忍者ブログ
〈2007年9月16日開設〉 これ迄の小説等、纏めてみたいかと思います。主にミステリー系です。 尚、文責・著作権は、巽にあります。無断転載等はお断り致します(する程のものも無いですが)。 絵師様が描いて下さった絵に関しましても、著作権はそれぞれの絵師様に帰属します。無断転載は禁止です。
Admin Link
 突然の電話の呼び出し音に、友人と共にレポートに集中していた美奈は軽く舌打ちした。彼女の携帯ではなく自宅の電話に掛かってくるなんて、両親の知人かセールスに決まっている。留守電に設定して置くべきだったか――もう遅いけど。
 それでも精一杯愛想のいい声で受話器を取ってみれば、案の定保険のセールスだった。一見丁寧に、かつきっぱりと断り、一分足らずで受話器を置く。今度こそ留守電に設定し、席に戻る。
「美奈、確か妹さん居るんじゃなかったっけ?」先程挨拶した事を思い出しつつ、友人の紗江が言った。「大事な勉強中だからって、出て貰えばいいじゃない。セールスの電話ばっかりでもないだろうし。急ぎの用事だったらどうするの?」
「ああ、あの子は最近、出ないから」美奈は肩を竦めた。「自分の携帯には勿論出るんだけど……家電には絶対に出ないのよね」
「へぇ? やっぱり面倒臭いのかしらね?」
「……と言うより、何か……怖がってるみたいな……」美奈は頻りと首を捻る。「前に、手が離せない時に出てって言ったら、電話の前で手も出さずにじっと電話を睨んでたの。何してるのって言ったらこっちを見て……何だか怯えた目で私を見てた」
「何だろ? 悪戯電話とでも思ったのかな? 美奈が知らない内に無言電話が頻発してたとか……」
「それならそれで、言うと思うんだけど……。イタ電なら母さん達に言えば対処のしようもあるんだしさ」
「変だね」紗江は小首を傾げた。
 その仕草を見て、美奈はしまった、と思う。集中していたとは言え、二人共レポートの作成には少々飽きがきている。そんな時に紗江の好奇心を刺激してしまったら……。
「ここははっきり訊いてみたら?」案の定、ペンを置いてそんな事を言い出したのだった。

 妹の可奈は下の階の居間に居た。電話の親機が置かれた廊下には一番、近い。しかし、読書に集中している――あるいは集中しようとしている――彼女には、先程の電話にも対処しようとした様子は見られなかった。
「可奈、私達ちょっとレポートに集中したいんで、電話があったら出てくれる?」美奈は一応、そう持ち掛けた。
 が、可奈は困った顔で、何らかの断りの言葉を探している様だった。
 姉は軽く、溜め息をつく。
「可奈、何で家の電話には出られないの? 携帯だと普通に出る癖に」
「ひょっとしてイタ電?」紗江が口を挟む。可奈とは幾度も面識があるから、気安いものだ。「それなら話して、番号変えて貰うとか、悪質だったら警察に着き止めて貰うとか……。大丈夫、手はあるから!」
 可奈は途惑った様な視線で二人を見比べる。そしてふぅっと、深い息を吐き出した。
「お姉ちゃんは……出た事無いのね?」やがて言ったのはそんな言葉だった。

 何に?――との問いに可奈が返したのは「幽霊電話」という耳慣れない言葉だった。
「何よ、それ?」美奈は軽く眉を顰める。「都市伝説か何か?」
「う……ん、都市伝説って言えば、そうなのかな」可奈は首を捻る。「一度掛かってきたのを受けちゃって……それから私なりに調べてみたんだけどね……」
 始まりはごく普通の電話の呼び出し音。表示は非通知ではないものの、見慣れず、何処のものとも知れない番号。誰だろう、と首を傾げながらも出てみると、受話器を耳に当てた途端に一言――『一度目』
 誰、と訊く前に、それはぷつりと切れるのだと言う。
「最初は私も只の悪戯だろうって、ちょっと嫌な気分になっただけだった。けど、何日かして、また……」
 呼び出し音。何処のものとも知れない番号。そして――『二度目』
「だから行き当たりばったりで適当に掛けてるんじゃなくて、うちを狙ってるんじゃないかって、気味が悪くなっちゃって……。でも、これと言って被害も出てないしさ。取り敢えず他にもこういう悪戯ってあるのかなって、ネットで調べてみたら……」
 『三度目』――そう言われたら命は無い。
 それはあの世からの電話であり、回線を通じて命を獲られてしまうのだ、と。
 そんな情報に辿り着いたのだと言う。
「馬鹿馬鹿しい。それこそ都市伝説の類でしょう?」美奈は肩を竦めた。「どこかの馬鹿がそれを利用して悪戯してるだけよ」
「そうは思うんだけど……。じゃ、お姉ちゃんは出られる?」
 そう訊き返されると、言葉に詰まる美奈だった。
「確かに気味は悪いよね」紗江が頷く。「でもさ、それならその怪しい番号からのだけ、出なければいいんじゃないの? 態々通知してくれてるんだから、間抜けなあの世の使いよね」
「それが……三度目は違うんだそうです。非通知だったり、知ってる人の番号だったり……。だから、母さんや父さんの携帯の番号でも、出られなくて……」
「……悪戯、だとしても、確かにそれは出たくなくなるわね」美奈は唸る。「それが本当ならの話だけど」
「お姉ちゃん! 私が嘘ついてるって言うの? 面倒だから出たくないだけだって?」可奈は非難の声を上げた。
「疑う訳じゃないけど、実際には私はそんなの受けた事も、聞いた事も無いし……」美奈は困った様に顔を顰める。
「疑ってるじゃないの!」
 まあまあ、と紗江が姉妹の間に割って入ろうとした時だった。
 廊下から電話の呼び出し音。
 思わず三人共、びくりと身を震わせた。
 顔を見合わせ、幽霊電話など悪戯だと主張した手前、美奈が先に立って居間を出る。その後ろに恐る恐る、紗江と可奈が続いた。
 そしてディスプレイに出た番号を確認して――美奈は思わず息を詰めた。
 そこに表示されていたのは彼女自身の携帯の番号だったのだ。そしてその携帯は今、彼女のポケットの中にある。慌てて取り出してみるも、それには何の変化も無い。
 十数回も鳴っただろうか。誰も出ようとはせず、じっと息を殺していた。

