忍者ブログ
〈2007年9月16日開設〉 これ迄の小説等、纏めてみたいかと思います。主にミステリー系です。 尚、文責・著作権は、巽にあります。無断転載等はお断り致します(する程のものも無いですが)。 絵師様が描いて下さった絵に関しましても、著作権はそれぞれの絵師様に帰属します。無断転載は禁止です。
Admin Link

 ゴロゴロ、ガラガラ……遠くで雷が鳴っている様だ。
 俺は横たわった儘、ぼんやりとそれを聞く。目を閉じて――いや、目が開かないのだ。瞼が何か柔らかい物で塞がれている感触がある。
 何だ?
 手を遣ろうとして、手の、いや手を含めた身体の感覚がない事に気付く。
 どうなってるんだ?――状況が判らず、俺は狼狽した。
 そもそも……俺はいつ、寝たのだろう?

 覚えている、最新の記憶を辿る。
 そうだ、確か俺は友人二人と、街外れの廃屋に肝試しに行ったんだった。
 小さいながらも古びた洋風の煉瓦造りで、更に夕方からの雷雨が雰囲気を否が応にも、盛り上げてくれていた。何でも、昔は病院として使われていたという噂で、それだけに尚、俺達は――無茶な話だが――何かあるのを期待していた。
 だが、二階建ての廃墟の一階部分には、俺達同様の探検者の形跡しか見付からなかった。粗野な落書き、投げ捨てられた酒の缶や煙草の吸殻、そんなお馴染みの光景だ。
 時折、破れた窓から射し入る稲光が影を浮かび上がらせ、色を添えてはくれるが……。
 この分では二階も期待は持てないだろう。雷雨も酷くなりそうだし、早々に切り上げようか――俺がそう提案した時だった。
 雷の音に混じり、二階から物音がした。
 俺達は顔を見合わせた。付近には俺達の物以外、車もバイクも無かったと思ったが、他にも入り込んだ人間が居たのだろうか? それとも……?
 そこ迄何も無かった事に気が大きくなってもいたのだろう。俺達は面白半分に、二階への階段を駆け上がっていた。

 それから……どうしたんだっけ?
 物音の発生源を手分けして探す内、先ず一人が居なくなり、そいつを捜す内にもう一人が姿を消した。
 そう、姿を消した――俺の目の前で。すうって、姿が薄くなって行って……。
 我が目を疑ったよ。当然だろう? 生きた人間が、仕掛けも何も無しに消える訳がない。勿論、その場に手品の仕掛けなんてある訳もない。何度も、何度も眼を擦った。それでも何も変わりはなかった。
 事此処に至って、此処はやばいんだって、理解した。頭じゃなく、呆け切った本能が。
 薄情な話だが友人を捜すとか、そんな事は頭から消え去った。此処に居たら次に消されるのは自分だ――それだけが、頭を占めた。
 逃げる! その思いだけで俺は廊下を駆け、階段を駆け下り……。
 そうだ、階段を駆け下りていて、不意に絡んだ何かに足を取られ、転倒したんだ。
 そして、意識を失った。

 それからどれ位経ったんだろう? そして此処は……?
 ゴロゴロ、ガラガラ……雷は相変わらず鳴っている。
 視界を閉ざされ、身体の感覚もない俺には、今、聴覚しかない。いや、待て、もう一つ、嗅覚が残されていた。これは……消毒薬の臭いだろうか?
 もしかして、俺は怪我をした所を発見されて、病院に担ぎ込まれたんだろうか? 
 もし、病院なら誰か居るんだろう? 誰か説明してくれよ!
 思わず、微かな声が漏れた。唸り声と言うよりも、気道から息が漏れる序でに、音になった様な、あやふやで弱々しい声。
 それでも、傍に居た誰かが気付いてくれたらしく、耳の端に何者かの吐息が近付いてきた。酷く、臭い。だが、聞こえてきた声は優しげな女性のものだった。
「大丈夫ですよ。貴方がおかしくなったと疑っていた眼は、当院で完全に治しましたからね。もう、おかしな物なんて見えません。安心して下さい」
 眼? 眼の事なんて、医者に言った事はないし、そもそも俺は階段から落ちたんじゃないか。目がおかしくなったなんて、素振りでも見せたのはあの廃墟の二階で友人が消えた時しか……。
 あの、元病院だったと噂の廃墟でしか……?

「そうそう、次は身体を治す為の手術です。大丈夫です。完全に治しますからね。麻酔が効いているから痛みもありません。勿論……逃げられませんよ?」
 ゴロゴロ、ガラガラ……止まない雷の音は、身体の感覚も自由も奪われた俺を更なる闇へと運ぶ、ストレッチャーの音だったのだ。

                      ―了―


 暑いから( ̄▽ ̄)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
九州
雨ばっかりだよね。
雷まで酷いのね(;▽;)

麻酔中に悪夢見たくないなあww
つきみぃ URL 2011/06/22(Wed)15:08:22 編集
Re:九州
昔、カテーテル検査の最中、麻酔が醒め掛けたのか、ふと目を開けたら、手術のシーンでよく見るあの大きなライトが上に……(笑)
痛みはなかったんですけど、気付いたらしいお医者さんの「もう少しだからねー」って言う声は聞こえました(゜□゜;)
巽(たつみ)【2011/06/25 10:49】
こんばんは
おや、意外な展開。
また、なぁ~んだ。寝ぼけていたのかみたいな展開かと。
態と変えてきたのかなw
afool 2011/06/22(Wed)20:01:44 編集
Re:こんばんは
真逆の夢落ちとか?(^^;)
巽(たつみ)【2011/06/25 10:50】
無題
うーむ。にんにく、くさやが好物のナースかな。
徹底的に治されて、完璧な幽霊になるってことですか?
銀河径一郎 URL 2011/06/23(Thu)23:37:32 編集
Re:無題
まぁ、実体が無ければ痛む事もないよね♪ っていう……(苦笑)
あれ? でも、「痛いよぉぉぉ!」って出て来る幽霊も居るなぁ。あれ?
巽(たつみ)【2011/06/25 10:53】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア
プロフィール
HN:
巽(たつみ)
性別:
女性
自己紹介:
 読むのと書くのが趣味のインドア派です(^^)
 お気軽に感想orツッコミ下さると嬉しいです。
 勿論、荒らしはダメですよー?
 それと当方と関連性の無い商売目的のコメント等は、削除対象とさせて頂きます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村参加中。面白いと思って下さったらお願いします♪
最新CM
☆紙とペンマーク付きは返コメ済みです☆
[06/28 銀河径一郎]
[01/21 銀河径一郎]
[12/16 つきみぃ]
[11/08 afool]
[10/11 銀河径一郎]
☆有難うございました☆
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
(10/03)
(09/01)
(08/03)
(07/01)
(06/01)
アーカイブ
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
メールフォーム
何と無く、付けてみる
フリーエリア
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]