忍者ブログ
〈2007年9月16日開設〉 これ迄の小説等、纏めてみたいかと思います。主にミステリー系です。 尚、文責・著作権は、巽にあります。無断転載等はお断り致します(する程のものも無いですが)。 絵師様が描いて下さった絵に関しましても、著作権はそれぞれの絵師様に帰属します。無断転載は禁止です。
Admin Link

 今日みたいな晴れ渡った青空が広がる日に、香津美と一緒に、下山したいなぁ。
 だけど、予定されていた治療はまた、延期されたみたい……。難しく、未だ確実ではない治療だとは聞いていたし、何度目かの延期に、僕も少し、慣れてきてしまったけれど。
 それでも、やはり落胆せざるを得ない。人里離れた山中に造られたこの施設にも、そしてその運営団体にも、不信感が募っていく。今抱えている病気の治療の為の静養施設だとしか、両親からは聞かされていない、その所為もあるだろう。
 だけど、今日は前々から気になっていた、この静養施設の中庭にある卵形っぽいオブジェの意味を知りたいという欲求は満たされた!
 ……でも、僕はこれを施設内の誰にも言わない。特に、早く下の街に降りられる事を願っている、此処で友達になった香津美には。

 中庭の生垣の迷路に囲まれて、オブジェはぽつんと立っていた。
 百五十cm位の石の台の上に置かれた、銀色の、卵。但しそれは尖った方を下にしていて、甚だ安定感に欠ける。勿論しっかり固定されているのだから、転がる心配などないのだが、見る度に危なっかしいなと思ってしまう。
 材質はステンレスなのか何なのか、金属光沢で、曲線の所為だろう、見る者の顔を少し歪んだ鏡像として映し出す。
 何を意味しているのか、全く解らなかった。インフルエンザのワクチン製造には大量の有精卵を必要とするそうだけれど、この病の治療薬にも卵が関連しているのだろうか?
 そんな事を考えながら、他にする事もなく散歩していた時だった。
 不意に迷路の一角から、院長先生が現れた。五十代半ばだろうか、すらりと背の高い男性で、此処の施設の代表役で、医師でもある。だから僕達は「院長先生」と呼んでいる。
 診察室で会う時には当然だけど白衣で、少し冷たい印象のある院長先生だけど、香津美は優しい人だって言ってる。本当にこの施設の子供達の事を案じてくれている人だって。
 その院長先生は、生垣迷路に隠された僕に気付く事なく、例のオブジェに向き合って立った。先生は背が高いから、少し、見下ろす様になる。
 そして口を開いた。だが、ぼそぼそと低くてよく聞こえない声に、僕はそっと生垣を回り込んだ。

「今日も君達の元に誰も送らずに済みそうだよ……。ああ、解っているよ。この病は急変する事が多いからね。子供達からは目を離さないようにする。君達の……この研究施設初期に、救うどころかその苦しみを和らげる事も出来なかった、君達の犠牲を無駄にしない為にも、私は完全な治療法を模索し、確立してみせる。後少し……後少しだと思うんだ」そして彼は瞑目し、祈る様に呟いた。「今居る子達が、最後の礎であるように……」

 礎……建物の土台として、柱の下に据えた石。転じて、元となる物、人……。
 治療法が未だ確実ではないとは聞いていた。病状を見て、何度も延期させられる程に、デリケートなものなのだと。それでも、いつかは治療を終え、下山出来るものと思っていた。僕も、香津美も、他の子供達も……。
 けど……治療法は未だ研究の途中だったんだ。
 そして僕達はその為のモルモット。どうやら慰霊の為に造られたと思しきあのオブジェに向かって院長先生が言う「君達」と、きっと同じ……。
 両親がそれを知っていて僕を預けたのかは解らない。けれど、滅多に会いには来ず、電話の声が震えていた事もあった――それから察するに、覚悟はしているという事だろう。それでも一縷の望みを掛けてはいるのかも、知れない。
 きっと、他の子供達の身内も……。
 だから、僕はこの事は誰にも言わない。皆は治療を終えて、元気になってこの山を下りられるんだって思ってるから。それが嘘だと訴えたって、誰も喜ばないから。
 絶望は病の治療や抑制にプラスには働かない。
 いつか治る――無理矢理だけど、僕自身そう信じる事にする。
 いつか、晴れ渡った空の下、此処を出られるんだと……。

                      ―了―


 暗くなったー(--;)
 手術すれば元気になる!――それは子供時代の私の支え。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
病気ってのは
先が見えないと立ち向かう勇気とか
エネルギーとかが萎えるよねw
みんな元気になれますように(人)
つきみぃ URL 2010/06/05(Sat)20:39:27 編集
Re:病気ってのは
治療も目処が立てば、そこ迄頑張ろうって気力も湧き易いかと^^
巽(たつみ)【2010/06/05 21:33】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア
プロフィール
HN:
巽(たつみ)
性別:
女性
自己紹介:
 読むのと書くのが趣味のインドア派です(^^)
 お気軽に感想orツッコミ下さると嬉しいです。
 勿論、荒らしはダメですよー?
 それと当方と関連性の無い商売目的のコメント等は、削除対象とさせて頂きます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村参加中。面白いと思って下さったらお願いします♪
最新CM
☆紙とペンマーク付きは返コメ済みです☆
[06/28 銀河径一郎]
[01/21 銀河径一郎]
[12/16 つきみぃ]
[11/08 afool]
[10/11 銀河径一郎]
☆有難うございました☆
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
(12/01)
(11/01)
(10/03)
(09/01)
(08/03)
アーカイブ
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
メールフォーム
何と無く、付けてみる
フリーエリア
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]