忍者ブログ
〈2007年9月16日開設〉 これ迄の小説等、纏めてみたいかと思います。主にミステリー系です。 尚、文責・著作権は、巽にあります。無断転載等はお断り致します(する程のものも無いですが)。 絵師様が描いて下さった絵に関しましても、著作権はそれぞれの絵師様に帰属します。無断転載は禁止です。
Admin Link
「今度の部屋は大丈夫っすよ」酒が回る前から朗らかに、牧武は笑って言った。「家賃は前の倍程で狭いっすけど、変な面も無いし!」
 勿論、幽霊が出ただとかの風聞も無い、と昨日迄武を居候させていた瀧が受け合う。
「壁もよく調べたしな」と、こちらも上機嫌。
「あ、楡さん、これ詰まらない物ですけど」言って武が、菓子折りを取り出す。「いや、本当言うと引越しの挨拶回りに買ったんすけど、真上の人が連休で旅行中だそうで……。日持ちしない生菓子なんでよかったら貰ってやって下さい」言わずもがなの事迄言うのが彼らしい。
 楡庵は微苦笑しながらも礼を言って受け取る。
「良い部屋が見付かってようございましたね」
 が――。
「天井板も調べましたよね?」冗談交じりの棗の一言が、沈黙を生んだ。
「……」と武。
「……」と瀧。
「……棗……」庵だけが溜め息と共に声を押し出した。
 棗はバツが悪そうに頭を掻く。
「すみません。ミステリの読み過ぎですね。実際には天井裏から人の部屋覗く人なんて……」絶対居ないとは言えないけど――とは言えず、誤魔化す。
「だ、大丈夫! 天井も綺麗なもんだったし、穴どころか染み一つ無かったし……!」武が執り成す様に、あるいは自らを鼓舞するかの様に言う。
 庵が転居祝いと称して武が普段手が出ない様な酒を供した辺りで、妙な空気は雲散霧消した。
 ……その筈だった。

「マスター、俺、部屋運無いっす……」三日後の夜カウンター席に着くなり武はそう呻いた。顔色も悪く、目の下にはクマが表れていた。
「どうかなさったんですか? 牧さん」心配げに尋ねる庵の横に、棗もやって来て顔を曇らせる。
「真逆僕が言ったのを気にし過ぎて……」
「あ、いや、まぁ……気にならなかったと言えば嘘だし、実際帰ってから天井も調べたんだけど……」と武は苦笑い。「何にも無かったよ。俺もそれで完全に安心してたし……」
 では一体何が、と問う二人に、武は両手の甲を上に構え、クマの浮いた顔で上目遣いに言った。
「出たんすよ」……と。
 兄弟は顔を見合わせる。
「信じられないって顔っすね?」酒が回る前から絡む様に言う。「寝惚けたと思ってんでしょう? 二人共」
「兎に角、ご説明を……」
 庵に促されて、武はぽつりぽつりと語り出した。


 転居祝いの夜、帰宅してからやはり気になって天井を隅から隅迄、見て歩いたのだと言う。気になる所があれば脚立に乗り、只の模様と一安心。
 そんな事を繰り返している間に深夜三時。幾ら休日でもそろそろ寝ようと、脚立を片付ける為に外を見た時――逆さ吊りの男と目が合ったのだった。
「ざんばら髪の男が俺の方を恨めしげに見てたんすよぉ!」武は自らの感じた恐怖を訴えた。「それでもう、外になんて出られなくて……!」
 脚立も壁に立て掛けた儘、ベッドに潜り込んだのだと言う。部屋中の灯も全て皓々と点けた儘。一階のコンビニの喧騒が少しだけ頼もしかった。それと言うのも、居ない筈の階上から物音が……。がたがたと家具を乱暴に開け閉てしているかの様な物音は暫し続き、武の身を震わせた。
「外はかなり騒々しかったんすけどね。若いのが騒いでて。あん時ばかりは……。そう言えば救急車の音も、近かったなぁ」暗い顔で武は笑う。
 そうしてそれ以来、例の男の姿を窓の外に見る事があると言う。あまつさえ、包帯迄巻いた姿でこちらを窺っては姿を消すのだと。

「牧さん、案外信じてます? 幽霊とか……」棗が薄く、笑う。「この間は信じてないから大丈夫! なんて、あんな部屋を借りるかと思えば……」
「な、棗君は見てないから……!」顔を赤くして、武は言う。「俺は窓を開けるのも怖くてだね……」
「玄関から出るのは平気なんですか?」
「それだってビクビクもんだよ! でも建物の中では見た事無いな……。その代わり俺が挙動不審者に映ってるかも。監視カメラに……」肩を落とす。
「へぇ……セキュリティいいんですね……。中は」
「な、中は……?」意味ありげな言葉に、武は狼狽える。「ま、まぁ、オートロックでもあるし……」
「牧さんの部屋って二階でしたよね」先日自慢げに部屋の間取りや近所の様子を話していたのを思い出しつつ、棗は確認する。
「そう、下がさっきも言ったコンビニで、五階建てのマンションの二階」
「脚立を片付けようとした窓っていうのは、ベランダですか?」
 これにも武は頷く。
「ベランダの下は?」
「え? えーと……コンビニの裏に当たるから特に何も無いけど……」そろそろ話が見えないという顔。
「後一つ、その脚立は元々の牧さんの物じゃありませんね?」
「ベ、ベランダにあった物っすけど……。多分前に住んでた人のかと……」
「牧さん」それ迄質問を弟に任せていた庵が口を開いた。「簡単なお祓いの方法をお教えしましょう」怪しい言葉とは裏腹な微笑みを浮かべた。

