忍者ブログ
〈2007年9月16日開設〉 これ迄の小説等、纏めてみたいかと思います。主にミステリー系です。 尚、文責・著作権は、巽にあります。無断転載等はお断り致します(する程のものも無いですが)。 絵師様が描いて下さった絵に関しましても、著作権はそれぞれの絵師様に帰属します。無断転載は禁止です。
Admin Link
「本当ね? 本当に彼を殺せば、私を助けてくれるのね?」ヒステリックに上擦った声で、女は叫んだ。
 その彼女の目に映るのは容赦なく照り付ける太陽と、それを更に反射してギラギラと輝く広大な海原。自分達が乗ったオレンジ色の小さな救命ボート。そして、彼女の伸ばした腕の先で、他ならぬ彼女自身の手でボートの縁から落とされようとしている、恋人。
 本来なら到底彼女の細腕でどうにか出来る相手ではなかった。背が高く、力強い所に、彼女は惹かれたのだから。
 だが、死に物狂いと言うか火事場の馬鹿力と言うか、彼女の手は万力の様に彼の首を捉えていた。
 それと言うのも……。
「嘘は申しませんとも。一人を助けるには一人の命――それが代償です」揺れるボートの上にありながらそれに翻弄される事なく超然と佇む男が一人。泣いているのか笑っているのか解らない、道化の様な表情をした男だった。「私共、悪魔との契約の……」
 確約を聞いて女の手に更に力が込められる。
「お願いよ、あなた。私、もううんざりなのよ。この照り付ける太陽も潮の匂いも、この小さなボートも、いつ抜け出せるとも解らない飢えと渇きも……!」最早縁からお互いの身を乗り出す様な状態になりながら、女は叫ぶ。「この悪魔が私一人なら助けてくれるって言うの。だから……私を助けて?」
 ふっ……と抵抗がなくなった。
 悲鳴と、最期迄彼女の凶行が信じられないという表情を残して、彼は遠ざかって行った。
 
 波飛沫を受けながら、彼女はゆっくりと半身を起こした。顔に、ゆっくりと、狂気じみた笑みが広がっていく。
「これでいいのよね? これで、助けてくれるんでしょ?」悪魔を振り返り、念を押す。
「勿論ですとも。これで貴女は今夜以降、ベッドにも食べ物にも困る事はないでしょう」にたぁり、道化の口元にも笑みが広がる。「申しましたでしょう? 私共悪魔は嘘は申しません。只……」
 女の胸に不安がざわめきを作る。
「只、何?」
「人を惑わします」泣き笑いの道化顔が更に気味悪く歪む。「この様に……」
 男が手を一振りすると、景色が変わった。
 そこは最早海原ではなく、何の変哲もないアパートの一室――彼女が恋人と共に住んでいた部屋だった。絶え間なく聞こえていた波音は、街のざわめきに変わる。いつもは煩く感じるそれが、甲高いサイレンの音でさえも懐かしく感じられた。
 戻って来た! 助かった!――そう驚喜したのはほんの一瞬。徐々に意識が醒め、彼女は全てを思い出した。
 自分達は元々海になど出てはいなかったのだと。
 元より、フリーターで毎日の生活に追われていた二人には、そんな金銭的な余裕もなかった。行けたらいいね、そんな願望を口にした事はあったが、当分実現の予定もない事は互いに解っていた。
 そう、いつか二人で行けたら……。
 なのに何て事を……!?
 手に残る感触に嫌な胸騒ぎを感じて、彼女は自分の背後に位置する窓辺を振り返った。恐る恐る、四階から下を覗き込む。
 そこには人集りと赤色灯。男の墜落死体。そしてこのアパートに向かって来る数人の警官の姿。
 よろり、と女は窓辺から身を退いた。

