忍者ブログ
〈2007年9月16日開設〉 これ迄の小説等、纏めてみたいかと思います。主にミステリー系です。 尚、文責・著作権は、巽にあります。無断転載等はお断り致します(する程のものも無いですが)。 絵師様が描いて下さった絵に関しましても、著作権はそれぞれの絵師様に帰属します。無断転載は禁止です。
Admin Link

 道を間違えたのかと思った。
 余りに、辺りの景色が変わっていたから。
 それに此処に来るのは十数年振りなのだ。多少道順を忘れていても、無理もない。
 だが、よくよく見ればそこかしこに、変わらない、見覚えのある光景。

 雑貨屋の壁に貼られた色の剥げたブリキの看板、昔のガス灯をモチーフにしたらしい古めかしい電灯、雑貨屋の前の小さな児童公園、大して遊具も無いそこにぽつんと置かれたオート三輪。今では滅多に見掛ける事もない代物だが、十数年前に来た時は未だ現役で、雑貨屋の荷物を運んでいた筈だった。
 どうしてこんな所に停められているのだろう、と近寄って見れば、かつては店の顔としてそれなりに綺麗に磨かれていた青い車体も所々塗装が剥げ、白い傷跡が覗いている。子供達が遊び道具にでもしたのだろうか、傷の中にはマルバツ遊びの跡もある。その様子から察するに、もう長い事、此処に留め置かれているのだろう。
 私は雑貨屋を振り返った。
 正面の硝子戸も、タバコ売りの店番の老婆が陣取っていた小さなカウンターも、今はきっちりと閉ざされ、外から板で打ち付けられている。もう随分前に、閉店と相成った様だ。
 そこから数軒行った先には新しく明るいコンビニエンスストア。時代の流れという奴だろうが……。
 私は少々物寂しくなって、オート三輪に手を掛けた。
「お前も、お払い箱になって此処に居るのか?」詮無い、問い。
 答えのある筈もないその言葉に、思いがけず声が返った。
「お払い箱って何?」
 見ればオート三輪の陰に、小さな女の子が、立っていた。

「要らなくなって捨てられたって事だよ」しゃがみ込んで目線を合わせ、私は答えた。
「じゃあ、もって何?」
「え?」私は一瞬意味が解らず目を瞬いた。
「おじちゃん、さっき『お前も』って言ったでしょ? 何で『も』なの?」
「それは……」リストラ、などという言葉をこんな、幼稚園に上がったかどうか位の子供に言って解るだろうか。解ったとしても、こんな幼い子に、そんな寂しい言葉は未だ覚えさせたくないし、私の身の上を語っても仕方がない。「ほら、あっちのお店も閉まっちゃってるだろう?」
 女の子は雑貨屋を振り返った。
「あのお店、あたしがこの公園に遊びに来るようになった頃にはもう閉まってたの」と、彼女は言った。「この足三本しかない車もあってね、お祖父ちゃんは昔はこんなのが普通に街中を走ってたんだよって言ってた。でも、足が三本しかない車って、壊れてるんじゃないの?」
「足三本か」小首を傾げる女の子に、私はふと、苦笑する。「足じゃなくてタイヤ。それにこれは壊れてるんじゃなくて、元からタイヤは三本なんだよ。ほら、今の車は前に二本、後ろに二本だけど、これは前の真ん中に一本、後ろに二本でバランスが取れてるだろう? 尤も、こいつはもう……走れないだろうけどね」
「でも、これは此処に置いておくんだって言ってたよ、お祖父ちゃん」と、女の子。「昔、こんなのがあったんだよって、忘れないようにだって」
「そうか……。こいつにはこいつの役割が未だあるのかも知れないな……」
 かつての日本の街の姿を伝えて行くという……。

「も、だよ。おじちゃん」
「え?」感慨に耽っていた私を、女の子の言葉が現実に呼び戻す。
「あのお店も、お店はやってないけど人は住んでるの。役目が変わっただけなんだって、お祖父ちゃんは言ってた。未だ未だ、要るものなんだって」
「……そうか……」私は二週間前にリストラ――子会社への出向――が決まってから初めて、ほんのりと笑う事が出来た、と思う。「そうか、役目が変わっただけか」
「うん!」女の子は元気よく頷いた。そして夕日に彩られ始めた空を見上げ、そろそろ帰るね、と踵を返した。
 気を付けてお帰り、と彼女を見送り、私は再度、オート三輪に話し掛けた。
「私も、未だ別の役目があるのかも知れないな……」
 そうであって欲しいという希望も込めて。

