忍者ブログ
〈2007年9月16日開設〉 これ迄の小説等、纏めてみたいかと思います。主にミステリー系です。 尚、文責・著作権は、巽にあります。無断転載等はお断り致します(する程のものも無いですが)。 絵師様が描いて下さった絵に関しましても、著作権はそれぞれの絵師様に帰属します。無断転載は禁止です。
Admin Link

「誰?」おずおずとノックされたドアの向こうに、私は静かに声を掛けた。
 尤も、今し方三時の時報が鳴った所でもあり、大体の予想はついていた。
「亮君? 今日も来てくれたの?」
「……うん」照れ臭いのか、こっそりとドアを開ける気配。少年の軽やかな足音が近付いて来る。「学校、終わったから」
「そう。元気に学校通ってるのね」私は笑って頷いた。
 亮君は殆ど毎日、学校の帰りに私を訪ねてくれる。生まれ付き身体が弱くて、学校に通えない、私の病室を。
「はい、これ。今日の」亮君はそう言って、私の掌に小さな紙細工を乗せた。
 折鶴だ。彼は来る度に一羽ずつ、折鶴をくれる。普通、千羽集まってからくれるものじゃないの、と私は以前笑ったけれど、彼はやっぱり、一羽ずつ、持って来る。
 実は彼も先月迄はこの病院に居て――具合のいい時には暇潰しを兼ねて、よく話し相手になってくれていたけれど――危険な状態の時もあったのだ。
 だから、彼が一羽一羽を持って来てくれる理由も、何となく解る。
 明日には居ないかも知れない――お互い、そう案じていたから。

 完治の上の退院ならそれでもいい。けれど、もし逆の理由でこの病院から居なくなったのだとしたら……。私達は度々会いながらも、常に一期一会を覚悟していた。
 だから彼が退院すると聞いた時は、それを素直に祝いたい気持ちと、置いて行かれる様な寂しさとが入り混じり、自分でも訳も解らず涙を零したものだった。慌てて慰めてくれた彼の声が、今でも耳に残っている。
 そんな事もあって、彼は来てくれているのだろう。
 けれど……私は鶴を弄ぶ手を、ふと止めた。

「ねえ……?」
「何?」
「亮君は元気……なのよね? また具合が悪くなったりしてないよね?」
「どうしてそんな事訊くの?」
 私は鶴を持ち上げて、その首を撫でた。
「これ、亮君のじゃない。亮君は……言っては悪いけど、こんな小さな折り紙で、こんなに綺麗には鶴の首を折れないもの。指先が太くて丸いから細かい事は苦手だって、自分でも言ってたもの。触ってみればよく判るわ。昨日迄のと違う……! それに……同じ声だけど、貴方、誰!?」
 暫しの沈黙の後に、彼は失敗した、と呟いた。
「丁寧に作り過ぎたか……。あいつが循環器疾患の所為でばち状指なの考えに入れてなかった。毎日、一生懸命、丁寧に丁寧に折ってたから……つい、真剣に作ってしまったよ」
 そして、彼は亮君の双子の兄と名乗った。
「亮は昨日、学校で具合が悪くなって、此処の病院に検査入院する事になったんだ。どうやら大した事はなさそうだから、安心して。でも、あいつ、君に心配掛けたくないからって、頼まれたんだ。それにしてもよく判ったね」
「目が見えないのに……って?」生まれ付き見えない目を閉ざした儘、私は苦笑する。「甘く見ないでね。見えない分、声や音の聞き分けには自信があるんだから」
 その、閉ざした目から、我知らず涙が零れ落ちる。
「お、おい……」亮君そっくりの、慌てた声が何故か可笑しい。
「亮君は大丈夫なのよね? また、会えるのよね?」
「大丈夫。元気な声が聞かせられるようになったら、直ぐにでも自分で訪ねて来るから」彼は受け合ってくれた。

 その彼に、私は一つ二つ、頼み事をした。
 先ず、売店で折り紙を買って来てくれる事。
 そして、私が指の感触だけを頼りに折った、多分不恰好な鶴を、亮君の枕元へ、毎日届けて下さい、と。