「可奈、本当、ごめん!」電話が鳴り止み、その音の呪縛が解けた様に、美奈は妹を振り返って言った。「やっぱり、この電話、おかしいわ。私の携帯ナンバーから掛かってくるのもおかしいし、何より……さっき留守電にしたのに、一向に切り替わらないなんて……」
「うん、もういいよ……」肩の力を抜いて、可奈は言った。「それより、今ふと気になったんだけど……」
「……何?」
「これって家の電話でしょ? 一度目、二度目は確かに私が受けたけど……これって、私が対象なのかしら? それとも、不特定にこの家電に出た人が対象なのかしら?」
「……」答を持たない二人は、じっと黙り込むしかなかった。
 それ以来、この家の電話はいつでも、留守電になっていると言う。

                      ―了―

 眠いよ~。
 あ、因みに私も家の電話は殆ど出ません(←おい)
 何かに集中している時にセールスの電話なんかあると……ガチャン!(笑)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ひえ〜
どーしよーー
この先家電に出られないよ〜〜!!
まあ、我が家にかかってくる電話は
ほとんど無いんだけどね(^◇^;)
コワいよお(+_+)
つきみぃ URL 2009/03/30(Mon)23:40:59 編集
Re:ひえ〜
電話って、相手が見えないだけにね~(^^;)
何故か携帯は平気なんだけど☆
巽(たつみ)【2009/03/31 21:18】
非常に
怖いんですけど

そんな電話出たくない

その電話、3回目という言葉を聞いた人が命とられるのかな
なっち 2009/03/31(Tue)00:10:31 編集
Re:非常に
家電なので、個人として三度目なのか、それとも……?
くっくっく( ̄ー ̄)
巽(たつみ)【2009/03/31 21:20】
こんばんは
いやん~恐い~~
相手が見えないから嫌よね~(;^_^A

セールスは、最近墓地のがぼちぼちかかって来るよ(笑)
冬猫 2009/03/31(Tue)00:34:42 編集
Re:こんばんは
墓地がぼちぼちですか(^^;)
うちは保険が多いかな。後、健康食品(笑)
巽(たつみ)【2009/03/31 21:21】
こ・・・
こわいこわいこわいこわーい(T_T)
それでなくても電話には少々トラウマがあって、知り合いから自分の携帯に掛かってきても出られないのに~(マテ)。

……あ、表示直りましたね♪
み~ねこ URL 2009/03/31(Tue)01:57:28 編集
Re:こ・・・
表示直りましたか。よかった(^-^)
やはりタグの閉じ忘れだったみたいです。有難うございましたm(_ _)m
電話はね~、やっぱり相手が見えない所為もあって、私も可能な限り出たくない(笑)
巽(たつみ)【2009/03/31 21:23】
おはよう!
写真撮るときの3ショットの真ん中は・・・に似て居るね。
ありえんとは思っても、言われると気味悪い。(^_^;)

うちはナンバーディスプレイにしてないので、どうしようもありませんが・・・。
ところで、しょっちゅうベルが1回だけ鳴って切れるんよね~。
しかも、偶に真夜中の2時とか3時とかに鳴ることもあって、驚く驚く。
あれ何なんだろ?
afool URL 2009/03/31(Tue)11:02:30 編集
Re:おはよう!
そんな訳ないよねって思ってても気になる事ってありますよね~(^^;)
真夜中に一回だけ? 間違い電話にしても迷惑な。
間違い電話でなかったとしたら……何なんでしょうね~☆
巽(たつみ)【2009/03/31 21:26】
こんにちは♪
いやぁ~そんな電話がかかってきたら怖いねぇ!
やだなぁ~家電に出るのが怖くなちゃった!

我が家にかかってくるのは霊園、化粧品、マンションくらいかなぁ・・・・(笑)
クーピー URL 2009/03/31(Tue)13:47:13 編集
Re:こんにちは♪
うちは保険と健康食品(笑)
要らんと言うのに(--;)
巽(たつみ)【2009/03/31 21:27】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア
プロフィール
HN:
巽(たつみ)
性別:
女性
自己紹介:
 読むのと書くのが趣味のインドア派です(^^)
 お気軽に感想orツッコミ下さると嬉しいです。
 勿論、荒らしはダメですよー?
 それと当方と関連性の無い商売目的のコメント等は、削除対象とさせて頂きます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村参加中。面白いと思って下さったらお願いします♪
最新CM
☆紙とペンマーク付きは返コメ済みです☆
[06/28 銀河径一郎]
[01/21 銀河径一郎]
[12/16 つきみぃ]
[11/08 afool]
[10/11 銀河径一郎]
☆有難うございました☆
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
(06/01)
(05/03)
(04/01)
(03/01)
(02/01)
アーカイブ
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
メールフォーム
何と無く、付けてみる
フリーエリア
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]