 何もかもが変わって行き、それに付いて行けない物寂しさから逃れようと訪れた街だったが……街だっていつ迄も同じ姿ではない。
 きっと、私も――。

                      ―了―
 


 今日は仕事で疲れてミステリー考える余力がありませーん( ̄▽ ̄;)
 オート三輪……未だ見掛けます?

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この辺では
見かけないなぁ
以前に見たのは何年前だろう

人間何らかの役割があるはずですよね。
私も頑張ろうっと♪
つきみぃ URL 2009/11/16(Mon)23:03:43 編集
Re:この辺では
はい♪ 私も頑張ります♪
巽(たつみ)【2009/11/17 21:22】
無題
さすがに野ざらしでは錆びてしまってオート三輪は存在できないでしょう。

女の子の言葉に、「最初四本足で、次が二本足で、最後に三本足、なあんだ?」という小学生のクイズを思い出しましたよ(笑)
銀河径一郎 2009/11/17(Tue)00:38:00 編集
Re:無題
答えられなかったら、谷から突き落とされる~!(爆)
巽(たつみ)【2009/11/17 21:23】
こんにちは
オート三輪って、あの前が1輪で後2輪のトラック?
青緑のライトが1つのヤツ?

流石に見かけないよなぁ。
でも、昭和村に行けばあるかも。(笑)
afool 2009/11/17(Tue)12:36:48 編集
Re:こんにちは
昭和村(^^;)
やっぱりレトロな感じですよね~、あれ。
巽(たつみ)【2009/11/17 21:24】
見覚えってなに?
見覚えってなに?
BlogPetの夜霧 URL 2009/11/17(Tue)14:34:31 編集
Re:見覚えってなに?
見た覚えがある事(--)
巽(たつみ)【2009/11/17 21:24】
こんばんわ~
オート三輪、見た事ありますよ!
今は分からないですが、
地元の潰れた感じの車屋に
展示してありました。

役目が変わって、まだどこかにいるのかな~!
ふわりぃ URL 2009/11/17(Tue)20:10:41 編集
Re:こんばんわ~
潰れた感じの車屋(^^;)
やっぱり実用と言うよりは展示品?
巽(たつみ)【2009/11/17 21:26】
無題
どもども!
オート三輪、実物を目にしたのは…もう二十年以上は前じゃないかな?
それも現役じゃなく、展示してあるだけみたいな物だった気がします。
猫バカ1番 URL 2009/11/17(Tue)20:13:31 編集
Re:無題
やっぱり展示品……第二の人生(?)ですね。
巽(たつみ)【2009/11/17 21:30】
こんばんは♪
オート三輪ねぇ~見かけないですねぇ~!
「三丁目の夕日」に出ていたような気が
するけど・・・・??

役目が変わっただけって良いネ♪
そういう風に考えれば頑張れそうだ!
クーピー URL 2009/11/17(Tue)23:36:33 編集
Re:こんばんは♪
やっぱり昭和初期のイメージですね~、オート三輪。
流石に田舎でも走ってるのは見ないものねぇ。
巽(たつみ)【2009/11/18 21:24】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア
プロフィール
HN:
巽(たつみ)
性別:
女性
自己紹介:
 読むのと書くのが趣味のインドア派です(^^)
 お気軽に感想orツッコミ下さると嬉しいです。
 勿論、荒らしはダメですよー?
 それと当方と関連性の無い商売目的のコメント等は、削除対象とさせて頂きます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村参加中。面白いと思って下さったらお願いします♪
最新CM
☆紙とペンマーク付きは返コメ済みです☆
[06/28 銀河径一郎]
[01/21 銀河径一郎]
[12/16 つきみぃ]
[11/08 afool]
[10/11 銀河径一郎]
☆有難うございました☆
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
(05/03)
(04/01)
(03/01)
(02/01)
(01/01)
アーカイブ
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
メールフォーム
何と無く、付けてみる
フリーエリア
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]