忍者ブログ
〈2007年9月16日開設〉 これ迄の小説等、纏めてみたいかと思います。主にミステリー系です。 尚、文責・著作権は、巽にあります。無断転載等はお断り致します(する程のものも無いですが)。 絵師様が描いて下さった絵に関しましても、著作権はそれぞれの絵師様に帰属します。無断転載は禁止です。
Admin Link

『夜霧め~』

「何だ、未だぶつくさ言ってるのか? 祥、勇輝」京が呆れ顔で、声を揃えての恨み言に拍車の掛かる僕達に言った。
「だってよ、最近何かって言うと、俺達に用事言い付けてないか? 夜霧」知多勇輝が不満げに言う。
「そうか?」京は首を傾げる。
「京は元々だから気にならないだけだよ、きっと」僕は肩を竦める。男子寮の纏め役たる京は学級委員も勤めている。教師と生徒との橋渡しとして、用事を言い付けられるのは慣れっこだろう。
 しかし、その双子の弟である僕は勿論、どちらかと言えば多少、教師に対して冷めた視線を向けている勇輝は余りそうした機会に接してこなかった。それが最近どうも……何かと面倒な事があると言い付けられている様な気がする。
 子猫の里親探しだの、色々な面倒事の仲裁役だの……。
「いいじゃないか。信頼されているからこそだろうが」京は寧ろ、自信満々にそう言い切る。
 はぁ……、と僕と勇輝は溜め息をついた。京はちょっと、僕達とは価値観が違っている。勿論、それを否定する気は無いけれど――それなら僕達の価値観も否定されるべきではないよな、と自己弁護。
「兎に角さっさと片付けてしまえばいいだけだろう?」そう言って京は僕達の先頭に立ち、旧校舎への渡り廊下を進んで行った。

 今時旧校舎の怪談でもないだろうに――夜霧から話を聞いた時、僕は正直、呆れていた。
 彼女は美術部の顧問でもあるのだが、その部員の一人の様子がこの所、おかしいのだと言う。部活が終わった後、何故か寮に戻らずに、今は使われていない旧校舎へ向かう姿が再三、目撃されているのだ、と。
 煉瓦造りの旧校舎は、歴史ある建物だからと、解体する事無く保存の方向で検討されているらしい。確かに堅牢な造りは今でも充分に使えそうだし、バロック朝の建築様式も、僕達が見ても見事なものだった。但し、そんな造りであるだけに、前々から生徒達の間ではお約束の七不思議だの怪談だのが、語り伝えられてきた舞台でもあったのだ。
 何かあったのではないか、と夜霧は眉根を寄せていた。
 だからって何で僕達に様子を見に行かせるかなぁ!
 そろそろ窓の外には薄闇が忍び始めた頃、僕達は旧校舎の扉を開けた。
 倒壊の危険等の理由で新校舎へ移行した訳ではない為か、ここも普段は施錠されていない。寧ろ建築様式を学ぶ場として見学に来る事もある位だ。
 けれど廊下の電気は点灯されておらず、窓からの夕陽が唯一の光源。
 僕達は知らず、身を寄せ合う様に廊下を進んでいた。
 と言うか、京? いつの間にか勇輝の後ろに隠れてないか?――怖がりに関しては僕も言えた義理ではないけれど。
 人の気配を窺いながら、僕達は廊下を進む。問題の部員が入って行ったのは、夜霧が確認していた。何故そこで声を掛けないんだ? 夜霧センセ。
 ともあれ僕達は突き当たりの、元は何に使われていたのか解らない、ガランとした部屋に行き当たった。
 そしてそこに、彼は居た。

 何をしている――という問いは誰の口からも漏れなかった。
 こちらに背を向けた彼は突き当たりの窓との間にイーゼルを立てて、一心に絵を描いていた。
 窓の外には校舎を囲む桜――そろそろ散り際を迎え、花弁を雪の様に風に乗せて降らせている、桜の大樹。
 そしてその花弁は開いた窓から旧校舎内に入り、かつての学生達の息吹を感じさせながらも空虚な教室内に、繊細な絵模様を描いていた。
 彼は、それをキャンバスに再現しようとしていたのだ。僕達にも気付かない程、真剣に。
 彼が描きたいのは、只桜が散っている風景ではなく、此処に存在する、空気とか時の流れとでも言うべきものなのだろう。そしてここはきっと、彼が自分のものだけにして置きたい景色。
 僕は声を掛けようとしていた京を促して、そっと、旧校舎を後にした。

