様の素っ気無いお返事。少々、気分を害されておられる様です。「少々の事では死ねない身体で、闇に生き続けるか、いっそ魔女にぶつかって玉砕でもするか……それはあの娘が選ぶ事だろう?」
「それはそうでございますが……些か酷な様にも……」
「カメリア。私はこれでも怒っているのだよ。この世のものとあの世のものとの間に厳然と横たわる死を、我等には縁遠い死を、軽んずるあの娘と、魔女に」
 だから、とお嬢様は凄みのある笑みを浮かべられました。
「眷属をあの遺体につけておいた。魔女を探し出し――死を与えてやるようにとね」
 魔女が死に、糸の切れた操り人形となった二人の遺体と、不死に近い少女。彼女は両親の魂の糸を手繰り寄せようと、足掻き続けるのでしょうか? 

                      ―了―


 お。何か暗い話になったかも。
 お嬢様は普通に死ねないだけに、逆に死を尊重しています。生死を軽んずる者が大嫌いです。

 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
おや、お嬢様のお怒りが・・・!
少女には同情してしまいそうになりますが・・・^^;
軽視しないように気を付けます!うむ。
らすねる 2008/05/28(Wed)23:53:07 編集
Re:無題
お嬢様は人の生命エネルギーを糧とするだけに、逆に生死の扱いを粗末にする人間には、怒ります。
む。果たして妖は自然物なのか、自然ならざるものなのか?
取り敢えずゾンビは自然物じゃない気がする(--;)
巽(たつみ)【2008/05/29 14:50】
大好きv
素晴らしい!なんてオトコマエなお嬢様でしょう!惚れ直した!
(火村先生に似てるなあ、と思ったのは私だけかな…/苦笑)
永遠の生命を熱望する人間と、生命の刹那の輝きに憧れるヴァンパイア。お嬢様が牙を立てるのは人間に復讐する時というのが効いてますね♪
ちなみに、読んでる間からずっと頭の中で、M.じゃくそんの『スリラー』がエンドレスでぐるぐるしてます(笑)
みけねこ URL 2008/05/29(Thu)01:39:50 編集
Re:大好きv
坊ちゃまよりオトコマエかも知れんお嬢様(笑)
永遠に生きられる者が果たして幸せか否か。まぁ、どう生きるかによるかも知れないけど。
「スリラー」……墓地に蘇った遺体だものねぇ^^;
巽(たつみ)【2008/05/29 14:57】
こんばんは
お嬢様、怒ってるね。悲しんでもいるんだろうか。
眷属をつけた、お嬢様の優しい心を解るのはカメリアさんだけか。少し寂しいね。
冬猫 2008/05/29(Thu)01:52:51 編集
Re:こんばんは
妖には基本的に死はございませんからねぇ。況してお嬢様程となればどれ程の時を――あ、いえ、それは極秘事項でございました――ともあれ、一度切れた生命の糸は繋げるものではないし、繋いではならないのだと、お嬢様がおおせでした――カメリアさん談。
巽(たつみ)【2008/05/29 15:03】
こんばんは
少女がちょっと気の毒な気もしたけどねぇ。

言っても、十二、三でしょう。
まだ色々と人生の事に関して、正しい判断が出来る頃でもないしねぇ。←そう言う自分は出来るのか?^^;

生死って何だろうねぇ。
afool URL 2008/05/29(Thu)02:06:03 編集
Re:こんばんは
最低限やっていい事と悪い事の区別に関して、はっきり言って相手が子供でも、私は辛口です^^;
十二、三にもなれば知恵もついてるでしょう、と。本当に正しい事が解らなくても、取り敢えず間違っている事が解ればそれを避けなさい、と。
それでもやってしまうのが人間の愚かさであり、小説のタネですが……^^;
巽(たつみ)【2008/05/29 15:09】
おはようございます♪
永遠も辛いものが。。
想像しかできないけれどいつか死が訪れることで
救われること、あるのでしょうね。
終わりがあるからこそ今を大事にして欲しい、大事にしたいと思います!!
つきみぃ URL 2008/05/29(Thu)06:51:43 編集
Re:おはようございます♪
永遠の命という場合、先ず考えられるのが自分だけが永遠なのか、周りも含めて永遠なのか。
周りも含めてだった場合、人間関係なんかもずーっとその儘な訳で……何かやだ(苦笑)
自分一人だった場合、大事な人もそうでない人も自分を置いて、いつかは行ってしまう訳で……これもやだ(笑)
結論。私的には永遠なんか、要らん(笑)
巽(たつみ)【2008/05/29 15:16】
なかなか・・・
う~ん、大事な人が亡くなるのは悲しいけど、私はその人の、それも運命やって思ってる。
ちょっと映画のグリーンマイルを思い出しました。
自然に逆らった、代償は大きいですね。
ぴぴ 2008/05/29(Thu)13:23:53 編集
Re:なかなか・・・
大事な人が亡くなるのは確かに悲しいですね。
私も父を亡くしております。私が何か訊くと「見て解らんものは訊いても解らん」とのたまう人でした。ええ、お陰様で訊くより先に推測する癖が付きました(笑)
大好きですが、生き返って欲しいとは思いません。夢に位出て来い、とは思いますが^^
巽(たつみ)【2008/05/29 15:23】
う~ん
ちょっと考えさせられますよね。
生と死、隣りあわせだもんね~。