 二日後、店に現れた武はやはり酒が回る前から躁状態だった。
「本当にあの脚立が原因だったっすよ! 幽霊男に付き纏われたのは……!」
「幽霊男って……足あったんでしょう?」棗が苦笑する。「階上への侵入に使った脚立に遺った指紋から、足が付いた位なんですから」
 例の脚立をベランダに出しておく――それが庵が教えたお祓いの方法だった。只、その前に知人の警官を介し、脚立から指紋を採取してから。
「足場も人目も無いコンビニ裏から、脚立で二階の牧さん宅のベランダに上がり、そこから更に脚立を引き上げ、留守の三階に侵入。その間に真逆脚立を牧さんに使われるなんて思いもよらなかったでしょうね」棗がくすくすと笑う。「挙げ句に降りるに降りられず……恨めしげにもなりますよ」
「牧さんが脚立を部屋の中で使っておられるのを見た後、音が階下に響くのも構わずに部屋を物色していたのは、降りる手段を探してもいた様ですよ。いつ警察を呼ばれるかと、気が気ではなかったのでしょうね」庵も微苦笑を浮かべる。「真逆幽霊と思われているとは知らずに……」
「ドアから逃げようにも監視カメラがあって出られない――だから外から侵入しようとした訳で――下調べはちゃんとしてたみたいなのにね」と、棗。
 然も降りるのにはどうにか成功したものの、半端な高さから飛び降りた為、負傷。コンビニに屯していた若者達に見られ救急車迄呼ばれる始末。軽傷で済んだのを幸いと病院を抜け出したものの、脚立は遺した儘。手が滑るのを警戒し手袋も外していたから指紋もばっちりの前科者。

「運が無いのは俺じゃなくて、そいつの方だったみたいっすね」武は屈託無く、笑った。
 タケ坊は強運だよ――とは後に事の顛末を聞いた瀧の言葉。このリングワンデルングの常連なんだから、と。

                       ―了―

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
な、なんと
泥棒オチでしたか。
最初は、江戸川乱歩風に展開していたので、艶かしい窃視者の存在が想像されましたが、考えすぎだったようです。

瀧さんがなんと言おうと、武さんに運があるようには思えず・・・
ぷん URL 2007/10/14(Sun)17:56:19 編集
Re:な、なんと
確かに(笑)
何せ私に「弄り易いキャラ」と認定されていますので、何れまた楡兄弟や瀧氏に泣き付くでしょう。くっくっく(鬼)
巽(たつみ)【2007/10/14 19:47】
ふふふ
まぁ事件後は何事も無く住める訳ですし、安住したのかな?
でも、コンビニの2階は看板の明かりが夜眩しく無いですかね?夏とか明かりに誘われて虫が!
でも再び事件に巻き込まれる事を思えば、そんなの関係ないか(笑)
もう引越さない方が……ねぇ?f^_^;
冬猫 2007/10/15(Mon)13:10:08 編集
Re:ふふふ
タケ坊に訊いてみよう。虫と怪しい新居、どちらがいいか(笑)
武「そりゃ、虫のが未だいいっすよ。引越し費用も馬鹿にならないし、何よりここはもう大丈夫!」
……事件は部屋だけとは限らないよ?( ̄ー ̄)
武「え……?」(○_○∥)
巽(たつみ)【2007/10/15 13:51】
無題
でも、新しい住居ってなにかしらありますよね。
シンが一番ビックリしたのは……

トイレに入ってたら急に玄関のドアの鍵がガチャガチャと開けられ、人が入ってきました!
あれにはびっくりだったな。
慌てて、トイレから飛び出し、その人を見ましたw

管理人?とか言ってたけど、絶対違うんだよね。
あれ、前の住人だったのかな。引越ししてすぐの出来事だったw
アパートふぁぶぃ。
見習猫シンΨ URL 2008/07/15(Tue)14:57:46 編集
Re:無題
それは吃驚ですね~!
鍵、返してなかったのかしら?^^;
と言うか、ちょっと怖いかも……(汗)
巽(たつみ)【2008/07/15 16:13】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア
プロフィール
HN:
巽(たつみ)
性別:
女性
自己紹介:
 読むのと書くのが趣味のインドア派です(^^)
 お気軽に感想orツッコミ下さると嬉しいです。
 勿論、荒らしはダメですよー?
 それと当方と関連性の無い商売目的のコメント等は、削除対象とさせて頂きます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村参加中。面白いと思って下さったらお願いします♪
最新CM
☆紙とペンマーク付きは返コメ済みです☆
[06/28 銀河径一郎]
[01/21 銀河径一郎]
[12/16 つきみぃ]
[11/08 afool]
[10/11 銀河径一郎]
☆有難うございました☆
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
(11/01)
(10/03)
(09/01)
(08/03)
(07/01)
アーカイブ
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
メールフォーム
何と無く、付けてみる
フリーエリア
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]