忍者ブログ
〈2007年9月16日開設〉 これ迄の小説等、纏めてみたいかと思います。主にミステリー系です。 尚、文責・著作権は、巽にあります。無断転載等はお断り致します(する程のものも無いですが)。 絵師様が描いて下さった絵に関しましても、著作権はそれぞれの絵師様に帰属します。無断転載は禁止です。
Admin Link

 空を眺めていたら、星が流れた。
 ああ、願い事なんて突然浮かんでくるもんじゃないな――見送った後から、そんな事を考える。そもそも、それは一瞬の出来事で、どれ程短い願いでも三回唱える時間なんてありはしなかったけれど。
 願いか……。今の俺の願いは何だろう?
 人にも金にも裏切られ、悲嘆に暮れる、孤独な男の願い。
 友人に頼まれて出資したなけなしの資本金の回収? それともその金を使い果たした挙句に遁走した友人を発見して、一発殴る事? 
 それとも、楽に稼げると言う奴の話に乗せられる前の日に戻ってやり直す事?
 ああ、それが出来れば一番だ。断る事で奴とは不仲になるかも知れないが、ここ迄壊滅的になる事もなかったろう。二、三年して街でばったり出会ったら一緒に酒が呑める、そんな程度で済んだかも知れない。今会ったら、その酒瓶で殴ってしまいそうだが。
 だが、それはお星様でも無理な話だ。時間は戻らない。
 ……暗くて寒い樹海の中、大量の酒を呷って雪を被った草叢に仰臥する俺の命も、この冷え込みでは目を閉じたが最期だろう。

 酒を呷って樹海で凍死――そんな方法を選んだのは大した意味があった訳じゃない。毒物は手に入らないし、余り苦しそうな方法も嫌だと思ったからだ。こんな時迄、楽をしたいらしいな、俺は。
 しかし、お陰でこうして死を前にしながらも、街では味わえない星空を満喫出来る。昼間、雪を降らせた雲が夜には去っていてよかった。
 やがて意識もぼやけ、俺はうつらうつらし始めた。飲酒で火照っていた身体が、今度は急激に冷え始める。がちがちと、歯が鳴った。
 ぼやけ始めた視界の中、また星が流れた。
 今度は反射的に願いが幾つも浮かんだ。
 熱燗! 熱い風呂! ストーブ! 何でもいい、兎に角温まりたい!
 ……俺は自分の願いに苦笑した。それじゃ凍死出来ないじゃないか。
 結局、本当の自分の願いが解ったのは、寒さで身体が巧く動かせなくなった頃だった。もう手も口もかじかんで、携帯電話さえ使えない。そう、俺は自殺するって言うのに携帯電話を無意識に持って来ていたんだ。家族に捜索願でも出されれば、通信記録から居場所を特定され兼ねない物を持ち歩くなんて……。
 やっぱり俺の願いは……。
「生きたい」そう言った心算だったが、もう言葉になっていなかった。
 星が更にぼやけ、意識がどんどん、遠ざかっていく……。

                    * * *

 目が覚めた時、そこは暖かな白い部屋だった。
 腕に繋がれた点滴、消毒薬の臭い、枕元に垂れたコール用のボタン。
 病院だ――安堵と疑問が同時に胸中に広がる。
 やはり誰かが捜索願を出し、携帯で割り出されたのか? いや、それにしては早過ぎる気がする。こうして思考が出来る程度に脳の損傷もなく生きているという事は、然程時間が経っていなかったのではないか? 携帯の通信記録なんて、基地局とそのエリアが割り出せる程度じゃないか? その中で自殺志願者の行き先として樹海に辺りを付けたのだとしても、樹海は広い上に、俺はかなり奥迄入り込んでいた。
 首を捻っていると、病室のドアがスライドした。
 俺が目覚めているのを見て取った妻の顔は、喜びと怒りとが綯い交ぜになった、非常に複雑な表情を浮かべていた。取り敢えず、素直に怒られて置くべきだろう、と覚悟を決めていたらいきなり泣き付かれた。
 