インタビュー・ウイズ・バンパイアーを思いだしたね、これ。
なっち URL 2008/05/29(Thu)14:24:44 編集
Re:う~ん
人も妖も、自分に無いものを求めるのかも知れません。
お嬢様にとって逆に死は尊いものだったりして。
巽(たつみ)【2008/05/29 15:25】
死は救いでもあるねぇ!
死ねないってのは最高に悲劇だと思うなぁ・・・
永遠の命なんてゾッ!とするよねぇ!

特に周りは普通に寿命が尽きて死んでいくのに、
自分だけ死ねないとしたら!これは絶対悲惨だよぉ~!何百年とかなら長期計画で!ってのもあるかも知れないが、何万年とか何千年となると!
辛いだけのような気がするねぇ~・・・・・

何事も終わりがあるから良いのかも知れないネ!
クーピー URL 2008/05/29(Thu)15:42:06 編集
Re:死は救いでもあるねぇ!
自分だけ永遠、というのは確かに悲劇ですよね。
何千年、何万年ともなると……気が狂うかも。
やっぱり永遠なんて、要らん(苦笑)
巽(たつみ)【2008/05/29 16:04】
無題
おっ、お嬢様…!
そうですよね、お嬢様は普通に死ねないですよね…
お嬢様が牙を出したのは今回が初めてですね。
ふわりぃ URL 2008/05/29(Thu)18:08:58 編集
Re:無題
ん? 前の時にも出さなかったっけ?(゜゜)
不死にはしなかったけど。
巽(たつみ)【2008/05/29 21:02】
無題
どもども!
いやいや、そんなに暗いとは思いませんでしたよ!!
お嬢様の怒りが少女に対してだけでなく、魔女にもってのが素晴らしいっす。
にしても…、眷属の蝙蝠が始末できるぐらいの魔女って、相当な下っ端ですよねw
猫バカ1番 URL 2008/05/29(Thu)22:58:00 編集
Re:無題
だって、間違いを犯した少女にだけ怒って、その間違いを唆した魔女を放置は出来んでしょう。寧ろそっちが主犯。
例え下っ端魔女でも!(笑)
まぁ、そこはそれ、お嬢様の眷属ですから、蝙蝠と言えど……ねぇ?(笑)
巽(たつみ)【2008/05/29 23:55】
無題
吸血鬼に噛まれたら、吸血鬼一族として館に住めるのかと思ってたよ。
お嬢様、けっこう冷たいな
銀河系一朗 URL 2008/06/03(Tue)19:17:29 編集
Re:無題
お嬢様、彼女(と魔女)に対しては怒ってますからねぇ。
寧ろお館に住まわせたい程気に入った人間は、噛まないかも? 少なくともその人に家族なり居る場合は。置いて行き、置いて行かれる事になるからねぇ、その人間は。
巽(たつみ)【2008/06/03 21:23】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア
プロフィール
HN:
巽(たつみ)
性別:
女性
自己紹介:
 読むのと書くのが趣味のインドア派です(^^)
 お気軽に感想orツッコミ下さると嬉しいです。
 勿論、荒らしはダメですよー?
 それと当方と関連性の無い商売目的のコメント等は、削除対象とさせて頂きます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村参加中。面白いと思って下さったらお願いします♪
最新CM
☆紙とペンマーク付きは返コメ済みです☆
[06/28 銀河径一郎]
[01/21 銀河径一郎]
[12/16 つきみぃ]
[11/08 afool]
[10/11 銀河径一郎]
☆有難うございました☆
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
(11/01)
(10/03)
(09/01)
(08/03)
(07/01)
アーカイブ
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
メールフォーム
何と無く、付けてみる
フリーエリア
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]