忍者ブログ
〈2007年9月16日開設〉 これ迄の小説等、纏めてみたいかと思います。主にミステリー系です。 尚、文責・著作権は、巽にあります。無断転載等はお断り致します(する程のものも無いですが)。 絵師様が描いて下さった絵に関しましても、著作権はそれぞれの絵師様に帰属します。無断転載は禁止です。
Admin Link
 また始まった――びくりと肩を震わせて、悦子は押し入れを振り返った。
 ここ数日、夜になると微かな、しかし伸びやかなお囃子の音が聞こえる。太鼓、大鼓、小鼓、笛、謡、その五種の音色が調和し、明るい曲を奏でる。
 無論、悦子にしてみればそれは楽しめる類のものではなかったが。

 亡くなった祖母が住まいとしていた離れを、高校に入った去年の春、勉強部屋として貰った。母屋からも適度に離れ、勉強をするにも趣味の音楽を聴くにも最適の環境だったが、年を越し、二月も終盤に入ってから、奇妙な事が起こり始めた。
 例のお囃子が聞こえ始めたのだ。
 押し入れには祖母の物も残されていた。音が流れ始めた日、悦子は訝しみながらも押し入れを調べてみた。奥の方に、祖母の嫁入り道具らしき行李や、木目も美しい桐の箱があるのが見えた。よく聞けば、その桐箱から音は流れてくる様だった。
 何だろう、と悦子はそれを開けてみる事にした。怖いという感覚はその時は無かった。こんな所に自動で演奏される音響機器があるとも思えなかったが、それだけに先ずは好奇心の方が勝っていた。
 頑丈な留め金を外し、開けてみた箱の中には更に細かい桐箱が幾つも納められていた。音がやや大きくなる。その内の幾つかから、音はする様だった。取り敢えずその箱を避け、音のしない箱を開けてみる。と、そこには台を捧げ持って座った女官の人形。顔には眉が無くお歯黒に描かれている事から、三人官女の中央座りだと、後で調べて悦子は知った。
 詰まり、此処にしまわれているのは雛人形――という事は……悦子は音の流れる箱をそっと手に取った。ゆっくりと開け、隙間から覗き込む様にすると、ぴたりと音が止んだ。それに連れて、ほかの笛太鼓も演奏を止める。
 そのタイミングが、生あるものの様で悦子は薄気味悪さを感じる。
 それでもそっと五人囃子の一体を取り出し、仕掛けが無いかを確かめた。
 しかし見る限り、何のからくりも発見されなかった。
 ここに至って、初めて悦子は恐怖を感じた。動く筈のない人形が動き、楽曲を奏でたと言うのか? そんな馬鹿な!
 気味が悪くなった悦子は人形を元通りにしまい、押し入れをぴしゃりと閉じた。

 しかし翌日も、また翌日も、音は流れ続けた。
 彼女は徐々に、勉強部屋から離れるようになった。家族は「もしかの話」として彼女が語った怪異を、鼻で笑った。どうせそうだと予想していた悦子には、大したショックはなかったが。
 それでも偶に戻ると、やはりあの曲が聞こえるのだった。

 三月に入って、悦子は母にそれとなく尋ねた。
「この間勉強部屋の片付けをしていて雛人形の入った箱を見つけたんだけど……あれ、お祖母ちゃんの?」
 母は暫し考えた後、ああ、と首を縦に振った。
「義母さんの嫁入り道具だったそうよ。生憎、余りに立派過ぎて飾る場所が無くて……押し入れにしまいっ放しになってた筈だけど。義母さんは時々虫干しして、大事にしてたわねぇ」懐かしげに目を細める。祖母は人柄のいい人で、嫁をも娘の様に扱っていた。「悦子が生まれた時、出そうかって言ってくれたんだけど、やっぱり狭いからって団地サイズのを買ったのよね。ちょっと勿体なかったかしらね」
「……あのね、この間の『もしかの話』なんだけど、その雛人形の事だって言っても、やっぱり信じない?」
 母はじっと、悦子の顔を見つめた。
「出たいんじゃないかなって、思うんだ。飾って欲しいんじゃないかって。お祖母ちゃんが生きてた頃からそうだったのかは解らないけど、やっぱり、お人形だし、見て貰いたいんじゃないかな?」
 母は柔らかく微笑み、頷いた。

 三月二日、父親の休みをいい事に、悦子達は例の離れに雛壇を設置した。勉強部屋一杯になったが、それでも構わない、と悦子は笑った。
 雛人形はなかなかに上質の品で、更に祖母の手入れも良かったらしい。
 白い顔に朱を引いたお雛様は美しく、心なしか嬉しげに見えた。
 そしてお囃子の音は、その晩からぴたりと止まった。
 母は祖母の遺影を持ってきて、雛壇が見渡せる位置に置いた。
「生前に飾って上げたかったね」母は言って、僅かに瞳を湿らせた。

