忍者ブログ
〈2007年9月16日開設〉 これ迄の小説等、纏めてみたいかと思います。主にミステリー系です。 尚、文責・著作権は、巽にあります。無断転載等はお断り致します(する程のものも無いですが)。 絵師様が描いて下さった絵に関しましても、著作権はそれぞれの絵師様に帰属します。無断転載は禁止です。
Admin Link

「自分でも、おかしなことだと思います。でも、毎晩それをしてからではないと眠れないんです」 

 真面目な、しかしどこか怯えを含んだ表情でそう語ったのはごく普通の、サラリーマン風の男だった。年の頃は二十代半ば。事前の聞き取りでは、会社でも特に重責を任されてもいないが、爪弾きにされている様子もない。要するに、平々凡々な男だった。
 なのにその彼が私の元にカウンセリングに来た理由というのが……。
「今一度確認しますが、貴方は毎晩、庭を掘り返し、それを埋め戻すという行動を繰り返しておられる訳ですね?」
「はい」簡潔に相手は頷いた。「いつも同じ場所で……花壇も何も無くて、掘り返して見ても何も無いんですが……。そうせずにはいられないんです。何も無い事を確認してやっと、落ち着いて眠りに就けるんです」
「ご自宅は以前からお住まいの持ち家ですか?」
「生まれた時から住むボロ家です」と彼は頭を掻いたが、事前調査でそれが謙遜に過ぎない事は解っていた。
「……今は何も無いとしても、小さい頃に何か大事な物を埋めたとか、そういった覚えは?」
 彼は首を横に振った。元々幼い頃は内向的で、庭で遊ぶ事も少なかったと言う。
「実際に何かが出てきた様な事も無かったんですね?」
 こっくりと頷く。
 何一つ出て来ない土を掘り返してはまた埋める――それを一通り繰り返さないと、落ち着いて眠る事も出来ないなんて……。尤も、それ以外には変わった所など、見受けられないのだが。

 やはり彼の過去に何かがあったのだろうか? 今現在は何も無いその場所を、掘り返して確かめずにはいられない様な何かが。
 調査によれば彼の家族は現在、年老いた両親のみ。但し幼い頃、双子の弟を亡くしている。兄と違って活動的だったその弟は、庭で遊んでいて、当時積み上げられていた廃材を伝って高い塀に登り、バランスを失って落下。打ち所悪く、数時間後に亡くなったと言う。
 そして、問題の彼が掘り返す場所と言うのが、その弟が倒れていた現場――血の染みを吸った土は後に入れ替えられたらしいのだが。
 やはりその辺りに彼の奇行の理由がある様に思える。
 しかし、その奇行が現れたのは此処二箇月程の事だと言う。件の事故はもう十数年前の事だ。だからこそ、家族もその事故とは結び付けて考える事はなく、会社のストレスか何かだろうとカウンセリングを勧めたらしいのだが。
 
 もしかして――私は思った――件の事故に、彼が何かしら関わっていたのではないかと。その罪悪感から逃れる為に記憶を摩り替える……考えられない事ではない。ところが自らの記憶に施したその封印が、解け掛かっているのではないだろうか?
 私は問題の現場を見せて欲しいと頼んだ。但し、今現在の現場ではない。十数年という年月は、例えそこにどんな証拠があったとしても、保全もされていなければ流し去るのに充分な時間だろう。だから私は、彼の記憶の中の現場を検証する事にした。催眠治療を用いて。

 そして判明したのは――塀に登り得意顔で見上げる弟に、二階の窓から面白くなさそうに紙屑を投げる彼の姿。そして弟はバランスを崩し……。付近に落ちた紙屑は弟の血を吸い、直後に降り出した雨を吸い、溶け崩れ……地に吸い込まれて行った。
 事件が起こったのは正確には十四年と十箇月程前――当時の殺人での時効が、近付いていた。無論、実際にはその意図は無かった、運の悪い事故だったのだろうが。
 彼が掘り返していたのは、自身の罪悪感なのか、それとも証拠を完全に湮滅したいという願望だったのか……。

                      ―了―


 このカテゴリーも久し振りかも(^^;)
 何かしないと眠れないって事、ありますか?