「取り敢えず幽霊に憑かれてる訳でもないみたいだし、夜霧には絵の自習してましたって報告しとけばいいんじゃないか?」勇輝が肩を竦めた。人騒がせな、と言いたげだ。
 僕は頷き、京もそれ以上何も言わなかった。
 完成したら――もし、彼が納得が行く様なものが描けたとしたら――見せて貰いたいな。
 そんな事を言い合いながら、僕達は旧校舎を後にした。
 
 ところで――あの教室からの眺めは校舎によって死角になっているのだろうか? 外に出た僕達に見える桜の木は、全て若々しい葉桜と化していたのだけれど……。

                      ―了―

 夜霧め~!(爆)
 まねっこ出来るもんならやってみい(笑)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
どもども!
またまた夜霧はサボリっすか!
そんなとこまで飼い主に似なくても良さそうなんだけどね~(笑)
それにしても、ホント夜霧先生って人使いが荒いっすねw
もう少し他の子にも振ってあげないと、登場人物が固定されちゃうじゃないか!
あっ、これ以上増えても困るってか?(爆)
猫バカ1番 URL 2009/04/10(Fri)23:30:20 編集
Re:無題
夜霧、またサボりっすよ~(--;)
うっ! これ以上登場人物が増えても……(苦笑)
しかし、最近このシリーズ、発端が殆ど夜霧先生(爆)
巽(たつみ)【2009/04/10 23:50】
無題
夜霧ちゃん、思惑通りには動いてくれませんね〜(笑)

夜桜、見えたのは…
おっと深く考えるのはやめとこうっとw
つきみぃ URL 2009/04/11(Sat)01:11:41 編集
Re:無題
全く思惑通りに動いてくれません(^^;)
葉桜……ふふふ……?
巽(たつみ)【2009/04/11 21:46】
こんばんは
夜霧は明日かな?
話しの一行目は、巽さんの叫びだったのね~


『彼が自分のものだけにして置きたい景色。』
[おきたい]の漢字はこれで良いんだっけ??←漢字よく解ってなくて。私が間違えてるなら、ゴメンね
冬猫 2009/04/11(Sat)02:05:03 編集
Re:こんばんは
夜霧め~!(爆)
おきたい……その儘に留めおくと言う意味では「措きたい」でもいいのかな? 常用外だけど。置きたいだとその意味も含むので問題は無いかと☆
巽(たつみ)【2009/04/11 21:53】
こんにちは
しまった、こっちを先に読むべきだったか。
確かに夜霧は逸脱しなかったな。(笑)

しかし、この学園って山間部にある(夜霧の所為www)全寮制の学校じゃなかったっけか?(笑)
う~ん、そんな所にそんな歴史的建造物があるのだろうか・・・。
まぁ、いいか。(笑)
afool URL 2009/04/11(Sat)13:13:54 編集
Re:こんにちは
夜霧先生は美術部顧問として逸脱してないけど、夜霧はやっぱり逸脱気味(笑)
この学園が山間部にあるのも霧が多発するのも全ては夜霧の所為なんだい!(爆)
巽(たつみ)【2009/04/11 21:58】
こんにちは♪
ん?外に出て眺めたら葉桜だったとな?
そ・それは、もしかして・・・・・

ゾクゾク!(笑)

夜霧ちゃんは神出鬼没なのネ♪
クーピー 2009/04/11(Sat)14:36:58 編集
Re:こんにちは♪
夜霧は神出鬼没の妖猫なのさ~(笑)
巽(たつみ)【2009/04/11 22:02】
窓辺ってなに?
窓辺ってなに?
BlogPetの夜霧 URL 2009/04/11(Sat)15:36:21 編集
Re:窓辺ってなに?
折角つきみぃ先生に80点貰ったのに……(T-T)
今更それかい!(笑)
巽(たつみ)【2009/04/11 22:05】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア
プロフィール
HN:
巽(たつみ)
性別:
女性
自己紹介:
 読むのと書くのが趣味のインドア派です(^^)
 お気軽に感想orツッコミ下さると嬉しいです。
 勿論、荒らしはダメですよー?
 それと当方と関連性の無い商売目的のコメント等は、削除対象とさせて頂きます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村参加中。面白いと思って下さったらお願いします♪
最新CM
☆紙とペンマーク付きは返コメ済みです☆
[06/28 銀河径一郎]
[01/21 銀河径一郎]
[12/16 つきみぃ]
[11/08 afool]
[10/11 銀河径一郎]
☆有難うございました☆
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
(11/01)
(10/03)
(09/01)
(08/03)
(07/01)
アーカイブ
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
メールフォーム
何と無く、付けてみる
フリーエリア
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]