 海も太陽も全ては幻。
 只、彼女が自分一人が助かりたい一心で、その手で恋人を死に追いやった事だけは事実だった。
 この儘では殺人犯として逮捕、拘束される――悔恨と激怒でぐちゃぐちゃになった頭に、悪魔の声が静かに響いた。
「申しましたでしょう? ベッドにも食べ物にも困る事はありませんよ。自由はありませんが」
 泣き笑いの道化の姿は最早その場にはなかった。

                      * * *

「私の囁きに乗るか突っ撥ねるか――それが彼女に与えられた最大の選択の自由だったのに……。ともあれ、これを以って契約は完了致しました。詐欺紛い? いえいえ、彼女は二人での暮らしの中、確かに飢えと渇きを感じていたのですよ。私はそれを解り易く見せて差し上げたに過ぎません。決して嘘は申しませんとも」

                      ―了―

 囁きには要注意……☆

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
悪魔
実は誰の心の中にも棲んでいるんだよね(..;)
甘いささやきは罠…
恐いね〜〜〜!
つきみぃ URL 2009/09/05(Sat)23:16:59 編集
Re:悪魔
こんな囁きに乗ってしまったら……破滅ですな(--;)
誰の心の中にも……天使も居るのだろうか?
巽(たつみ)【2009/09/05 23:28】
嫌だ~
こんな悪魔嫌だ~!!
人間を試すなよ~!!
って、思う。

誘惑には弱いけどね(笑)


追記~い○い~ちょっとウザいのよ。コメントされても、かわしてね
ごめんね(。-人-。)
冬猫 2009/09/06(Sun)02:27:29 編集
Re:嫌だ~
や、悪魔は嫌なものかと(^^;)

い○い……了解!
巽(たつみ)【2009/09/06 21:37】
こんにちは
なぁんだ、救助船が来るとか、水や食料を大量に与えてくれるだけで、船上生活が続くのかと思った。
幻想だったのか。
性質悪いなぁ・・・。
afool URL 2009/09/06(Sun)15:17:44 編集
Re:こんにちは
悪魔ですから(^^;)
惑わしてなんぼです(笑)
巽(たつみ)【2009/09/06 21:34】
こんにちは♪
相手が悪魔じゃ、そうそうスンナリはいかないと
思ったけど・・・・悪魔メ詐欺罪じゃ!

この場合、自分が犠牲になろうとしたとしても、
相手が悪魔じゃ、ニンマリで終わりなのかな?
悪魔の囁きには耳をかさないことだねぇ~!
クーピー URL 2009/09/06(Sun)16:49:39 編集
Re:こんにちは♪
恋人を殺すを選ばなかったら、多少は変わったかも知れないけど……。
付け込まれる隙を見せないのが一番だけど、難しいよねぇ。
巽(たつみ)【2009/09/06 21:36】
無題
どもども!
ひっでぇ~!!
そんなヤツ、死神ちゃんの鎌で斬られちゃえばいいんだ(爆)
猫バカ1番 URL 2009/09/06(Sun)21:18:30 編集
Re:無題
悪魔に死神ちゃんの鎌は効くのか?(^^;)
取り敢えず、さくっとな♪
巽(たつみ)【2009/09/06 21:39】
フリーエリア
プロフィール
HN:
巽(たつみ)
性別:
女性
自己紹介:
 読むのと書くのが趣味のインドア派です(^^)
 お気軽に感想orツッコミ下さると嬉しいです。
 勿論、荒らしはダメですよー?
 それと当方と関連性の無い商売目的のコメント等は、削除対象とさせて頂きます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村参加中。面白いと思って下さったらお願いします♪
最新CM
☆紙とペンマーク付きは返コメ済みです☆
[06/28 銀河径一郎]
[01/21 銀河径一郎]
[12/16 つきみぃ]
[11/08 afool]
[10/11 銀河径一郎]
☆有難うございました☆
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
(07/01)
(06/01)
(05/03)
(04/01)
(03/01)
アーカイブ
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
メールフォーム
何と無く、付けてみる
フリーエリア
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]