忍者ブログ
〈2007年9月16日開設〉 これ迄の小説等、纏めてみたいかと思います。主にミステリー系です。 尚、文責・著作権は、巽にあります。無断転載等はお断り致します(する程のものも無いですが)。 絵師様が描いて下さった絵に関しましても、著作権はそれぞれの絵師様に帰属します。無断転載は禁止です。
Admin Link
 水底から見る月は、仄かに白くて、妙に平板で、波に連れてゆらゆらとたゆとう様(さま)は、のっぺらぼうの百面相の如く、何かしら可笑(おか)しかった。

 でも、私は笑えない。
 さりとて泣けもしない。こんな冷たい湖中に打ち捨てられたと言うのに。
 それは私が人形だから。
 人に似せて作られながら、人でなく。
 物として作られながら、人は只の物以上の愛情を注ぐ――それ故に、心など持ってしまったのだろうか? 私は。
 それ以上でもそれ以下でもない「物」であれば、この湖水の冷たさも、その中に私を投じた人の冷たさも知る事無く、沈んでいたでしょうに。
 口惜しや……。

 七つの祝いの品として、私は彼女の祖父母から贈られた――尤もその当時は形作られたばかりの事、私は只の「物」だった。これらの事が解ったのは、彼女が自らに姿のよく似た私を可愛がり、言葉は通じぬと知りながらも私を話し相手としていたから。
 背を覆う艶やかな黒髪を梳(くしけず)り、赤を基調とした手鞠の模様の着物を整え、白い顔を向き合わせ、姉妹の如く語らう。勿論、会話は彼女の一人芝居だったけれど。
 そうする内に、いつしか私は心を備えるに至り、彼女の名が「ゆり」といい、私を「つばき」と呼んでいた事。早くに両親を亡くし、私を与えた母方の祖父母に育てられた事等を知った。父方は次男の忘れ形見を、跡取りである長男家族が居るからと引き取らず、時折、僅かばかりの金を送るのみ。
 それでも三人と私は何不自由無く、何の患いも無く暮らしていた。

 ところが、ゆりが美しい娘に成長し、私が共に遊ぶ相手を離れ、箪笥の上より彼女を見守る事多くなった頃だったろうか。運悪き事に伯父夫婦の一人息子が身罷(みまか)った。ゆりよりも一つ、二つ年嵩だったが、流行り病をこじらせ、熱に浮かされながら死の床についたと聞き及んだ。
 問題だったのは、伯父夫婦に他に子供が無く、そして歳を重ねている事だった。
 跡取りを求め、ゆりを養子に――そんな勝手な話が舞い込んだのは風花舞う季節だったろうか。
 一度はその申し出を言下に断ったものの、元より父方の家は地方の名士。これ迄ゆりを引き取らなかったのも、父に逆らって嫁を得た次男への蟠(わだかま)りもあったのだろう。だが、その確執よりも、彼等は血と名の絶えるのを恐れた。脅し紛いの懇願に、ゆりは祖父母――彼女の想う祖父母は母方のみだ――の身を案じ、自ら家を移る事を申し出た。
『つばきを私の代わりと思って……』涙伝う頬で笑みを作り、ゆりは祖父母に言った。『つばき。二人を見守って上げて……』
 それが最初で最後の、ゆりとの約定だった。

 ああ、なのに……!
 呪われてでもいるのだろうか? あの家は。
 ゆりが従兄と同じ病を得て、死んだ――こんな報せを聞く事になるなら、意識持たぬ物の儘でいたかった!
 そして私、つばきは……今生でゆりを完全に失った老夫婦が、失意の内に弱り行く様を、只見届ける事しか出来なかった。
 見守るなどと、おこがましい……! 
 自嘲の想いに心は震えても、この腕一本、上がりはしないのに! 慰めの言葉一つ、掛けられもしないのに!
 自ら、壊れる事さえ出来ず、二人の死を見送った私は無人の家にぽつり、取り残された。

 それからどれだけ経ったろう?
 跡取りも無く、朽ち果てた家に興味本位で入り込んだ若者達に、私は拾い上げられた。酒気を帯びた、甲高く品の無い声で笑いながら、彼等は「戦利品」と称して私を持ち出し――山を一つ越えて、酔いも醒めたのだろうか。気味が悪い、と言って私をこの湖に……。

