忍者ブログ
〈2007年9月16日開設〉 これ迄の小説等、纏めてみたいかと思います。主にミステリー系です。 尚、文責・著作権は、巽にあります。無断転載等はお断り致します(する程のものも無いですが)。 絵師様が描いて下さった絵に関しましても、著作権はそれぞれの絵師様に帰属します。無断転載は禁止です。
Admin Link
「ど、どうすればいいと思う?」男は内心の困惑を吐き出した。
 その目の前には彼の楽屋を荒らしていたと思われる男が倒れている。鈍器で殴られた頭から血を流し、血の気のすっかり失せた顔で。手には彼の財布が握り締められていた。ぴくりとも動かないその様から、そして急速に失われていく生気から、既に息絶えているのが窺えた。
 そしてその楽屋荒らしを殴打したパイプ椅子を、男は未だ手にしていた。
 楽屋の主が戻って来たと見て居直り強盗と化す男に対し、恐怖の余りに手近にあった椅子を掴んだ手は強張り、指一本動かすのさえ難事だった。そして何より、手から離せば死んだ男が起き上がって襲い掛かって来る様な気がした。無論、そんな事は起こる筈もないのだが。
「兎に角落ち着こうよ」楽屋に入るなり放り出された儘だった相方の声が聞こえた。「落ち着いて考えるんだよ」
 男はいつもそうする様に、無意識に相方に相談し始めた。

「わ、悪いのは向こうなんだ。楽屋を荒らして……ど、泥棒なんだ。それも私に襲い掛かって来たんだよ? この儘警察に通報するのが一番だと思う」やや落ち着いて考えを整理した後、男は言った。「そ、そうだよ、正当防衛で……」
「でも」相方の声。「襲い掛かって来た時、あいつは凶器になるような物は持っていなかったよ? おじさんの財布だけだ」
「だ、だから? 私には殺す気なんて無かったんだぞ? 只、向かって来られたから、恐ろしくて……つい手近にあった椅子で殴ってしまったけれど……」
「泥棒の顔をよく見てよ」
 その声に嫌々、男は死体の顔を覗き込む。そして、あっ、と声を上げた。見覚えのある、小柄な四十男。
「こ、こいつはこの劇場の職員……! そうか、こいつが……! 前々から楽屋荒らしには注意するようにと触れが回っていて、皆戸締りには注意していたのにそれでも被害が出ると思ったら、道理で……!」男は憤慨する。「どこかこそこそと怪しい奴だとは思ってたんだ!」
「前々から気に入らなかったんだよね? それもちょっとしたミスで人前で怒った事もあったよね?」
「……何が言いたい?」不安げな声で訊き返す。
「他人から見て、この状況は、おじさんにとって拙いんじゃないかって事。元々仲のよくない二人が同じ室内に居て、片方は死体になって転がり、片方は凶器を握ってるんだよ?」
「わ、私が日頃の不仲が原因で彼を殺したとでも!? 馬鹿な……! 第一、あいつは現に私の財布を握っているんだぞ? 明らかに物取りじゃないか!」
「財布なんて後から握らせた……そう考える事も出来るんじゃない?」
「私が正当防衛と見せ掛ける為に? とんでもない!」
「大声出すなよ。人が来るぞ。それでなくても劇場もそろそろ閉幕だ。いつ迄もこうしちゃいられないんだよ?」
 そうだ、と男の心臓が跳ね上がる。いつ迄も此処にこうしてはいられない。自首するにせよどうするにせよ、素早い決断が必要だ。
 どうするにせよ――?
 どうすると言うのだ? こいつを放って逃げる? 駄目だ駄目だ! 此処はこの劇場の、私の楽屋なんだぞ? 後で掃除の者か警備の者が入れば直ぐに通報され、死亡時刻から言っても言い逃れなんて効かなくなる。それ以前に職員の姿が見えないという事で騒ぎになるかも知れない。此処にも探しに来るかも……。
「じゃあ、この死体をどうにかするしかないんじゃないの?」相方の声が脳に響いた。

「お疲れ様でした!」そんな声の交錯する中を、大きな鞄を提げ、相方を伴って、時折声を返しながら男は潜り抜けて行った。閉幕後の片付けや清掃、そしてまた明日の準備に追われる最中、それを気に留める者は殆ど居なかった。
 只、何故いつもは鞄にしまって帰る人形を、腕に抱えた儘なのだろうと思う者は居たが――古参の芸人にそれを尋ねる者は居なかった。
 その訳を知るのは震える手でどうにか血を拭き取られた楽屋の床と、やや歪んだパイプ椅子のみ――それで片付く筈だった。
「巧く乗り切ったね! おじさん!」相方のやや甲高く作った声が、周囲の注意を引き付ける迄は。
 思った事を人に語り掛ける様な口調で独りごちてしまう。その傍から見ると些かおかしな癖が、男が腹話術師になる事を選んだ理由でもあり……今回の致命傷だった。

                      ―了―

 前に書いた館の腹話術師の話に付いたコメから考えてしまいました(笑)
 尤も、独り言言う癖は私にもありますが(^^;)
 考える時って口に出した方が纏まる時ってありますよね? 
 今回の彼は悪い方に纏まっちゃいましたけど☆普通に通報しとけばよかったのに……(--;)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
こんばんは
『乗り切ったのは舞台だよ?』なんて言い訳しないのかな?
まぁ、どんなに上手く片付けても、この犯人なら、いつか気付かれちゃいそうですけどね
人形に頼ってしまった時点から、彼の悲劇が始まった訳だ。
素直に自首すりゃよかったのにね~
冬猫 2008/07/04(Fri)23:21:59 編集
Re:こんばんは
全くねー。素直に自首すれば過剰防衛位で済んだだろうに。
顔見知り、然も仲悪い、という事もあって、悪い方へ考えが転がり、然も人形との会話――という形の自分自身との対話――が更に疑心暗鬼を煽ってしまった様です。
多分、隠し事出来ないでしょう、彼は(笑)
巽(たつみ)【2008/07/05 00:10】
こんばんは♪
ん~本当に素直に自首すれば良かったのにねぇ!
でも、素直に自首したら・・・別の小説になってしまうかぁ・・・・(笑)

法廷物とかにネ!

