忍者ブログ
〈2007年9月16日開設〉 これ迄の小説等、纏めてみたいかと思います。主にミステリー系です。 尚、文責・著作権は、巽にあります。無断転載等はお断り致します(する程のものも無いですが)。 絵師様が描いて下さった絵に関しましても、著作権はそれぞれの絵師様に帰属します。無断転載は禁止です。
Admin Link
「私はどうして此処に居るんだろう?」眼鏡の奥の目を瞬かせて、男は辺りを見回した。
 白い部屋。金属枠の白いベッド。その脇に用意された車椅子。消毒薬の臭い――そこは病室だった。
 病室などというものは何処も似たり寄ったりではあるが、男はこの部屋に見覚えがあった。壁に張られたカレンダー、暇に飽かせて作られた折り紙のくす玉、殆ど毎日の様に彼が届け、花瓶に生けられた、白い花。
 だが、彼が此処に通っていたのは、もう十年以上も前の事だった。
 彼の母の病室――もう、疾うに別の患者に明け渡された、彼女の最後の部屋。当然、本当なら飾り付けなどとっくに撤去されている。それどころか、件の病院が未だ同じ所で営業しているのかどうかすら、男は知らなかった。 
 そんな所に何故今になって、然も自ら此処に足を運んだ覚えすらなく、居るのだろう。
 男は順を追って、今日の自分の足取りを辿り始めた。

 通勤の為に家を出たのはいつも通り、午前七時半だった。最寄り駅迄歩き、満員電車に揺られる。
 五月としては非常に暑い朝だった。未だエアコンの充分に利いていない車内で、暑苦しさに閉口しながらも五駅、我慢する。
 そしてやっと鮨詰め状態から解放され、休む間も無くホームの階段を上り終えた時――くらっと、きた。
 これ迄にも時折、眩暈に襲われた事はあった。しかし、今朝のそれは特に酷く、またタイミングが悪かった。
 彼は階段を踏み外し……それ以降の記憶はない。

「……それで此処に居るって事は……もしかして、私は、死んだのか?」
 人は死に際に走馬灯の様に人生を振り返ると言う。ならばこれはその一場面なのだろうか?
 しかし、それなら何故、此処に母が居ないのだろう。確かに母の残り香漂う部屋なのに、その母の姿は何処にもない。
 部屋を出ている? いや、母は一人では歩けなくなっていた。そしてベッド脇には車椅子が置かれた儘だ。ならば別の車椅子、もしくはストレッチャーで運ばれたのだろうか? だが、少なくとも車椅子に関しては、別の物を使う理由が見当たらない。
「私は何をしに此処に……」途方に暮れた顔で呟きながら、男は車椅子に手を掛けようとして、自分の手がそれに触れない事に愕然とする。擦り抜けてしまったのだ。
「やっぱり、私は幽霊なのか……?」自嘲めいた笑いに、口元が歪む。
 と――背後から声が掛かった。
「未だよ」と。

 振り向いた先、病室の出入り口に居たのは十五、六ばかりの少女。長い黒髪に黒い服、黒い手帳を手にしていた。
「未だ……って?」
「未だ死んでないって言ってるのよ。早く戻る事ね。案内はしてあげるから。貴方が居る、本当の病院へね」
「私は、階段から落ちたんじゃあ……?」
「そう。意識不明の状態だけど、未だ死期じゃないもの。此処に居る貴方が戻れば、いずれ目を覚ますわ」
 ふらり、と男はよろめいた。安堵した様な、気が抜けた様な……。
「じゃあ、何故私は此処に……?」
「それは……何か思い入れでもあったのかしらね? この場所に」病室内を見回して、少女は言った。「ところで早くしてくれない? 此処は貴方の記憶と繋がった過去の病室。今は未だ、貴方のお母様とは繋がっていないから、お互いに姿を見られる事もないけれど、見られたら事よ? 過去が変わってしまうかも知れない……」
「お互いに……という事は、母は今、この病室内に居るのか?」慌てて周囲を見回す男。しかし、彼女の言う繋がっていない状態の所為か、何処にもその姿は見受けられない。
 肩を竦めて、ベッドを指差す少女。
「母さん……」ベッドの脇に膝を突き、その手を取ろうとするかの様にばたばたとベッドの上を手で探る。が、その感触も、今の彼には感じられない。悲しげに、男は肩を落とした。
「止めときなさいって。お母様、心臓がお悪いんでしょう? 今の貴方の姿は、余り心臓によくないわ」
 確かに、少女の言う通りだろう。あれから十年。すっかり老け込んだ上に、鏡で確かめてはいないが、怪我を負った姿が投影されているのかも知れない。息子のこんな姿を見ては……。
 男はよろよろと、立ち上がった。
「案内、してくれるかい?」
 だからそう言っている、と少女は肩を竦めた。そして、ちょっと小首を傾げる。
「貴方は何故此処に引かれたのかしら? この、過去の病室に」
「それは……」男は今一度、室内を見回した。
 そして、カレンダーと花瓶に生けられた花を見比べて、得心が入った様子で頷いた。
「母の日だって言うのに、仕事帰りで急いでいた私は赤いカーネーションでなく、白い花を買って来てしまったんだ。それだけの事だけど……それだけの事が、いつ迄も心残りだった。これが……最後の母の日だったのに、と」
「そう」少女は微笑し、これはサービス、と白い花に手を触れた。
 見る間に、彼女の指先が触れた所から、白が赤に染められて行く。
 男は満足気に頷いて、彼女に礼を言うと、その後に付いて過去の病室を後にした。
 彼が本来居るべき、現代の彼の病室へと戻る為に。

