忍者ブログ
〈2007年9月16日開設〉 これ迄の小説等、纏めてみたいかと思います。主にミステリー系です。 尚、文責・著作権は、巽にあります。無断転載等はお断り致します(する程のものも無いですが)。 絵師様が描いて下さった絵に関しましても、著作権はそれぞれの絵師様に帰属します。無断転載は禁止です。
Admin Link

 窓の外を見ると、日差し溢れた農園が広がっていた。
 濃い緑が等間隔に整列し、朝の陽を存分に浴びている。
 遠くの方には、早くも立ち働く人達の姿が見える。
 少し懐かしい感じがする。けれど、多分、それは私の記憶じゃあない。私の記憶の中にあったとしても、きっとテレビか何かで間接的に見知っただけの事。あの景色の中に、私自身が居た訳じゃない。
 それでも懐かしいのは……私の中に眠る祖先の記憶か、それとも集合的無意識という奴か。
 兎に角、此処は私の場所じゃあない。

 視界のブラックアウトと共に、私は窓から意識を逸らした。

 昼間、窓を見ると外には見渡す限りの海原が広がっていた。
 青い海面で煌く照り返しが、眩しい。
 ここ数日の猛暑の所為だろう、人の姿が思いの他、多い。
 私は海には入った事がない。淡水のプールより身体が軽いと聞くけれど、どんな感じなのだろう?
 でも、今更それを確かめる為に海に行く気にはならない。
 やはり、此処も私の場所じゃあないのだ。

 再び、視界は黒く染まった。

 夕方の窓外は、、山体に、周囲に纏った雲に、茜色の夕陽の照り映える光景が見事だった。
 黄金に輝く落日の、最後の一欠片がその陰に沈んで行く。
 麓の家々からは温かい湯気が立ち上り、夕餉の支度が進んでいる事を、帰り来る人達に教えている。
 それでも、その中に私の帰りを待ってくれている家は無い。
 やはり此処も、私の場所じゃあない。

「じゃあ、一体何処なんです?」傍らに立った車掌が、困惑顔で、そう尋ねた。
 私は黙って、自分の場所を思い浮かべた。

 灰色のビル街。猛スピードで擦れ違って行く雑多な人々。排気ガスに煤けて元気のない街路樹。
 電気が無ければ一瞬で瓦解しそうな、脆弱ながらも貪欲な社会。
 そして互いの帰りを待つと言うには程遠い、会話なき家。
 それでも、こうしてありありと思い浮かべると、何故か落ち着くのだった。
 やはり――少なくとも今は――そこが自分の場所なのだと。
 歳を取ったら、また変わるかも知れない。けれど今は、やはりそこが落ち着く。

「解りました」車掌は言い、頭を垂れると前方の車両に向かって行った。

 自分が何処からこの列車に乗っていたのか、実は定かな記憶はない。
 只、ちょっと、日常に疲れていたのは事実だ。この儘でいいのか、不安を覚えてもいた。
 それでも、私は結局、今に帰る事にした。
 窓から見た、ほんの一部ながらも、私は私の居場所を再確認出来た様だ。
 いずれ素晴らしい景色だったが、今はあの街が懐かしい。
 帰ろう。そして言おう。

「やはりうちが一番だ」と。

                      ―了―


 旅行の締めはやはりこの台詞でしょう(笑)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
こんばんは♪
どこへ行っても結局は
我が家が一番(^^)

それでもたまには旅行に行きたいよ〜
遠出は実家に帰るのみ、になっている今日この頃(__;)
つきみぃ URL 2010/07/21(Wed)18:45:56 編集
Re:こんばんは♪
偶に出掛けて、帰れる所があるからいいんですよね、旅は(^^)
でも、帰宅するとほっとする~☆
巽(たつみ)【2010/07/21 21:47】
旅行の話だぁー^^
こんにちはー^^

巽さんって、すごいです!
前々から、何か話題とかきっかけがあると、「あ、小説になってる w(°0°)w ホッホー」とか、思ってましたが、こんなに次々と小説になっていくなんて。。。
まるで魔法のようだ

                                 /\
                               /    \
                             /      \
                            /        |  ヽ
                            /         |\ |
                           /           | V
                           /           |
                          /      __   |
                       /  ̄  ̄      ̄  ̄ \
                     /   / ̄/" `ヽ ヽ ̄\  \
                ☆     \ //, '/     ヽハ  、 ヽ  |
  /.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:ィi.:,、.:.ヽ    \     〃 {_{\    /リ| l │ i| /
 /イ.:.:.:.:i|:/__,V'、|l_j:.:.:.l      \    レ!小l●    ● 从 |、i|  
  lr:l:.:.l -ー   -、 レヘ!       \   ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│    
  l l:.|    |  |:l           /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
  `ーi;|    '  ,N        (( \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
    | `ー  ̄ , '  …         /::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
  ,,rへ、_ ` 〔´__            `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |

家にたどり着いたときの安堵感といったら、無かったです。。。いや、あったんだけど^^;;;w
いきて帰ってこれて、よかった(T_T) ウルウル

ではではー^^;/
nukunuku URL 2010/07/21(Wed)21:05:18 編集
Re:旅行の話だぁー^^
そう言えば強行軍、お疲れ様でした(^^)
や、nukunukuさんの行動力の方が凄いです!
AA可愛い(*^-^*)
巽(たつみ)【2010/07/21 21:49】
無題
そうか! 最初状況がうまく読み込めなかったけど、車掌が検札に来て乗り越し先を聞いてたのではと考えて納得(^^;
ま、その場合も乗り越した分は精算するのが規則なのだろうけど、この鉄道はやさしいのだと決め付け(笑)
そうですね、我が家が一番ですね!
銀河径一郎 2010/07/22(Thu)20:22:32 編集
Re:無題
本当、我が家が一番……(--;)
巽(たつみ)【2010/07/27 22:18】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア
プロフィール
HN:
巽(たつみ)
性別:
女性
自己紹介:
 読むのと書くのが趣味のインドア派です(^^)
 お気軽に感想orツッコミ下さると嬉しいです。
 勿論、荒らしはダメですよー?
 それと当方と関連性の無い商売目的のコメント等は、削除対象とさせて頂きます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村参加中。面白いと思って下さったらお願いします♪
最新CM
☆紙とペンマーク付きは返コメ済みです☆
[06/28 銀河径一郎]
[01/21 銀河径一郎]
[12/16 つきみぃ]
[11/08 afool]
[10/11 銀河径一郎]
☆有難うございました☆
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
(08/03)
(07/01)
(06/01)
(05/03)
(04/01)
アーカイブ
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
メールフォーム
何と無く、付けてみる
フリーエリア
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]