ところで、疲れはもうとれたの?
無理しないでくださいネ!
クーピー URL 2008/07/05(Sat)00:27:18 編集
Re:こんばんは♪
昨日は休みで中復活(笑)
法廷物にしたら陰険な感じの検事とか出て来るんだろうなぁ(笑)
「被害者と貴方は以前から仲が悪かった、という証言もあるんですがね?」とか(^^;)
巽(たつみ)【2008/07/05 15:02】
無題
相方って、人形だったんですね~
二重人格だと思いました。
自問自答を口に出してる人いますよね。>_<
ふわりぃ URL 2008/07/05(Sat)01:52:08 編集
Re:無題
字義通り放り出した儘の相方=人形でした(^-^)
自問自答……済みません、それは私です(笑)
巽(たつみ)【2008/07/05 15:04】
無題
あらら・・・
とんだ独り言(?)になっちゃいましたね。
私も自分の独り言に気づいて
ドキッとすることがあります^^;
ま、よくにゃこたんとはおしゃべりしてますが、
うちに盗聴器とかつけられてたら・・・
間違いなくアブナイ女だな・私(笑)
moon URL 2008/07/05(Sat)03:28:35 編集
Re:無題
にゃこたんとお喋り♪ いいですね~^^
独り言……癖はなかなか治りませんからねぇ(笑)
巽(たつみ)【2008/07/05 15:18】
そういう事ね。
人の癖って、直らないですよね。
独り言・・・ 言うなぁ~ 
”だから~こうやから、こうで~”みたいに、声に出して頭の整理するとこある。
腹立った時も、ブツブツ言ったり・・・
電車とか歩いてても、良く大きな声で独り言言ってる人居てるけど・・・
その兆候かなっ(>_<)
ぴぴ 2008/07/05(Sat)07:21:08 編集
Re:そういう事ね。
仕事の段取りとかね、つい口に出して確認しながら……って事、よくありますよね(^^;)
歳を取ると独り言が増える……というのはどこ迄信憑性があるのかしらと、ちょっと気になる今日この頃(--;)
巽(たつみ)【2008/07/05 15:20】
おはよう(こんにちは?)です☆
さっきまで頭がねてたので未だ朝だよ。。。(笑)
なるほどぉ
人間、結局自分が可愛いんですな。
都合の良いように持って行きたがって最終的に墓穴を掘る(;^_^A
気をつけようっと(笑)
つきみぃ URL 2008/07/05(Sat)11:38:38 編集
Re:おはよう(こんにちは?)です☆
完全に墓穴掘ってますよね~(^^;)
まともに考えたら一番最初に口に出した様に、自首するのが一番なのに。
気を回し過ぎて墓穴掘る人(笑)
巽(たつみ)【2008/07/05 15:23】
こんにちは
私も最初、多重人格の人かと思った。
こんな場合は素直に自首するのが一番だよなぁ。
バレたら余計な刑がつくだけだし、何よりも、何を訊かれても、供述がぶれないしね。
afool URL 2008/07/05(Sat)13:45:00 編集
Re:こんにちは
そそ、素直に自首しとけば精々過剰防衛位で済む所なのに、これじゃ、余計に計画性を疑われちゃうよね(^^;)
疑心暗鬼って怖い☆
巽(たつみ)【2008/07/05 15:26】
無題
どもども!
誰に相談してるのかと思えば、腹話術の人形でしたかw
素直に自首してれば問題も起きなかっただろうに、相談する相手がいるってのが彼の致命傷でしたねww
猫バカ1番 URL 2008/07/05(Sat)22:49:11 編集
Re:無題
なまじ考え過ぎてド壺に嵌まるタイプですね(笑)
一番最初の提案が実はベストの選択である――優柔不断者の法則、とか言ってみたり(笑)
巽(たつみ)【2008/07/05 23:22】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア
プロフィール
HN:
巽(たつみ)
性別:
女性
自己紹介:
 読むのと書くのが趣味のインドア派です(^^)
 お気軽に感想orツッコミ下さると嬉しいです。
 勿論、荒らしはダメですよー?
 それと当方と関連性の無い商売目的のコメント等は、削除対象とさせて頂きます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村参加中。面白いと思って下さったらお願いします♪
最新CM
☆紙とペンマーク付きは返コメ済みです☆
[06/28 銀河径一郎]
[01/21 銀河径一郎]
[12/16 つきみぃ]
[11/08 afool]
[10/11 銀河径一郎]
☆有難うございました☆
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
(10/03)
(09/01)
(08/03)
(07/01)
(06/01)
アーカイブ
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
メールフォーム
何と無く、付けてみる
フリーエリア
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]