忍者ブログ
〈2007年9月16日開設〉 これ迄の小説等、纏めてみたいかと思います。主にミステリー系です。 尚、文責・著作権は、巽にあります。無断転載等はお断り致します(する程のものも無いですが)。 絵師様が描いて下さった絵に関しましても、著作権はそれぞれの絵師様に帰属します。無断転載は禁止です。
Admin Link

 一緒に帰ろ 一緒に帰ろ
 一人は危ない 一緒に帰ろ

 節を付けて歌う様にそう言い、道の先に佇む女の子は僕をこう呼んだ。
「かおるちゃん」

 転校して来たばかりの小学校の帰り道。今時こんな所があるんだと感心する程の、竹林に囲まれた細い道。丸で周囲を囲む竹の様に真っ直ぐで、見通しはいいんだけど、時折風に揺らぐ枝葉がざわざわと音を立てるだけで、車の音はしない。多分、入っても来られないんだろう。都会育ちの僕にはちょっと、寂しくて怖い。
 未だ一緒に帰る程親しい友達も居なくて、ちょっと早足で通り抜けようとしていた時に、その女の子は突然、道の先に現れたのだった。見た所僕と同じ、小学校三年生位。
 そして明らかに僕に呼び掛けた。

 一緒に帰ろ 一緒に帰ろ
 一人は危ない 一緒に帰ろ

 でも、と僕は頭を振った。
「僕は『かおる』なんて名前じゃないよ。人違いしてるんじゃないの?」
 僕の名前は二宮陽太。新しい学校でもちゃんと自己紹介したよ? 尤も、この女の子を学校で見た覚えはない。
 だけど、女の子は聞いているのかいないのか、やっぱりさっきの節を繰り返す。
 一緒に帰ろう、かおるちゃん、と。
「だから、かおるちゃんじゃないってば」何となくその様子に不審なものを感じ、声に焦りが出る。「君、誰?」
 答えはない。
 やっぱり僕を見詰めて、かおるちゃん、と呼び掛ける。
 僕は気味悪くなって、思わず後退りした。女の子は僕を見ている――けれど、本当に僕を見ているのか? 何か、違うものを見ているのじゃないか?
 この脇道も無い竹林に囲まれた一本道で。

 と――。
「何してるの?」
「うわぁ!」
 背後から声を掛けられて、思わず僕は飛び上がった。相手も僕の驚き様に吃驚して、きゃっ、とか声を上げている。それでも直ぐに微苦笑を浮かべて、驚かせてごめんと、彼女は言った。
 彼女――確か同じクラスの……。
「山下さん」僕は肩の力を抜いた。「こっちこそごめん。山下さんもこっちなんだ?」
「うん。それより、どうしたの? 道の真ん中で一人でぼうっと突っ立って」
 一人? 彼女の言葉に、僕は首を傾げてしまう。さっきも言った様にこの道は真っ直ぐで見通しはいい。やや距離はあっても、僕の前に立つ女の子が見えない訳はないのに。
 そう思いながら振り返った道の先に、しかしさっきの女の子の姿は無かった。
 狐に摘まれた気分で、僕は目を丸くした。真っ直ぐの道の先は未だ続いている。このやり取りの間に駆け抜けてしまったと言うのだろうか?
「どうしたの?」訝しげな顔をする山下さんに、僕は先程の事を話して聞かせた。

