忍者ブログ
〈2007年9月16日開設〉 これ迄の小説等、纏めてみたいかと思います。主にミステリー系です。 尚、文責・著作権は、巽にあります。無断転載等はお断り致します(する程のものも無いですが)。 絵師様が描いて下さった絵に関しましても、著作権はそれぞれの絵師様に帰属します。無断転載は禁止です。
Admin Link
 これは秘密の箱の鍵。

 これは秘密の箱を隠した抽斗の鍵。

 これは秘密の箱を隠した抽斗のある部屋の鍵。

 これは秘密の箱を隠した抽斗のある部屋がある家の鍵。

 これは秘密の箱を隠した引き出しのある部屋がある家を閉ざした、鉄の門の鍵……。

「どこ迄続くのかしらね?」小首を傾げて、少女は一人ごちた。青いリボンのよく似合う、茶色の髪が動きに連れて揺れる。リボンと同じ青い服を着た、十歳ばかりと見える少女だ。
 その彼女の前には、一人の老人。閉ざされた鉄の門を前に、小さな声で耳慣れない節を付けて、先程の繰言を続けている。鉄の門の鍵、迄行って、繰言は元に返った。

 これは秘密の箱の鍵……。

「ストップ」少女が遮った。「入れ子型の童謡っていうのも聞いた事はあるけど、一人で謡ってても仕方ないでしょ? 普通、二人以上で間違えないように少しずつ歌詞を足していくものじゃないの」
 老人はそこで初めて少女に気付いた様に、ゆるゆると振り向いた。
「でも、あの子が居ないんだ……」歳に似合わぬ子供染みた口調で、老人は言った。「だから一人で謡わなきゃ」
「その『あの子』は何処に行ったの?」
 ゆるりと、老人は頭を振った。
「此処に居たんだ。この門の向こうに、家があって、部屋があって、抽斗があって……」
「箱があったのね?」
 こくり、と頷く。
 だが、今、門の向こうには生い茂った草が風に揺れる、広い空き地があるだけだった。

 これは秘密の箱の鍵……。

 老人の繰言を、少女はまた、煩わしそうに遮った。
「どうして居なくなったのかしらね?」
「解らない……」老人は悲しげな顔で頭を振った。「大事に……してたのに。外国から帰って来たら此処は……僕の家は無くなっていた」
「此処はもう何十年も前に取り壊されたそうよ。住人が誰も居なくなっちゃったんですって」
「そんな……あの子が……居たのに」老人は門に取り縋った。丸でその向こうに、未だかの家があるとでも言う様に。
 その老人に、少女は一本の鍵を差し出した。やや大振りの、鉄製の鍵を。
「入って見てみれば?」
 老人は縋る様に鍵を受け取り、震える手で錆付いた鍵穴にそれを挿した。

 重々しい音を立てて鍵は解かれ、鉄の門は軋みながら、数十年振りに開け放たれた。
 草の波の中、僅かに残る土台と自らの記憶を頼りに、老人は部屋の位置に見当を付けた。北側の隅の部屋。かつて彼の自室だった部屋。
 そして――秘密の箱を隠した抽斗のある部屋。
 適当な石を拾って、彼はその辺りの土を掘り起こし始めた。幾らか掘っては場所を変え、また掘っては場所を変え……。
 その彼の横に、いつしか少女が立ち、口遊む。

 これは……箱を隠した抽斗のある部屋がある家を閉ざした、鉄の門の鍵。

 これは……箱を隠した抽斗のある部屋がある家の鍵。

 これは……箱を隠した抽斗のある部屋の鍵。

 これは……箱を隠した抽斗の鍵。

 節が進む毎に、腰のベルトに付けた鍵束から、一本一本、鍵を取り外して行く。

 老人の手が、止まっていた。じっと、少女が手にした鍵を見詰めている。大量の鍵の中から、次はどれが外されるのか、見極めようとでも言う様に。
 そして、少女が次の鍵に指を掛けた時、老人はそれ迄のゆるゆるとした動作からは想像も出来ない素早い動きで、少女を捕えようとした。
 だが、青い服の裾を翻して、少女はさらりとそれを躱した。