 翌日からは亮君自身は未だ病室を出られなかったけれど……どこか不器用な作りの小さな鶴が、互いの病室の間を飛び交う事となった。
 お互いの快癒の祈りと共に。

                      ―了―
 


 や、昼間母に付き合って久し振りに、鶴折ったもので……(^^;)
 不思議と折り方、忘れないものですね。折鶴。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
どもども!
双子の兄かぁ~。
てっきり巽さんの事だから、「ケ~ケッッケ!」とか笑いながら悪魔の姿に戻るのかと思ってました(爆)
猫バカ1番 URL 2009/11/02(Mon)23:14:31 編集
Re:無題
「ケ~ッケッケ!」……って、何じゃそりゃあ!(爆)
実はもう亮の魂は頂いたんだよ、とでも言いそう(^^;)
巽(たつみ)【2009/11/02 23:59】
こんにちは
回復すると良いな。って思います
難しい病気でもね~健康は大事よね。
冬猫 2009/11/03(Tue)01:10:52 編集
Re:こんにちは
健康第一ですよね!(^^)
巽(たつみ)【2009/11/03 21:40】
こんにちは
双子なら、同じ遺伝子で、同じ病気になりそうな気がしないでもないが。(^_^;)

冒頭ですぐに病院だろう事は分かったけど、私もひょっとしたら三時とは、午前三時で幽霊が訪ねてきているのかと。(笑)

病気で長期入院って、精神的にも辛いよね。
無駄に時間を過ごしている気がして。
afool 2009/11/03(Tue)12:11:06 編集
Re:こんにちは
ん。だから彼の方も「生まれつきの……」と書こうとして止めた(^^;)
一卵性双生児だと先天性の病気は罹る確率高そうな気がするし(原因にもよるだろうけど)
長期入院……退屈だよ~?
巽(たつみ)【2009/11/03 21:44】
無題
途中で幽霊かと思いきや、
折鶴が飛び交う心温まるお話でしたね(^^)

目は見える設定でも問題なさそうですが、巽さんはどんな双子でも見抜く自信ありということか。

銀河系一朗 2009/11/03(Tue)12:54:51 編集
Re:無題
目が見える設定だと、顔色とかであからさまに別人だと判ってしまうので、亮君も兄貴を影武者にしようとはしないだろうと。双子でも栄養状態や後天的な要素で体格も違ってくるし。
それに……「折鶴の出来の差異で気付く」というのが使いたかったので!(笑)
巽(たつみ)【2009/11/03 21:48】
こんにちは♪
あぁ~良かった!
一瞬、不治の病なのか?死んでしまったのか?
幽霊か?と、いろいろ気を回してしまったので、
ホッ!としました。

長期入院って辛いですよねぇ~!
早く良くなって退院出来ますように!
クーピー URL 2009/11/03(Tue)13:23:15 編集
Re:こんにちは♪
生きてますよ~(^^;)
や、幽霊が人の身体を借りて訪ねて来る、というネタも考えたのは内緒(笑)
巽(たつみ)【2009/11/03 21:49】
心配するの?
心配するの?
BlogPetの夜霧 URL 2009/11/03(Tue)15:42:54 編集
Re:心配するの?
私は君が心配だ(--;)
巽(たつみ)【2009/11/03 21:50】
こんばんは♪
あ、双子ちゃんだったのね!
巽さんのことだから↑のかたがたと同じくつい勘ぐってしまったw

病院というのは何となく落ち着かないものです。。
具合が悪いときにいくからなのかな?
つきみぃ URL 2009/11/03(Tue)17:12:14 編集
Re:こんばんは♪
病院は確かに落ち着きませんよね~。
やっぱり具合も悪いし、周りも病人さんばかりで、気を遣うというのもあるし。下手に世間話に参加すると、病気自慢に巻き込まれるし(^^;)
巽(たつみ)【2009/11/03 21:53】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア
プロフィール
HN:
巽(たつみ)
性別:
女性
自己紹介:
 読むのと書くのが趣味のインドア派です(^^)
 お気軽に感想orツッコミ下さると嬉しいです。
 勿論、荒らしはダメですよー?
 それと当方と関連性の無い商売目的のコメント等は、削除対象とさせて頂きます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村参加中。面白いと思って下さったらお願いします♪
最新CM
☆紙とペンマーク付きは返コメ済みです☆
[06/28 銀河径一郎]
[01/21 銀河径一郎]
[12/16 つきみぃ]
[11/08 afool]
[10/11 銀河径一郎]
☆有難うございました☆
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
(11/01)
(10/03)
(09/01)
(08/03)
(07/01)
アーカイブ
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
メールフォーム
何と無く、付けてみる
フリーエリア
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]