「ああ、その子」一通り話を聞き終えて、山下さんは事も無げにそう言った。
「知ってるの? やっぱりうちの学校の子?」
「相手しちゃ駄目よ。もう、死んでるから」
 え……?
 茫然とする僕に、彼女はかつてこの道であった事を話してくれた。
「昔、うちの学校にとっても仲のいい女の子と男の子――かおる君って子が居たんですって。二人はいつも一緒にこの道を通って登下校していた。けれどある日、女の子が学校の用事で遅くなって、かおる君一人で帰ったの。そして……この道に入る所迄は近所の人に目撃されていたそうよ。だけど、その先を見た人は居ないの。行方不明になっちゃったのよ」
 ざわざわ……葉擦れの音だけが響く道の真ん中で、僕は周囲を見回した。視界の殆どを占める竹林。上を見ても真っ直ぐ伸びたそれらが押し被さってくる様で、不安を煽る。
「この辺りの竹林を中心にかなりの捜索がされたんだけど、結局かおる君は竹林の奥深くで、遺体で見付かったそうよ。何でもちょっとした洞窟があって、その中に居る時にそれが崩れたらしいって。女の子にさえ秘密の場所だったみたいで、中には彼の宝物や、彫り掛けの木のブローチがあったそうよ――もしかしたら、女の子へのプレゼントを、こっそり作っていたのかもね」
 そうか、だから仲のいい女の子を待つ事もせずに、先に学校を出たんだ。
 でも、それはもう三十年も前の話、と彼女は言った。
「女の子はそれでも登下校の度にこの竹林で彼の姿を捜して……。心配した親御さんがこの街から離れた方がいいだろうって、転校させたんだけど、その先で病気で亡くなったそうよ」
 それ以来、この道では一人で帰る子供が居ると、時折ああして現れるのだそうだ。
「一緒に帰ろう……って、一緒に行ったら、どうなるの?」
「……消えちゃうって言われてるわ。幸い、私の知っている限りでは誰も付いて行った人は居ないけれど」
 ごくり、と僕は息を飲んだ。
「だから」山下さんはふと、僕を見て微笑んだ。「一緒に帰ろう?」

 以来、僕はこの道を一人では通らないようにしている。

                      ―了―
 


 どっちと一緒に帰るかは貴方次第!?(^^;)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
どっちかといえば
やっぱり生きている人と
一緒に帰りたいです♪
つきみぃ URL 2009/12/13(Sun)23:15:42 編集
Re:どっちかといえば
そりゃそうですな(笑)
巽(たつみ)【2009/12/14 21:35】
こんばんは
『貴方次第』って可笑しい事書くね~
勿論、生きてる方が良いよ。


『ざわざわ……外れの音だけが響く道の真ん中で』の文章の所。
外れの音って、葉が摺れる??
冬猫 2009/12/14(Mon)01:35:49 編集
Re:こんばんは
はわわ(^^;)
はずれだけど当たり(笑)
巽(たつみ)【2009/12/14 21:39】
こんにちは
↑あぁ、葉擦れの音なんだ。納得。(笑)

身を案じて現れる幽霊なら、付いていっても大丈夫そうな気もするけどな。

でも、そんな事件があったら、竹林が大規模に伐採されそうなもんだが。

今時の親なんて、自分の子供のことしか考えてないしなぁ。(笑)

GPS携帯持たすとか、一緒だと思うけど。
常に肌身離さず持っていられるなら兎も角、却って、下手に安心して、事件に巻き込まれかねない。
afool 2009/12/14(Mon)13:47:56 編集
Re:こんにちは
自然環境より子供! とか(^^;)
そしてそのつけがいつか子供達に回って来るのです(笑)
巽(たつみ)【2009/12/14 21:40】
無題
竹林って独特の雰囲気がありますね!
訳のわからないことを言われたら、走って逃げようっと(笑)

銀河径一郎 2009/12/15(Tue)01:05:00 編集
Re:無題
訳の解らない夜霧が居たら、即行で逃げて下さいね!(笑)
巽(たつみ)【2009/12/15 21:32】
こんにちは♪
ひゃ~回れ右して走って逃げ出します!
竹薮って夏は涼しくて良いけどねぇ~!
ちょっと薄気味悪い感じもあるかなぁ?
クーピー URL 2009/12/15(Tue)13:22:08 編集
Re:こんにちは♪
頭上迄ず~っと、視界が塞がれますからねぇ。
景色としては清々しくていいんだけど、時に……☆
巽(たつみ)【2009/12/15 21:38】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア
プロフィール
HN:
巽(たつみ)
性別:
女性
自己紹介:
 読むのと書くのが趣味のインドア派です(^^)
 お気軽に感想orツッコミ下さると嬉しいです。
 勿論、荒らしはダメですよー?
 それと当方と関連性の無い商売目的のコメント等は、削除対象とさせて頂きます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村参加中。面白いと思って下さったらお願いします♪
最新CM
☆紙とペンマーク付きは返コメ済みです☆
[06/28 銀河径一郎]
[01/21 銀河径一郎]
[12/16 つきみぃ]
[11/08 afool]
[10/11 銀河径一郎]
☆有難うございました☆
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
(11/01)
(10/03)
(09/01)
(08/03)
(07/01)
アーカイブ
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
メールフォーム
何と無く、付けてみる
フリーエリア
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]