 その後、検査と医師による診察が行われ、更に警察による聴取を受けた。
「それにしても、どうやって見付けて下さったんです?」もういいですよ、お大事にとペンをしまった警官に、俺は尋ねた。「先生の話ではもう少し遅れていたら……という事でしたが」
「それが……」警官は軽く首を捻った。「基地局の記録から、自殺の名所と呼ばれるあの樹海周辺を割り出して急行した所、樹海の入り口に男が一人立ってましてね、こっちだと言って手招くんですよ。何か知っているのかと事情を聴こうとしても、只こっちだと言って自分達の数メートル先を進むだけ。ちょっと気味が悪かったですね。それでも何か……誘われるように付いて行った先に、貴方が倒れていたという訳です」
「では、その方が恩人という事に……。是非一度お会いして、お礼を言わなくては」
「只……貴方を発見して救急に連絡を入れている僅かの間に、姿が消えてしまったんですよ。事情を聴きたく、自分達も捜索中なのですが……」
 もし見付かったら連絡を入れてくれるよう、俺は頼んだ。あわや最期の願いを叶えてくれたお星様だ。仇や疎かには出来ない。

 だが、数日後、既に退院した俺の元に入った連絡は、件の人物が例の樹海内で遺体で発見されたというものだった。然も、遺体の状況から見て、あの日以前に亡くなったものだと……。
 そして身元が判明した。
 それは、俺に損害を負わせた事を苦に思い、樹海に逃げ込んだ、あの友人だった。

                      ―了―
 


 ね、眠い……zzz

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
友人が最後の罪滅ぼし?
喜びも1掛けぐらいですかね!
銀河径一郎 2009/12/09(Wed)01:41:11 編集
Re:無題
微妙ですかね~☆
生きて償ってくれって気も……(^^;)
巽(たつみ)【2009/12/09 21:26】
おはよ~
予想通りだった~。

まぁさぁ、でも、金に困ってるヤツって、もう正常な思考無くなってるけどね。

しかし、不思議だなぁ、昨日、風呂に入りながら借金して困ってるヤツのこと思い出してたよ。

この前、自殺する夢を見た時も、記事が自殺の話だったし。
驚くわ~。(笑)
ひょっとして、私の心、読んでる?(笑)
afool 2009/12/09(Wed)11:18:59 編集
Re:おはよ~
そうそう、afoolさんの心はいいネタに……って、ちゃうわ(^^;)
う~む、予想通りか~。
別の所で驚かせてもな~(^^;)
巽(たつみ)【2009/12/09 21:37】
こんにちは♪
そぉかぁ友人の方も気にしていたんですね、
せめてもの罪滅ぼしだったのかね?

しかし、死ぬ気でいた人が助かって、死のうなんて気はサラサラなかった人がアッサリ死んでしまったりと不思議だよね!
クーピー URL 2009/12/09(Wed)13:04:51 編集
Re:こんにちは♪
死ぬ気な人というのはどこ迄が本当に死ぬ気なのか?
本人さえも解らないのではないかと。
案外悩んで悩んで……って人程、この世への執着は強いかも知れません。
巽(たつみ)【2009/12/09 21:40】
こんばんわ~
友人への最後の罪滅ぼしだったのですね。
生きるのはつらいかもしれませんが…
他の道を選んでほしかったですねぇ。
ふわりぃ URL 2009/12/09(Wed)17:29:33 編集
Re:こんばんわ~
生きて罪滅ぼし……が一番でしょうけどね~。
友人を結果的に騙して損害を負わせてしまった、という事実が重かったのでしょう。この上自殺されたら、死んでも死に切れない!?(--;)
巽(たつみ)【2009/12/09 21:42】
こんにちは♪
同じような場所で命を絶とうとかって仲良しやなww
コレで、死なれちゃったら三途の川がわたれないかもしれないものね
後が大変でしょうが…頑張ってもらいましょう・・・
生きていれば何か良いことあるさ!
つきみぃ URL 2009/12/10(Thu)15:33:53 編集
Re:こんにちは♪
そうそう、これで死なれたら友人も死んでも死に切れない(^^;)
巽(たつみ)【2009/12/10 21:13】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア
プロフィール
HN:
巽(たつみ)
性別:
女性
自己紹介:
 読むのと書くのが趣味のインドア派です(^^)
 お気軽に感想orツッコミ下さると嬉しいです。
 勿論、荒らしはダメですよー?
 それと当方と関連性の無い商売目的のコメント等は、削除対象とさせて頂きます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村参加中。面白いと思って下さったらお願いします♪
最新CM
☆紙とペンマーク付きは返コメ済みです☆
[06/28 銀河径一郎]
[01/21 銀河径一郎]
[12/16 つきみぃ]
[11/08 afool]
[10/11 銀河径一郎]
☆有難うございました☆
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
(10/03)
(09/01)
(08/03)
(07/01)
(06/01)
アーカイブ
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
メールフォーム
何と無く、付けてみる
フリーエリア
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]