 口惜しや……。
 いつも私に出来るのは、見る事だけ。あの届かぬ月も同じ……。
 と――思わず伸ばした手が、少しだけ、動いた。
 真逆、波の揺らぎの所為……いや……確かに、動いた。
 何故、今頃になって――水面の月が滲む。これも波の所為ではなくて、この眼から……? ああ、それならどうしてもっと早く……! せめてあの二人が生きている内に、彼等と共に涙したかったものを。
 口惜しや、口惜しや……。
 でも――足も動く事を確認して、私は波に揺られながらも身を起こした――せめてあの家に帰り、見守ろう。もう誰も居ないけれど、これ以上思い出が荒らされないように。
 けれども、その前に……ゆりを奪ったあの家。老夫婦と長男夫婦はもう身罷ったのだろうか? もし……もし未だ生き長らえていたら……。
 紅の褪せた唇の端を上げ、私は天空に浮かぶ満月を見上げて、笑った。

                      ―了―

 はい、人形物です。今回は日本人形ですね(^^)
 時代的にはちょっと昔ですね。家に拘ってたりする辺り。
 意識だけあってどうにも出来ないというのは、かなり哀しい状況ではないかと思う。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
こんばんは♪
ふ~む!恐くなるのは、これから先だネ!
人形のお話は不気味なものが多いけど、これは切ないねぇ~!人形の側に立ってみたら、なるほど切なさ、哀しさ、いかばかり!ってよく分かりました!

出だしが妖しかったので、てっきりドロドロか!
と思ってしまったけど美しくも哀しいお話だったねぇ・・・・・
クーピー URL 2008/02/12(Tue)23:34:33 編集
Re:こんばんは♪
何気に一行目を書いてみたら、これは幽霊か人形か……。よし、人形で行こう、と。そしたら路線が決定しました(^^)
魂の宿った人形だからこその悲哀、という奴で。
巽(たつみ)【2008/02/13 00:45】
わっ!
巽さんってさ………人形好きだよね…………。
怖いって~~~(泣)
なら、読まなきゃいいって?
読んでしまうのよね~~~。
ああ、どこかの家政婦みたく物陰から覗く人形のイメージが頭から離れないよぅ(/_;)
冬猫 2008/02/12(Tue)23:41:03 編集
Re:わっ!
人形、特に好きではないけどね(苦笑)
寧ろ、やっぱり怖い感じがするから使っちゃう(笑)
巽(たつみ)【2008/02/13 00:48】
こんばんわー
すごく続きが気になりますねー、この話!

日本人形はどうも苦手ですね・・・どこかのアンティークドールよりかはマシなのですが。
もしや、これからアカシックレコードに接続してキーを手にしアリスに・・・!
なるわけないですよね、すいません・・・^^;
しかしドールという物言わぬヒトカタは比喩に使い易いですよね。
らすねる URL 2008/02/12(Tue)23:46:46 編集
Re:こんばんわー
ありすだとやっぱり(モデルがあるとすれば)西洋人形だと思う(^^)
人形は色々籠め易くて楽しいですね♪
Chainの人形も増えましたね~♪
巽(たつみ)【2008/02/13 00:52】
無題
怖いです。
怖い~。
でもやましいところが何もなければ恐れることないんですよね。
でもやっぱり怖いや。
七花 2008/02/12(Tue)23:48:06 編集
Re:無題
つばきは標的を定めているタイプなので、元の家を荒らす様な事をしなければ、無害です(^^)
しかし、廃墟にぽつりと日本人形……それだけで充分不気味かも。
巽(たつみ)【2008/02/13 00:55】
日本人形は
コワいよ。髪伸びるし…

付喪神の傑作だよね。人形は。
この後、続くのでしょうか??
つきみぃ URL 2008/02/13(Wed)00:01:20 編集
Re:日本人形は
家が廃墟になる程の時間が経過しているので、多分跡取りの無い父方の家も……。
見届けてから三人と暮らした家に帰るんでしょうね。つばき。
巽(たつみ)【2008/02/13 00:57】
無題
どもども!
人形物って、形を人間に似せてるせいか恐怖も倍増っすよね
動く事のない人形が、湖の底から這い上がってくるなんて…想像しただけで寒気がしてきましたよ。。。
猫バカ1番 URL 2008/02/13(Wed)00:13:40 編集
Re:無題
やっぱり人型なのがね~。
人型でありながら動く筈の無い物。それが動くから、怖い。
でも、つばきをここ迄追い込んだ人間達も、それなりに怖い。
巽(たつみ)【2008/02/13 01:00】
無題
こんばんわ(^o^)丿
つばきさんの語り口が美しくって
悲しい音楽のようでした。
でも、このお話、映像で見てたら速効チャンネル買えちゃいますね(>_<)
西洋人形は普通に怖いけど、
日本人形はすごく怖い・・・
moon URL 2008/02/13(Wed)05:34:18 編集
Re:無題
有難うございます。
日本人形はあの雰囲気がね……(^^;)
つばきの視点からなので当の人形は余り出てないけれど、映像だとやっぱりそこから映っていく訳で……。
波間にたゆとう長い黒髪。長の年月の間に薄汚れながらも、白い顔には未だ消えやらぬ唇の紅……。それが水中に沈んでるとやっぱり何かしら物悲しくも、怖いかも。
巽(たつみ)【2008/02/13 13:44】
こんにちは
はい、告白します。
実は、最初七つの祝いを七つの呪いと読んでしまった為、全く意味が分からず、ちんぷんかんぷん。
丹念に読み直して漸く分かった。^^;

