忍者ブログ
〈2007年9月16日開設〉 これ迄の小説等、纏めてみたいかと思います。主にミステリー系です。 尚、文責・著作権は、巽にあります。無断転載等はお断り致します(する程のものも無いですが)。 絵師様が描いて下さった絵に関しましても、著作権はそれぞれの絵師様に帰属します。無断転載は禁止です。
Admin Link
「昨日捕えた罪人、もう固定したの?」
「いや、未だです。それで確かめる作業もちゃんと出来ないんで奴の証言と死因との照らし合わせみたいな実質的な事は――研究が済む迄後回しで――しなかったよ……いえ、しませんでした」
 やや灰色を帯びた白く長い廊下。それぞれ腕にファイルを抱えた男女は無表情に会話を交わしていた。
「そう」一つ頷いて、女は言った。「面倒ね。また例の治療法の被害者を騙っているだけかも知れないし」
「まぁ、それがばれたら、尚罪が重くなるんですから。兎に角、こっちは情報を集めて、事実を詰めて置くだけです。何にしろ、犯罪を犯した人格が特定、そして固定されれば直接的な取調べも進められますよ、課長」
「そうね。けど、本当、面倒な時代になったものだわ」
 本当に面倒なのはこっちの方だよ――やはり無表情に白い廊下を進みながら、男は内心、嘆息していた――「公私の区別を判然とさせるべし」なんて条例、考案したのは誰だよ?

 少し前の時代、この国はそれなりに裕福で、それなりに社会生活も巧く運んでいた。
 ところがどうも、犯罪が減らない。衣食住足りて、未だ礼節が足りない。
 人々はその原因を精神的なものに求めた。恵まれ過ぎていて、公私の区別も付かない幼稚な心が犯罪を生むのだと。
 それに折悪しくと言うべきか、政治家お得意の問題発言も度重なった。これもやはり公私の区別が付かないからだと、叩かれた。
 公の場には公の場に相応しい、私的な場にはやはりそれに相応しい服装、立ち居振る舞いがある。そして公の立場にはそれに相応の責任が付いて回る――その重さを再確認せよ、との風潮が高まった。
 その結果、先の条例が生まれたのだが……。
 そう言われて治る様ならそもそも最初からそうしている。一部を除いて、自分の人生を棒に振ると知りながら、好き好んで犯罪を犯したり、失言を犯したりはしないだろう。
 だが、そうした自分の振る舞いに責任や自信を持てない者が溢れ、それらを対象とした治療法と称して人格分裂法が生み出された。「公」と「私」それぞれの場面において相応しい自分が演じ分けられるよう、人格そのものを分けてしまおうとしたのだ。
 結果、友人達との語らいの場ではユーモアを解しながらも、公の場では決して浮ついた失言をしない政治家や、各種ハラスメント行為に陥らない上司や教師等が生まれたが――残念なのは、人間の心がそう完全に割ってしまえるようなものではなかったという事だろう。
 公私、二分する心算が多重人格となった者、あるいは本来そうあるべき場面とは違う人格が顔を出すようになった者、様々な問題が頻出し、人格分裂法は禁止された。

 だが、既にその治療を受けてしまった者の人格は元には戻らず、入れ替わり立ち代り「本人」を演じては、時折、犯罪に手を染める者も現れた。
 捕えてみてもそれらの証言は人格によりまちまちで、そもそもの犯罪を犯した人格が取り調べには現れない事もあった。そこで政府の研究施設では、その人格を表出、固定させる研究をしているのだが、その成果もやはり、まちまちだった。
 何が引き金になるのか、あっさりと固定され、罪を認める者も居る。あるいは何年も掛かって、未だに研究施設から戻って来ない者も居る。その違いもやはり、研究対象ではあった。

 結局公私の区別なんて、心のあり様を「治療法」という外部の力に頼ったのが間違いだったのだ――男は上司の後姿を追いながら、思う――心なんて自分以外の誰に、どう出来るって言うんだ?
「俺は俺の理性で、区別を付け続けてみせる」ぽつり、呟いた。
「ん? 何か言った?」
 振り返り、首を傾げる女に彼は言った。
「いえ、何でもありません。課長」
 職場では決して、彼女を上司ではなく妻とは呼べないのは、少し寂しいが。

                      ―了―
 失言注意~( ̄ー ̄)

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
こんばんわ~
私の中にも何人もの人格がいるのかな~。
…でもいないほうがいいな^^;
私の様にめんどくさい人間は一人で十分です・笑
ふわりぃ URL 2010/06/12(Sat)00:41:30 編集
Re:こんばんわ~
くっきり分けられない迄も、一人の人間の中には色んな思いが潜んでますよね~。
普段、品行方正な人間の中にも悪心が、柄の悪い人間の中にも優しさが……多分。
巽(たつみ)【2010/06/12 21:53】
こんばんは(^^)
多重人格しかも…人為的な??
そんなのヤダ(__;)

こんな未来は来ない!と
完全否定できないのがまたコワいw
つきみぃ URL 2010/06/12(Sat)23:07:25 編集
Re:こんばんは(^^)
日常のシーン毎にすっぱり切り替えられたら、楽かなって時もあるけど、やっぱりちょっとねぇ……(^^;)
巽(たつみ)【2010/06/13 22:20】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア
プロフィール
HN:
巽(たつみ)
性別:
女性
自己紹介:
 読むのと書くのが趣味のインドア派です(^^)
 お気軽に感想orツッコミ下さると嬉しいです。
 勿論、荒らしはダメですよー?
 それと当方と関連性の無い商売目的のコメント等は、削除対象とさせて頂きます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村参加中。面白いと思って下さったらお願いします♪
最新CM
☆紙とペンマーク付きは返コメ済みです☆
[06/28 銀河径一郎]
[01/21 銀河径一郎]
[12/16 つきみぃ]
[11/08 afool]
[10/11 銀河径一郎]
☆有難うございました☆
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
(06/01)
(05/03)
(04/01)
(03/01)
(02/01)
アーカイブ
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
メールフォーム
何と無く、付けてみる
フリーエリア
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]