忍者ブログ
〈2007年9月16日開設〉 これ迄の小説等、纏めてみたいかと思います。主にミステリー系です。 尚、文責・著作権は、巽にあります。無断転載等はお断り致します(する程のものも無いですが)。 絵師様が描いて下さった絵に関しましても、著作権はそれぞれの絵師様に帰属します。無断転載は禁止です。
Admin Link

 帰りの電車の中、余りの眠さについ、うとうとしてしまった。
 残業の疲れと、心地よい揺れの所為だったのだろうか。丸で沼に引き摺り込まれる様に、意識が沈んで行ったのだ。
 だが、大きな揺れにはっと目を覚ました時の、バツの悪い事と言ったらない。隣の人に寄り掛かって迷惑を掛けていなかっただろうか、間抜けな寝顔を周囲の人に笑われていなかっただろうか、そんな想像に顔が熱くなる。
 が、恐る恐る窺った周囲には、私を睨んで顔を顰める隣人も、こっそり忍び笑いする者も、居なかった。
 誰も、居なかったのだ。
 深夜の事、満員には程遠いものの、それなりに人の居る光景の中眠りに落ちてしまった私は、この落差に途惑わずにいられなかった。
 皆降りてしまったのだろうか? いや、居ない以上、そうなのだろう。だが、皆が皆?
 そもそも此処はどの辺りなのだろう? 自宅の最寄り駅迄は七つ。腕時計を見れば、疾うに着いている時間だった。この分では寝過ごしてしまったのだろう。電車は動き続けていて、未だアナウンスは無い。線路際の景色は夜の闇に沈んでいて、見当が付かない。 
 誰かに訊こうにも、誰も居ない。

 落ち付かない気持ちの儘、私はそわそわと席を立つ。何、他の車両には未だ人が居るに違いない。
 私は前の車両へと足を踏み入れ――茫然と立ち尽くした。
 此処にも、誰も居ない。
 真逆、実はこの電車はもう今日の業務を終え、車庫に戻される所なのでは? いやいや、それなら乗務員が最終の見回りはするだろう。そして私を見付けて、起こしてくれた筈だ。
 では、これは一体……?
 私は足早に、前の車両を目指した。次の車両にはきっと、誰かが居る筈――そう、自分に言い聞かせて。
 だが、揺れる車内を幾ら歩いても、人の姿は見付からなかった。
 一両目に辿り着いても……。

 区切られた乗務員室のドアを、私は睨み付けた。
 厚い硝子の嵌ったその向こうには、子供の頃に憧れた事もある運転台が見えていた。
 詰まりその前に人の姿は無く――更に前の、電車の窓に迫った一本杉の脇の急なカーブに、私は思わずドアの硝子に両掌を叩き付けた。この儘では曲がれるスピードでも、角度でもない。
 狂った様な声を、私は上げたに違いない。
 いきなり私の肩を揺さ振った誰かの声は、酷く慌てていたから。

「橋本さん、大丈夫ですか?」
「あ、ああ……済まない。眠ってしまっていたのか……」
「もう少しですから、頑張りましょう。後はテスト走行を繰り返して不都合が無ければ、この巨大鉄道ジオラマの完成です。やっと家に帰ってゆっくり眠れますよ」
「ああ、そうだね」
 私は仮眠を取っていた椅子から立ち上がり、広い室内の大半を埋める緑豊かなジオラマを見渡した。
 なだらかな山々、その所々に密集する人家、それらの間を、一本の線路が繋いでいる。
 テスト走行中の小さな無人電車が、私達の前を通過した。
「なぁ、此処……少しカーブきつかったかな?」
 一本杉の横で、電車が大きく揺れた。

                      ―了―


 眠いですzzz

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア
プロフィール
HN:
巽(たつみ)
性別:
女性
自己紹介:
 読むのと書くのが趣味のインドア派です(^^)
 お気軽に感想orツッコミ下さると嬉しいです。
 勿論、荒らしはダメですよー?
 それと当方と関連性の無い商売目的のコメント等は、削除対象とさせて頂きます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村参加中。面白いと思って下さったらお願いします♪
最新CM
☆紙とペンマーク付きは返コメ済みです☆
[06/28 銀河径一郎]
[01/21 銀河径一郎]
[12/16 つきみぃ]
[11/08 afool]
[10/11 銀河径一郎]
☆有難うございました☆
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
(12/01)
(11/01)
(10/03)
(09/01)
(08/03)
アーカイブ
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
メールフォーム
何と無く、付けてみる
フリーエリア
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]