忍者ブログ
〈2007年9月16日開設〉 これ迄の小説等、纏めてみたいかと思います。主にミステリー系です。 尚、文責・著作権は、巽にあります。無断転載等はお断り致します(する程のものも無いですが)。 絵師様が描いて下さった絵に関しましても、著作権はそれぞれの絵師様に帰属します。無断転載は禁止です。
Admin Link
「今年も咲かないのかなぁ」一枚の葉も纏わぬ木を見上げて、さくらは言った。
 庭の一角に長年生えている一本の桜の木。十六年前に彼女が生まれた時、その余りの花の見事さに祖父が予め考えていた名を変更して迄、孫娘にその名を付けた程の美しい木だったのだが――それ以来、この木が花をつける事は、何故か無かった。
 寿命を迎えるには未だ未だ早過ぎ、さりとて病気の兆候も見られない。何故花を結ばないのか、庭木には詳しい祖父にも皆目見当が付かないと言う。
「どうしてなのかなぁ」ある意味では自らの名付け親とも言える花を、是非見てみたいとさくらは毎年、木を見上げる。しかし桜の木は僅かにその樹皮に紅を色付かせるものの、その色が花に昇華する事は無かった。
 早い所ではもう花便りが聞かれ、テレビの中継車は浮かれた行楽客を映し出している。この辺りも最近の暖かさならそろそろ……と言われているのだが。
 今年も駄目なのだろうか、とさくらは肩を落とした。
 そして、また今年もあの夢を見るのだろうか、と。物心付いてからずっと、誕生日の度に見続けている夢を。

 案の定、誕生日を迎えたその晩、彼女は夢を見た。
 まただ――夢の中で、最早焦る事もなく、彼女は動かなくなった自らの身体を見下ろした。いつもこうして動けなくなる。肌は丸で樹木の様に硬くなり、うっすらと紅味を含んだ土気色。辺りは闇に包まれているのに、それははっきりと見える。だから、これは夢なのだ。焦っても仕方がない。そう自分に言い聞かせながらも、気味の悪さを堪えるのがやっとだった。
 いずれ目が覚める迄。あるいはより深い眠りに飲み込まれる迄。
 只、ここ数年で気付いた事があった。彼女を包む闇は濃く、丸で固体の様な密度を感じるのだが、それが徐々に、上の方から薄れてきている様な気がするのだ。少しずつ、本当に少しずつ、明るくなって来ている様な……。
 それは丸で暗い水底――あるいは土中――に日の光がやんわりと差し込む様だった。
 今年もやはり、明るさが増している。頭上を見上げて、さくらは何やら心が浮き立つのを感じた。だが、それと同時にこの儘でいいのだろうかという不安に捉われる。
 この儘、あの光の元に曝されたら? 私はどうなるのだろう? 夢の続きは?
 そして、この闇はもしかして……?
 目が覚めた時、頬に手を当ててその柔らかさを再確認しつつ、さくらは忘れる事の無いよう、一つの質問を祖父に投げ掛ける事を脳裏に刻み込んだ。

「お祖父ちゃん」夜明けて、家族揃っての朝食の後にさくらは祖父に言った。「訊きたい事があるんだけど、いい?」
「何だい? さくら」眦を下げて、祖父は訊き返した。
「最初、私に付ける筈だった名前って、どんなのだったの?」
 急におかしな事を訊く、と訝ったものの、祖父は記憶を手繰って答えた。
「散々考えたからねぇ、今でもちゃんと覚えてるよ。『柚芽香』――ゆめか、と決めていたんだよ」新聞紙の端に字を書いて、祖父はそう言った。
「へぇ、可愛い名前だったのね。でも、結局お蔵入り? ちょっと勿体無いわねぇ。折角考えてくれたのに」そっと、探る意図を忍ばせて、さくらは会話を続けた。
「あ、ああ……。確かにわしもちょっと勿体無いと思って……まぁ、単なる意識の問題だが、名前を貰った代わりにあの桜の木に付けてやったんだ。勿論、呼ぶ事は無いが」そう言って笑う祖父に、思わずさくらは指を突き付けていた。
「それよ!」と。

 意味が解らない祖父を伴って、さくらは件の桜の木の下に立った。
「柚芽香……さん」一応年長者への礼儀として、さくらはそう呼んだ。「私が『桜』という貴方の名を貰ってしまったから、そして祖父が代わりの名を与えてしまったから……名前が負うべきものを取り違えてしまったのね?」
 何を言い出したのかと、祖父が目を丸くする。
「私が毎年見る夢、あれは地中から芽が吹き出すイメージだったのね? 土の中の闇を割って、私は桜としての芽を出す――そういう事なのね? 貴方が昔そうした様に」
 桜の木は無論、答える事もなく、只春風にその枝を揺らめかせている。
 それでも、確信を持って桜は言った。
「そして貴方は人間の名を与えられてしまったから――咲く事を忘れた。この十六年間、私達は本来の名前を取り違えていたんだわ」
 さくらは祖父を振り返った。
「だから、お祖父ちゃん、元の名前に戻して。私達を」
 途惑い顔ながらも、祖父はきっぱりとした彼女の口調に、頷いた。