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
どもども!
バランスを崩して落ちた弟、それに兄が関与してたんだろうとは思いましたが…。
紙屑ぐらいでバランスを崩すなんて、弟の運動神経も大した事が無かったな!って思えば寝られるようになるかもw
実は死んだのが兄で、弟が摩り替わってた…なんて落ちも想像してたんですけどね(笑)
猫バカ1番 URL 2009/02/23(Mon)23:59:27 編集
Re:無題
それはそれでも面白そうですが、内向的な兄貴が塀に登るかどうか? 無理に登らせるか? だとしたらバランスを崩させたのは計画的なのか?――だったら忘れないだろう、という思考の下、今回は摩り替えなしにしました☆
弟のバランス感覚……ふっ( ̄ー ̄)
巽(たつみ)【2009/02/24 00:17】
こんばんはー
彼の穴掘りは止むのでしょーかね。罪はないけど無意識に時効を感じてるトコは…。時効過ぎたら落ち着くのかな?なんか、それもね~むぅ。難しいね。

最近は、何か食べないと眠れない…という悪癖が…!デブの元です。解っちゃいるんですが。なかなか(笑)
冬猫 2009/02/24(Tue)00:53:35 編集
Re:こんばんはー
寝る前の食事はヤバイですよ~(((゜Д゜;)))
時効を過ぎたら……落ち着くのかな? 時効という区切りはあるけれど、自らの良心には区切りは無いし……はて?
巽(たつみ)【2009/02/24 21:46】
こんにちは♪
ん~~特にないなぁ~大抵は数分で眠りについてしまうからねぇ~!たまに寝付けない事もあるけど、そういうときは自己催眠法って言ったっけ?
手が重たくなる~という暗示をかけるやつ!
あれをやると眠れるかな・・・・

「あいつなんか死ねば良い」てな事を考えた途端に、その相手が本当に死んでしまったりすると、
凄く後味が悪いと思うし、それが肉親だったら、
やはり罪悪感が拭えないかもしれないねぇ・・・
クーピー URL 2009/02/24(Tue)16:02:59 編集
Re:こんにちは♪
クーピーさんは寝付きよし、と〆(。。)←何故メモる。
うっかり何かを考えた時、偶然にもそれが現実になってしまう事って、偶~にありますよね。楽しい事ならいいけれど、それが人の生死に関わる事だったりしたら……(((゜Д゜;)))
巽(たつみ)【2009/02/24 21:49】
無題
巽さんにしては、平凡な話だねぇ。
余りにも予想通り過ぎて腑に落ちない。(笑)

ところで・・・。
あ~、突っ込まずには居られない。
>もじかして
何で東北訛りなの?(笑)
afool URL 2009/02/24(Tue)19:35:28 編集
Re:無題
何故訛りが(爆)
予想通りで腑に落ちないとは……捻くれてきましたな(笑)
巽(たつみ)【2009/02/24 21:51】
無題
何もしなくても寝れます・笑

自分で忘れてる事も
脳や体が覚えてるんでしょうねぇ。
催眠って不思議です。
ふわりぃ URL 2009/02/24(Tue)19:47:40 編集
Re:無題
デグーさんやなの君の癒し効果で安眠?(^^)
脳って意識に無いレベルの事迄記憶しているとか言いますからねぇ。不思議で興味深いです。
巽(たつみ)【2009/02/24 21:53】
こんばんは!
自分自身で記憶にふたをして生きてきたのね…
でも、実際は事故なんだしねえ。。。

こういうこともあるのかも、と考えてしまうお話しですね

私は…あまりないかなあ。眠る前の儀式とか。
全てにこだわり無い人なのかも(^_^;)
つきみぃ URL 2009/02/24(Tue)22:57:51 編集
Re:こんばんは!
寝る前の儀式、と言う程ではないけど、小さい頃から一日一回は耳掻きしないと寝付けない私って一体……(笑)
何か記憶の底に埋まってるのかしら?(ナイナイ)
巽(たつみ)【2009/02/25 00:05】
こんばんは
時効になっても治んないだろうな
なっち 2009/02/26(Thu)20:04:32 編集
Re:こんばんは
かもね~。いっそ庭の無いマンションに引っ越す?
巽(たつみ)【2009/02/26 22:18】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア
プロフィール
HN:
巽(たつみ)
性別:
女性
自己紹介:
 読むのと書くのが趣味のインドア派です(^^)
 お気軽に感想orツッコミ下さると嬉しいです。
 勿論、荒らしはダメですよー?
 それと当方と関連性の無い商売目的のコメント等は、削除対象とさせて頂きます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村参加中。面白いと思って下さったらお願いします♪
最新CM
☆紙とペンマーク付きは返コメ済みです☆
[06/28 銀河径一郎]
[01/21 銀河径一郎]
[12/16 つきみぃ]
[11/08 afool]
[10/11 銀河径一郎]
☆有難うございました☆
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
(08/03)
(07/01)
(06/01)
(05/03)
(04/01)
アーカイブ
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
メールフォーム
何と無く、付けてみる
フリーエリア
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]