そのせいで見つけてしまったのだ、伯父夫婦の一人息子、「流行り病を得たのか、事故だったのか……」ってあるのに、ゆりは「従兄と同じ病を得て、死んだ」ってあるよ。

で感想だけど、う~む、怖い話しだな。
この後つばきはどうするんだろうか。
きっと、連れ出して湖に捨てた若者も、ただでは済むまいな。
怖ぁ~~~~~。^^;
afool URL 2008/02/13(Wed)12:37:27 編集
Re:こんにちは
はわっ!∑( ̄□ ̄;)
はい、告白します。気付きませんでした!(笑)
ちょい書き直しますね(汗)丹念に読んでくれて有難う!これも呪いの所為(笑)
うん、若者達も只では済まないなぁ(^^;)
巽(たつみ)【2008/02/13 13:48】
人形
人形にも魂があって、喜び悲しみがあるのでしょうね。
見つめてるだけじゃ悲しい…。
この後、つばきさんはどのように生きていくのかな…。
ふわりぃ URL 2008/02/13(Wed)13:44:44 編集
Re:人形
見てるだけしか出来ないってスタンスは、辛いと思います~。
なまじ人型なのに人の様には出来ないというのは。
つばき、用を済ませたら後は元の家をじっと見守り続けるんだろうなぁ。今度は「見詰める」だけじゃなく「見守る」事が出来るから(用が何かを深く追求すると……怖いよ? 笑)
巽(たつみ)【2008/02/13 13:52】
こんにちは
怖いお話ですね~。
でも、何気にホンマにありそうで怖い・・・

いや、まさかな。でも・・・
やっぱ、人形って怖いよ。
なっち 2008/02/13(Wed)15:25:39 編集
Re:こんにちは
後ろでじっと見てる人形、動きたがっていませんか? とか言ってみる(笑)
怖いのに何で惹かれるんでしょうね? 人形って。
巽(たつみ)【2008/02/13 17:52】
無題
また寒い時に、
怖いなあ、湖に浮かぶ命を得た人形。

その後陸に上がり、一人暮らしのカオルさんに拾われ、毎日髪が伸び、主の不在中にワープロを打つ「つばき」……それは私だ!
なんてあったら、ちびってたところですよ!?
続きもありそうな終わり方がまた怖い。
銀河系一朗 URL 2008/02/13(Wed)19:48:49 編集
Re:無題
はい、寒い時期に怪談です(苦笑)
季節外れは得意技(笑)
ワープロ・パソコンも考えてみたら相手が見えない分、オカルト・アイテム化し易いなぁ。実は……!?
巽(たつみ)【2008/02/13 20:05】
そうかぁ~
そいてどうなるんやろう??
お人形って、ほんまに怖いわぁ~(>_<)
供養できるとこで、捨てないとね!
う~ん、切ないっす・・・・
ぴぴ 2008/02/13(Wed)20:11:32 編集
Re:そうかぁ~
人形寺にずらりと並んだお人形もなかなか迫力ありますよ~。
古い物が多い所為もあるかも知れませんけど。
巽(たつみ)【2008/02/13 23:21】
こんばんわ★
日本人形…
無念のあまり、とうとう動けるようになりましたか(@_@)
どんな復讐をするのか…
っていうか、生きてるのかな?
モアイネコ 2008/02/15(Fri)18:06:02 編集
Re:こんばんわ★
家が朽ちる程の年月は経ってますからねぇ。
そっちの家も断絶してるかもね。
巽(たつみ)【2008/02/15 18:40】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア
プロフィール
HN:
巽(たつみ)
性別:
女性
自己紹介:
 読むのと書くのが趣味のインドア派です(^^)
 お気軽に感想orツッコミ下さると嬉しいです。
 勿論、荒らしはダメですよー?
 それと当方と関連性の無い商売目的のコメント等は、削除対象とさせて頂きます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村参加中。面白いと思って下さったらお願いします♪
最新CM
☆紙とペンマーク付きは返コメ済みです☆
[06/28 銀河径一郎]
[01/21 銀河径一郎]
[12/16 つきみぃ]
[11/08 afool]
[10/11 銀河径一郎]
☆有難うございました☆
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
(08/03)
(07/01)
(06/01)
(05/03)
(04/01)
アーカイブ
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
メールフォーム
何と無く、付けてみる
フリーエリア
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]