「これは貴方が殺した女の子を隠した箱の鍵」小さな鍵を手に、少女は謡い終えた。

 老人はその場にへたり込むと、呆けた様に少女の手の中の鍵を只、見ていた。
 彼の秘密の箱は、最早秘密ではなくなっていたのだった。

                     * * *

「ご苦労様」五本の鍵を新たな鍵束に繋ぎながら、少女は言った。「それにしても、真逆自分の部屋の床の下――地下に穴を掘って、箱の入った抽斗を隠していたなんてね」
 あれから、老人は私有地に勝手に立ち入った怪しい人物として、近隣の住人からの通報を受けた警官に連れられて行った。
 そして元、この土地に住んでいた事、そしてこの土地に隠して行ったものの事を、話したと言う。
 友達が欲しかったのだと、ぽつりと漏らしたらしい。
 被害者の身元、殺害時期、そして彼が出国した時期等がこれから厳しく調べられるだろう。
 今頃戻って来るなんて、自業自得と言うか、自縄自縛と言うか――少女は苦笑する。
「これは秘密の箱を隠した抽斗のある部屋が……ああ、もう、面倒臭いわね」頭を振って、少女は襟元から金のチェーンに繋がれた金の鍵を取り出した。「これ一本で充分だわ」
 手近な扉に金の鍵を挿して開け、少女は何処とも知れない場所へと、消え去った。

                      ―了―
 めっちゃお久し振りです^^;
 そして何か、投稿エディター変わってる~?

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
こんばんはっ
抽斗って読めなかったので
調べました~!
なるほど~。

ありすちゃんは金の鍵でどこへいったのかな。
ふわりぃ URL 2011/08/09(Tue)22:48:23 編集
Re:こんばんはっ
金の鍵はありすの持つマスターキーなので、どんな鍵でもどこでもドアにしてしまいます(笑)
巽(たつみ)【2011/08/16 21:44】
おはよ~
暑くて5時頃に目が覚めた~。
ねみぃ~けど、寝れない。(+_+)

↑金の鍵?
きっと全ての扉を開けることのできるマスターキーでしょ。
異空間の扉すらも開けられる。(笑)
afool 2011/08/10(Wed)07:51:24 編集
Re:おはよ~
そそ(^^)
エアコンが切れると目が覚めるよ~(TーT)
巽(たつみ)【2011/08/16 21:45】
無題
女の子を入れた箱を隠す抽斗って、かなりな大きさ?
でも子供なら押入れ収納クラスの抽斗でも納まりそうか。
霞ヶ関のお役所なんか入れ子の鍵がいっぱいありそうだな(笑)
銀河径一郎 URL 2011/08/16(Tue)01:17:30 編集
Re:無題
ああ、色々ありそうですね~(^^;)
抽斗、イメージ的にはやや小さめの押入れ収納位で……。
巽(たつみ)【2011/08/16 21:50】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア
プロフィール
HN:
巽(たつみ)
性別:
女性
自己紹介:
 読むのと書くのが趣味のインドア派です(^^)
 お気軽に感想orツッコミ下さると嬉しいです。
 勿論、荒らしはダメですよー?
 それと当方と関連性の無い商売目的のコメント等は、削除対象とさせて頂きます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村参加中。面白いと思って下さったらお願いします♪
最新CM
☆紙とペンマーク付きは返コメ済みです☆
[06/28 銀河径一郎]
[01/21 銀河径一郎]
[12/16 つきみぃ]
[11/08 afool]
[10/11 銀河径一郎]
☆有難うございました☆
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
(11/01)
(10/03)
(09/01)
(08/03)
(07/01)
アーカイブ
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
メールフォーム
何と無く、付けてみる
フリーエリア
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]