 四日には慣例に従ってしまい込まれたが、それ以来、怪異もなく、悦子は勉強に趣味に、離れを使い続けたのだった。

 来年からは忘れないようにしよう――特に再来年は、と悦子は思った。受験シーズンにまた鳴り出しては堪らないではないか。

                      ―了―

 あんま怖くないな~☆

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
こんばんわ★
あれ?
書きかけ?
携帯からなんだけど、続きが見れない(T_T)
家に帰ったら再確認してみます~。
モアイネコ 2008/03/03(Mon)21:53:34 編集
Re:こんばんわ★
はわ? 私の携帯からは読めるんだけど……。
いっぺん書き掛けて乗らなくて、場所を変えて携帯から投稿して、またPCで編集したからかな? モブログその儘だと字がちっちゃいんですよね(-o-;)
巽(たつみ)【2008/03/03 22:04】
またまたこんばんわ★
ちゃんと見れました!
なんでさっきはダメだったのかな?
お雛様らしい、いいお話にまとまってますね♪
おばあちゃんも人形も、きっと満足してますね(^_^)
モアイネコ 2008/03/03(Mon)22:07:58 編集
Re:またまたこんばんわ★
編集→公開にした時に「つづきをよむ」が[]こんなんなってたからその所為かな? 直ぐに直したけど、タイミングが悪かったのね(汗)
今は住宅事情で立派な雛壇は出し難いですからねぇ。こういうお雛様も結構、あるかも?
巽(たつみ)【2008/03/03 22:42】
無題
こんばんわ(^o^)丿
勝手に演奏始める五人囃子なんて、
絶対に嫌~!!
ただそこにあって、白い顔してこっちみてるだけでも落ち着かないのに(^_^;)
よく、CMとかで顔が命のなんとかとかって
いってますが、今まで「可愛い」って思うような
雛人形見たことがないです。しかも値段が高かったり、歴史があって価値があるらしいものほど
可愛くない~!!ケーキに乗ってるやつは可愛いけど☆
moon URL 2008/03/03(Mon)22:10:13 編集
Re:無題
確かに! 雛人形って「可愛い」とは違いますよね。白いし、表情もどこか曖昧だし……。
昔の雛人形ともなるとやっぱり剥がれてる所があったり、着物も色褪せてたり、何より、何か籠もってそうで!
巽(たつみ)【2008/03/03 22:45】
無題
どもども!
これは怖いってよりも、ほのぼのとしていいっすよ
ってか、巽さんのはメチャメチャ怖いって訳じゃないから…ホラー物が苦手な私でも読めるぐらいだしね(笑)
猫バカ1番 URL 2008/03/03(Mon)22:11:26 編集
Re:無題
有難うございます(^^)
一応怖い話を目指しつつも……寧ろ人間の犯罪者キャラの方が怖くなる(--;)
お雛様だって年に一回位出たいよね♪
巽(たつみ)【2008/03/03 22:48】
ごめんなさい(>_<)
せっかく巽さんが、ひな祭りのきれいなお話を書いたのに、変なコメント入れちゃってごめんなさい_(._.)_
いつもpass入れてないから編集もできなくって。。。
雛人形に、トラウマがあって、つい拒絶反応を起こしてしまいました。すみません。
moon URL 2008/03/03(Mon)22:41:18 編集
Re:ごめんなさい(>_<)
いえいえ、雛人形って好きな人は好きかも知れないけど、苦手な人は結構居ると思うの。私も微妙(--;)
人形寺の映像なんか見ると、境内にずらりと並んでいてかなり不気味……。
やっぱりあののっぺりとした白い顔が~(>_<)
巽(たつみ)【2008/03/03 22:57】
こんばんは
今日はお雛様だから、最初の数行を読んだだけで話が読めちゃった。
演奏止んでくれて良かったよね。
飾っても鳴り続けてたら、恐怖だろうなぁ。^^;
afool URL 2008/03/03(Mon)23:37:32 編集
Re:こんばんは
お雛祭だからね~。
こないだぴぴさんとこでも言ってたし(笑)
いまいちノリが悪かった……(--;)
巽(たつみ)【2008/03/04 00:18】
お雛様
うう…来年は飾ります~
少し家のお雛様に罪悪感です。。

おばあさんも嬉しいだろうね。やっぱり伝統は大事にしないといけないね…。←お前が言うなってf^_^;
冬猫 2008/03/03(Mon)23:55:08 編集
Re:お雛様
飾ってないのね~。姐さん。
うちはそれ以前に無かったりするんだけど(笑)
上に姉も居るのになぁ。まぁ、別に欲しがらなかった辺り、子供の頃から既に性格が女らしさに欠ける?(爆)
巽(たつみ)【2008/03/04 00:22】
こんばんは
怖くなくていいですよ優しいお話でいいじゃないですか
なっち 2008/03/03(Mon)23:58:50 編集
Re:こんばんは
ありがとー♪
いっそコメディに持って行こうかという気もしたけど、クリス君には負けるから止めた(笑)
巽(たつみ)【2008/03/04 00:24】
こんばんは♪
おぉ!雛祭らしいお話♪
1年に一度は飾ってあげないと雛人形が泣くと聞いて、ちょっとゾッ!として雛人形は苦手になってしまったんだけど、このお話はほのぼのした感じがあって良いね!