 その春、遅咲きの桜が柚芽香の家の庭に、舞った。

                      ―了―

 名は体を表す――と言いますが、名はそのものを規定する、という事で(^^;)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
どもども!
最後の方で、ちょっとゾクッとしました!
名前って個体を識別するのに大切な物ですからね~。
桜の木に人間の名前を与えた為に花を咲かせなくなるなんて、お祖父ちゃんも思ってなかったんでしょうね。
猫バカ1番 URL 2009/03/17(Tue)23:41:42 編集
Re:無題
勿論、思ってもみなかったでしょう(笑)
名前は呪術的にも昔から重要なものとされてますからね~。迂闊に付けちゃいけません☆
巽(たつみ)【2009/03/18 00:28】
こんばんは
つけられた名前による思い込みってのが有りますよね~
そういえば、血液型をAと思い込んで神経質だった人が、Bだったと知って性格が変わった~って話を聞いた事が有りますよ(笑)
冬猫 2009/03/18(Wed)01:02:33 編集
Re:こんばんは
それを聞くと血液型占いって……(^^;)
確かに思い込みって案外拘束力強いですよね。
巽(たつみ)【2009/03/18 20:52】
こんにちは
名は体を表すか。
私は名前負けしてるな。(-_-;)
いやっ、独り言ですわ。

あっ、そうそう、私もB型ですが、神経質です。(苦笑)
afool URL 2009/03/18(Wed)12:12:39 編集
Re:こんにちは
うちの父もB型でしたが、神経質と言う程ではなくても待ち合わせの時間とか、きちっとしてましたね。どちらかと言うとA型の母の方が所謂B型っぽい(笑)
巽(たつみ)【2009/03/18 20:55】
名前は呪でもあるよね!
私もねつけられる予定だった名前が土壇場で変更になってしまってねぇ~!
すごい安易な名前になちゃったんだけど・・・・

名は体を表すって言うからねぇ~!
良かったのか悪かったのか?
微妙です。
クーピー URL 2009/03/18(Wed)18:09:12 編集
Re:名前は呪でもあるよね!
私のは果たして考えてあったのかなかったのか……どうも姉が付けたらしい(--;)
巽(たつみ)【2009/03/18 21:00】
なるほど
アタシはまたさくらさんが20歳になったときに、花を咲かせるのかと思ってました
しかし、せっかく付けてくれた名前やのになんだか寂しく思うなぁ
なっち 2009/03/18(Wed)21:36:41 編集
Re:なるほど
花を咲かせるにも色々ありますが、いい意味で花咲かせたいものですな(^^;)
巽(たつみ)【2009/03/18 22:21】
初めまして
小説読ませていただきました。
とても面白かったです。

私もHPで小説を書いています。
そこで、相互リンクをお願いできないでしょうか?
しょう URL 2009/03/19(Thu)19:19:07 編集
Re:初めまして
初めまして(^-^)
ご訪問有難うございます。
うちはミステリーや怖い話、奇妙な話メインでして、ラノベ系は余り解りませんが、それでもよければ、宜しくお願い致しますm(_ _)m
巽(たつみ)【2009/03/19 21:49】
名前!
名前って大事ですよねえ
リリアン・J・ブラウンの小説では
猫の名前を変えたら性格変わってイイ子になった
なんてのがあったな

名付けたら呼んであげなきゃね!!!
つきみぃ URL 2009/03/19(Thu)22:25:06 編集
Re:名前!
うんうん、名前は大事ですよね。
ブラウン……ココシリーズかにゃ?
巽(たつみ)【2009/03/19 23:24】
無題
こちらこそ、よろしくおねがいします!
しょう URL 2009/03/21(Sat)13:45:58 編集
Re:無題
はい、宜しくお願いします(^^)
巽(たつみ)【2009/03/21 21:42】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア
プロフィール
HN:
巽(たつみ)
性別:
女性
自己紹介:
 読むのと書くのが趣味のインドア派です(^^)
 お気軽に感想orツッコミ下さると嬉しいです。
 勿論、荒らしはダメですよー?
 それと当方と関連性の無い商売目的のコメント等は、削除対象とさせて頂きます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村参加中。面白いと思って下さったらお願いします♪
最新CM
☆紙とペンマーク付きは返コメ済みです☆
[06/28 銀河径一郎]
[01/21 銀河径一郎]
[12/16 つきみぃ]
[11/08 afool]
[10/11 銀河径一郎]
☆有難うございました☆
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
(06/01)
(05/03)
(04/01)
(03/01)
(02/01)
アーカイブ
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
メールフォーム
何と無く、付けてみる
フリーエリア
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]