 人の想いはとんでもない力を持っているわね――仕事を終えて、黒い少女は手帳を閉じながら溜め息をつく。幽体だけとは言え、時を遡るなんて。
 過去と現在が交わる事は許されない。だからこそ、彼と母親とを会わせる事は出来ない。
 彼女の心臓に悪い?――少女は苦笑を浮かべた――どの途、彼女の死を見取る為に、あの時、あの場に居た癖に。例えもう直ぐ死ぬと決まってはいても、二人の時間を交わらせる事は許されなかったのだ。
 花は精一杯のサービスだった。
 黒い少女の向こうに赤い花を見て、彼女は安らかに、眠った。

                      ―了―

 いい加減カテゴリー分けしようか(^^;)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
おはよう
そうだね~アリスの親戚風だったからね。
カテ作って昇格してあげて♪
冬猫 2009/05/13(Wed)05:05:00 編集
Re:おはよう
ありすの親戚風(^^;)
取り敢えず昇格しました♪
巽(たつみ)【2009/05/13 21:16】
こんにちは♪
なんて優しい死神さんなんでしょう!

お母様は赤いカーネーションを見て、
息を引き取る事が出来たんですね?

彼も、これで胸のつかえが取れて、
良かったねぇ~!
きっと、ずーっと胸の中で蟠っていて
辛かったでしょうねぇ・・・・・
クーピー URL 2009/05/13(Wed)14:19:59 編集
Re:こんにちは♪
死神さんとしても、此処で母親が死ぬ事、彼が今は死なない事は動かせないので……せめてものサービスで(^^;)
巽(たつみ)【2009/05/13 21:18】
こんにちは♪
人の想いって言うのは時をも超えてしまう…
死神さん、いろいろお忙しくていらっしゃる(笑)
過去のお母様も喜んでいるでしょうね(^^)
つきみぃ URL 2009/05/13(Wed)16:23:59 編集
Re:こんにちは♪
何かと忙しそうです(笑)
妖さん達は仕事熱心?(^^;)
巽(たつみ)【2009/05/13 21:19】
こんにちは
おいおい、サービスって、過去が変わっちゃうんじゃないのか?(笑)
なんか、妙に達観したキャラが多いなぁ。(笑)
afool URL 2009/05/13(Wed)17:28:12 編集
Re:こんにちは
直接あったら良かれ悪しかれ、影響が無いとは言い切れないけど、死の間際に見た花の色位なら……という、ぎりぎりの出血大サービスです(笑)
彼女の死期は判ってますからねぇ、死神さん。
巽(たつみ)【2009/05/13 21:23】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア
プロフィール
HN:
巽(たつみ)
性別:
女性
自己紹介:
 読むのと書くのが趣味のインドア派です(^^)
 お気軽に感想orツッコミ下さると嬉しいです。
 勿論、荒らしはダメですよー?
 それと当方と関連性の無い商売目的のコメント等は、削除対象とさせて頂きます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村参加中。面白いと思って下さったらお願いします♪
最新CM
☆紙とペンマーク付きは返コメ済みです☆
[06/28 銀河径一郎]
[01/21 銀河径一郎]
[12/16 つきみぃ]
[11/08 afool]
[10/11 銀河径一郎]
☆有難うございました☆
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
(08/03)
(07/01)
(06/01)
(05/03)
(04/01)
アーカイブ
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
メールフォーム
何と無く、付けてみる
フリーエリア
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]