忍者ブログ
〈2007年9月16日開設〉 これ迄の小説等、纏めてみたいかと思います。主にミステリー系です。 尚、文責・著作権は、巽にあります。無断転載等はお断り致します(する程のものも無いですが)。 絵師様が描いて下さった絵に関しましても、著作権はそれぞれの絵師様に帰属します。無断転載は禁止です。
Admin Link

 嫌いなものを描きなさい――そう言って画用紙を渡された子供達は、思い思いに自らの苦手とするものを描き始めた。

 虫、蛇、蛙……ピーマン、玉葱、グリーンピース……注射器、三叉の槍を持ったキャラクター化された虫歯菌……その他諸々。一枚の画用紙に幾つも幾つも描いている子供も居る。
 それにしても、普通は好きなものを描けと言うんじゃないのかな?――今は図工の時間中。担任教師の不審な言葉に、何人かが首を傾げていた――好きな人を描け、とか。
 まぁ、いい。好きな人だと、母親とか先生とか、子供なりに気を遣うが、嫌いなものなら思い付く儘を描けばいいのだから。
 隣を覗き込んではからかう者や、題材はどうであれ絵の出来栄えに拘る者、一つの教室の中、様々な思いが画用紙に描かれて行く。

 やがて時間の終了間際、回収された絵を眺めて、教師は言った。
「どうして皆、自分の顔を描いてるの?」
 一瞬の間があって、次々に手と声が上がった。
「違うよ、私が描いたのはそこの子供っぽい二十八番!」
「私も違う。あっちの妙に理屈っぽい三番の子」
「その……十二番です。いつも意地悪で……」
「三十番! 暗いんだもの!」
「先生、しっかり見てよ。頭の悪そうな顔、ちゃんと描けてるでしょう?」
 次々に上がる声に、教師は重い溜息をついた。予想はしていた事ではあるが……。
「はいはい、よく描けてるわ。それぞれ――同じ遺伝子を持った、他人の顔がね」

 クローンは果たして同一人物となり得るか否か――馬鹿げた実験をしたものだと、教師は上役の正気を疑った。然も、違法ではないか。
 一卵性双生児がそうである様に、同じ遺伝子という設計図を基にしようと、育てられた環境でその性格や学習に於ける習熟度は変わってくるのだ。
 只、共通するのは、同じ姿をした他人への競争意識と……その嫌な面が自分にも何処かしら備わっているのではないかという嫌悪感のみ。
 究極の同族嫌悪かも知れない。
 だからかしら?――教師は溜息をついた――幼い頃の自分そっくりのこの子達が、決して好きにはなれない……。
 母でもない、姉でもない、同一の遺伝子を持った彼女は、数十人の自分という鏡を、今日も見続けている。

 今、嫌いなものを書けという課題で彼女が描くのは、紛れもなく自分の顔だった。

                      ―了―


 ねーむーいー。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア
プロフィール
HN:
巽(たつみ)
性別:
女性
自己紹介:
 読むのと書くのが趣味のインドア派です(^^)
 お気軽に感想orツッコミ下さると嬉しいです。
 勿論、荒らしはダメですよー?
 それと当方と関連性の無い商売目的のコメント等は、削除対象とさせて頂きます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村参加中。面白いと思って下さったらお願いします♪
最新CM
☆紙とペンマーク付きは返コメ済みです☆
[06/28 銀河径一郎]
[01/21 銀河径一郎]
[12/16 つきみぃ]
[11/08 afool]
[10/11 銀河径一郎]
☆有難うございました☆
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
(12/01)
(11/01)
(10/03)
(09/01)
(08/03)
アーカイブ
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
メールフォーム
何と無く、付けてみる
フリーエリア
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]