巽さんの人柄だと思うけれど、お姑さんとお嫁さんが共に優しい人達でジワ~と心にしみるネ♪
クーピー URL 2008/03/04(Tue)00:05:43 編集
Re:こんばんは♪
有難うございます(^^)
雛人形、やっぱり何か籠もりそうで、苦手な人も多いですよね。年に一度飾って上げないと……しくしくとすすり泣かれるよりはお囃子の方がいい!?
巽(たつみ)【2008/03/04 00:27】
無題
いい話でした☆
いつか、きちんと飾られる日を夢見て、練習してたのね~とか思ったり(^^)

我が家は3姉妹ですが、やはりお雛様はありません。母方の祖母はもたせようとしたそうだけど、場所がないしいいわ、と母が断ったらしいです。
子供の頃は、なんで断るの!って思ってましたが、うちの人間はみんな片付けが苦手なんで、今はなくてよかったと思います(苦笑)
あすか 2008/03/04(Tue)12:25:01 編集
Re:無題
か、片付けですか(^^;)
確かに細かい飾り物もあるし、お手入れにも気を遣いますよね、あると。
巽(たつみ)【2008/03/04 16:44】
こんにちは
私の実家にも、母親が嫁入りに持参した雛壇の雛かざりがありました。子どもの頃は出してましたよ、毎年。あまり思い出したくない記憶の多い中で、数少ない楽しいものです。
京都は、向かって左にお雛さま、右にお内裏さま、という配置なんで、某所でもカキコしましたが関東風と京風が並んでると、どっちがどっちだかわからなくなってきます。

…沢口靖子サンの、埃被って壊れたお雛さんのCMを思い出した人、多分いっぱいいると思う(笑)
みけねこ URL 2008/03/04(Tue)13:42:13 編集
Re:こんにちは
そう言えばお雛様も京風、関東風で違いがあるんですねぇ。年代によっても。
沢口靖子サン(笑)
ありましたね~^^
お雛様はちゃんと仕舞いましょう♪
巽(たつみ)【2008/03/04 16:54】
おひなさま~
お雛様も出して欲しいんですね。
実家のは出したのかな…?
ってか、雛人形から歯が生えたような
気がするんですよね…。
ふわりぃ URL 2008/03/04(Tue)19:31:47 編集
Re:おひなさま~
雛人形から歯っ!?
な、何かお写真が見たい様な……不思議現象?^^;
巽(たつみ)【2008/03/04 20:33】
書いてくれたのね~^^
お雛様のお話^^ うん!私の想いと同じだわ~
怖くないけど、良い感じ♪
今ね、パソコンの横に・・・貝雛が・・・(>_<)
仕舞い忘れてるぅ~~@@ 
ぴぴ 2008/03/04(Tue)20:50:59 編集
Re:書いてくれたのね~^^
雛祭ですから!^^
貝雛位は大目に見て~(笑)
巽(たつみ)【2008/03/04 22:51】
こんばんは☆
ちょっと夜中にお囃子は怖いかも…。
でもウチもお雛様は何年も出してません。
わりとしっかりしたものなんだけど、なんせ出す場所がなくて;
いつかもっと片付いたら出してあげたいなぁ…。
涼長 URL 2008/03/04(Tue)23:52:24 編集
Re:こんばんは☆
立派な物程出すのに手間が掛かったり、場所が無かったりで段々出す機会が無くなってきますよね~。
勿体無い事ですね~。
巽(たつみ)【2008/03/05 00:37】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア
プロフィール
HN:
巽(たつみ)
性別:
女性
自己紹介:
 読むのと書くのが趣味のインドア派です(^^)
 お気軽に感想orツッコミ下さると嬉しいです。
 勿論、荒らしはダメですよー?
 それと当方と関連性の無い商売目的のコメント等は、削除対象とさせて頂きます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村参加中。面白いと思って下さったらお願いします♪
最新CM
☆紙とペンマーク付きは返コメ済みです☆
[06/28 銀河径一郎]
[01/21 銀河径一郎]
[12/16 つきみぃ]
[11/08 afool]
[10/11 銀河径一郎]
☆有難うございました☆
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
(06/01)
(05/03)
(04/01)
(03/01)
(02/01)
アーカイブ
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
メールフォーム
何と無く、付けてみる
フリーエリア
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]