忍者ブログ
〈2007年9月16日開設〉 これ迄の小説等、纏めてみたいかと思います。主にミステリー系です。 尚、文責・著作権は、巽にあります。無断転載等はお断り致します(する程のものも無いですが)。 絵師様が描いて下さった絵に関しましても、著作権はそれぞれの絵師様に帰属します。無断転載は禁止です。
Admin Link

「遅くなっちゃったね。ごめんね、則子、明るい内に帰りたいって言ってたのに、道草に付き合わせちゃって」両の掌を合わせ、拝む様にして芽衣めいは詫びた。友人と一緒に街迄買い物に出たのはいいが、ついつい予定外の店迄回ってしまい、その結果、すっかり陽は落ちてしまっていた。
「大丈夫だよ」微苦笑しながらも、則子は言った。「そんなに気にしないで。それにここ迄荷物運んでくれたんだし……助かったよ」
 その則子の両手と、芽衣の片手には、買い込まれた画材が下げられている。やや大きめのキャンバスは重さは兎も角、嵩張ってしようがない。
「じゃ、部屋迄持って行ったげるね」芽衣は当然の様にそう言って、エレベーターの方へと歩き出した。勝手知ったる友人のマンション。位置は把握している。横に長い建物の丁度真ん中辺りに突き出す形で、エレベーターホールが作られているのだ。
 が、何故か則子はそれを慌てて止めた。
「あ、ご、ごめん! エレベーターはちょっと、その……何か調子悪いみたいでさ。階段で上るから、荷物はその辺置いといてくれたらいいよ。うち、五階だし、そこ迄運んで貰うのは悪いから」
「ええ? エレベーター使えないのぉ?」不満げに言ったものの、芽衣は荷物を下ろしはしなかった。「てか、それなら尚更大変じゃない。階段を五階迄一往復半なんて。それに置いといて盗られても困るし」
 大体、今時の若い女の子が一人暮らしをするのに、オートロックでもない、部外者出入り自由のマンションなんて無用心だと、芽衣は常々思っていた。が、金銭的な問題もあり、実家で親の庇護の元にある自分が口を出す事ではないとも、思っていた。

「でも、五階迄往復付き合わせるのも悪いし」と、則子。
「それじゃ、こうしよう」芽衣は言った。「あたしは喉が渇いたので、則子んちでジュースを飲みたい。で、その序でだから荷物を運んであげる。ギブ&テイクなんだから、則子が気にする事はない。ね?」
 芽衣の言い様に、一瞬きょとんとした表情を浮かべた則子だったが、直ぐにその頬を緩めた。
「解ったわ。そこ迄言うなら、ジュースでも紅茶でも」
 そして、荷物を下げて歩き出した。こっちから行こう、と。
「ん? エレベーターの横にも階段なかったっけ? あっちの方が部屋に近いんじゃあ……?」付いて歩きながらも、芽衣は首を傾げた。
「より喉が乾いた方が、ジュースが美味しくなるわよ」そう笑って、則子は建物の端にある階段を目指した。
 因みに、五階迄自力で上った彼女達は、本当に飲み物の美味しさと有難さを体感する事となった。
 只、ジュースとお菓子に舌鼓を打っている間も、則子は何かを言いたそうな、それていて言うべきか迷っている様な素振りを見せていた。
 そしてそれに気付かない程、芽衣は鈍くはなかった。

「ね、何かあるの? エレベーター」帰り際、玄関先で見送りながらも、やはり先に通った階段を――お菓子食べたんだから運動した方がいいんじゃないの? などと――勧める則子に、芽衣は訊いた。「と言うか、エレベーター近辺?」
 則子は、一つ、大きな溜息をついてから、頷いた。
「実は……ね。芽衣は旅行中だったし、大きなニュースにもならなかったから知らないだろうけど、一週間位前の夜にこのマンションで飛び降りがあって……。発見されたのはエレベーターホールからまともに見える位置だったの。それ以来、夜になると時々あの辺りから音が響くのよ」
「音?」
「重いものが落ちた様な……でも、何となく、独特な、音」そう言って、則子は口にした事を後悔する様に、両手で自らの口を塞いだ。
「それは……詰まり、幽霊……?」
 肯定したくない、と則子の目は言っていたが、そうなのかも知れないと、頷いた。
「だからね、夜にはあの辺りに近付きたくないのよ」俯いて、彼女は言った。
「それは……そうよね。あたしだってそんな音、聞きたくないし……」
「それもあるけど――音だけかどうか解らないじゃない?」
 今の所、誰かが幽霊を見たという話は聞かないらしい。
 が――。
「それが偶々誰も通らないから見ていないだけだとしたら……。私、万が一にも見たくない」きっぱりと、則子はそう言った。

 当然の事ながら、芽衣は一番遠い階段から、帰る事にした。

                      ―了―


 取り敢えず、お祓い?

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
きのう巽と、マン
きのう巽と、マンションに話したかもー。
BlogPetの夜霧 URL 2010/10/04(Mon)15:39:00 編集
Re:きのう巽と、マン
マンション……?(--;)
巽(たつみ)【2010/10/04 22:09】
無題
そこから音がってことはエレベーターホールから落ちたんですかね(怖)

以前、5階建てのマンションに住んでましたがエレベーターがなかった! どんだけ築年古いんだよ(笑) 引越しが大変でしたよ!
銀河径一郎 2010/10/06(Wed)23:13:57 編集
Re:無題
え、五階建てでエレベーター無かったんですか?∑( ̄□ ̄;)
今は五階以上は必要なんでしたっけ。階段で荷物抱えて五階はきっついなぁ……。
巽(たつみ)【2010/10/06 23:37】
エレベーター
5階以下はいらないのよ!
あたし4階の上り下りでしんどいわ(笑)
つきみぃ URL 2010/10/07(Thu)17:10:20 編集
Re:エレベーター
三階迄は割とトントンと上れるんですよ。これでもб( ̄▽ ̄;)
それから先がきつい(笑)
運動の為に下りだけは階段使いますが、上りはどうしてもエレベーターに……(^^;)
巽(たつみ)【2010/10/11 22:07】
こんにちは
私の住んでいる集合住宅で、実際に飛び降り自殺ありましたよ。
結構大きな音で、堅い物が落ちたような、柔かい物が落ちたような、何とも表現の難しい嫌な音でしたよ。
afool 2010/10/11(Mon)11:23:17 編集
Re:こんにちは
うん、微妙な音ですよね……。
隣近所で物を落としたとか、そんなのとはどこか違う、何か胸騒ぎがする様な音……。
巽(たつみ)【2010/10/11 22:33】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア
プロフィール
HN:
巽(たつみ)
性別:
女性
自己紹介:
 読むのと書くのが趣味のインドア派です(^^)
 お気軽に感想orツッコミ下さると嬉しいです。
 勿論、荒らしはダメですよー?
 それと当方と関連性の無い商売目的のコメント等は、削除対象とさせて頂きます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村参加中。面白いと思って下さったらお願いします♪
最新CM
☆紙とペンマーク付きは返コメ済みです☆
[06/28 銀河径一郎]
[01/21 銀河径一郎]
[12/16 つきみぃ]
[11/08 afool]
[10/11 銀河径一郎]
☆有難うございました☆
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
(08/03)
(07/01)
(06/01)
(05/03)
(04/01)
アーカイブ
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
メールフォーム
何と無く、付けてみる
フリーエリア
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]