忍者ブログ
〈2007年9月16日開設〉 これ迄の小説等、纏めてみたいかと思います。主にミステリー系です。 尚、文責・著作権は、巽にあります。無断転載等はお断り致します(する程のものも無いですが)。 絵師様が描いて下さった絵に関しましても、著作権はそれぞれの絵師様に帰属します。無断転載は禁止です。
Admin Link
 雨音が耳について眠れないと、キヨは小さな手で目を擦りながら囲炉裏端の母親に訴えた。
 長く続く激しい雨が、トタン屋根を叩いている。薄い窓硝子も雨滴が当たる度に音を立て、震える。幼いキヨにはそれが何か恐ろしいものが、手を伸ばして窓を叩いている様に思えて、安心して眠るどころではなかった。
「何でもないよ、キヨ」控え目に微笑んで、母はキヨの髪を撫でた。「あれは只の雨。家の周りには何にも怖いものなんて居やしないよ。さ、お休み」
 奥の部屋へと連れ戻し、捲れた布団の皺を伸ばしてキヨを寝かせ、優しく布団を掛けてやる。いつもの動作。いつもの優しい微笑み。
 それに安堵して、キヨは床に着く。
 一度は。

 天井の染みが気になると、キヨは小さな手に枕を抱えて母親に訴えた。床に着いてから僅かに小一時間だろうか。
 長雨の所為だろう、何処から吹き込んだものか天井裏に雨が染み入り、妖しげにも見える染みを形作っていた。点が三つもあれば、それはキヨの頭の中で人の顔になる。それも、丸で何かを訴えかけている様な、叫んでいる様な、そんな表情で。
「何でもないよ。キヨ」母は、家の天井のそこかしこに浮かんだそれらの染みを見上げて、微苦笑した。「あれは只の染み。怖いものなんかじゃないよ。この雨が止めばいずれ乾いて消えるよ。さ、お休み」
 相変わらずの雨垂れの音の中、キヨは部屋へと連れられ、床に着いた。
 傍らの畳にそっと身体を横たえ、母は拍子を取る様に、向かい合ったキヨの小さな背中に優しく手を添える。唇からは低く、子守唄が流れ出た。小さいけれども、雨音よりも強く、キヨの耳にそれは入り込む。
 その唄に誘われる様にして、キヨは眠りに就いた。

 水の渦巻く音に、キヨは囲炉裏端に戻って座っていた母に縋り付いた。
 先程迄の雨音とは違う。凶暴な、全てを巻き込む水の音。地滑りの音も、時折響いてくる。
 雨音や染みから生まれた想像上の恐怖などではない事は、地を通じて伝わる振動が教えてくれる。
「何でもないよ。キヨ」母は――窓硝子を割り、板戸を流し、土間を浚(さら)って流れ込む水の中で、哀しげに微笑んで言った。「これは……もう済んだ事なんだから。もう、怖い事なんて……私が死ぬ事なんてないんだよ」
 キヨは、渦巻く水の中、母の手をしっかりと握り締めて、頷いた。

 長雨の末鉄砲水に遭い、その後、治水の為にダムに沈んだ村を、二十年振りに女は見渡した。
 とは言え見えるのは鏡の様な湖面と、それを囲む山岳地のみ。水の奥底には、村の佇まいが幾らか残っているかも知れないが。透明度の然程よくない湖では、そこ迄は窺い知れない。
「何でもないよ。母ちゃん」女は――キヨは菊の花束を湖面に流しながら、呟いた。「只、夢を見ただけ。いつもの夢を」
 あの日、ぎゅっと握った母の手は小さな手から滑り抜け、どれ程時間が経ったものか、気が付いた時にはキヨは独り、乾いた地面に泥だらけで横たわっていた。母の遺体はその後、村の多数の人々と一緒に発見された。
 それ以来出稼ぎに出ていた父に引き取られ、あの日の夢にうなされながらも、此処に来る事も無かったのだが、母の歳を越え、家庭を得、娘を得たからだろうか。あの日の母の笑みが時折、脳裏に浮かぶ。
 自身も眠れない程不安で一杯で、それでも娘には心配させまいと無理に微笑んで、優しく寝かし付けてくれた母。女子供だけで夜の、然も土砂降りの中を避難する事も出来ず、居た堪れなかっただろうに。
 それでも彼女は微笑んでいた。娘を不安がらせまいという一心で。
「お休み」湖に向かって一言、それを離別の挨拶として、キヨは踵を返した。

                      ―了―

 時代設定、結構昔な感じになりましたね。う~む。最近、怖い話にならないぞ(--;)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
いちば~ん
やった☆一番乗り(^^)
確かに…最近コワいの意味が違ってきているような気もする(^_^)
でも、想像するとかなりコワいよ。見ずに飲み込まれちゃうんだよね。。。考えたくない。
母は強し!私も強いかな(;^_^A
つきみぃ URL 2008/04/16(Wed)23:46:51 編集
Re:いちば~ん
見ずに飲み込まれるのは怖いね~(^^;)
と言うか、飲み込まれるのはやだ(笑)
強いですとも! お子さんも優しい子に育っておられるし♪
巽(たつみ)【2008/04/17 00:53】
無題
どもども!
十分すぎるぐらい怖いっすけど。。。
夢の中の優しい母の微笑みってのを聞いただけで、あの映画「ほの暗い水の中から」を思い出しちゃったぐらいだし
猫バカ1番 URL 2008/04/17(Thu)00:13:33 編集
Re:無題
そう言えばありましたね、怖い映画!(そして私は微妙に釈然としなかった……)
母と水って繋がり易いのかな?(母と水、ですよ~? 水と母だと……水母〈くらげ〉になっちゃう・爆)
巽(たつみ)【2008/04/17 00:57】
こんばんは♪
二番目~~~!(意味ないかぁ(=^_^=) ヘヘヘ)

ホントに母は強しだねぇ~!

確かに怖さの種類が違うかもネ!
でも、かなり怖い事だよね、

いやぁ~切ない!
クーピー URL 2008/04/17(Thu)00:21:51 編集
Re:こんばんは♪
残念、3番目!^^;
最近怪談を考えると、どうもどこかで聞いたか読んだ様な話(もしくは既に書いたのに似る)になりそうで、ちょっと路線が変わってきてますね~。
一番怖い思いしてたのは母親かも。
巽(たつみ)【2008/04/17 01:00】
こんばんは
トタン屋根が普及したのは明治維新後。主に銀行や商店だそうです。
日本で商品化するのは、もっと後。
この小説では、ご主人が出稼ぎに行ってる事から、昭和の戦後辺り位から~昭和中頃過ぎの水害なのかな?

キヨちゃんの悪い予感が当たってたんだね。
いつの時代も母はつよし!
でも心細かっただろうな。
冬猫 URL 2008/04/17(Thu)01:07:58 編集
Re:こんばんは
銀行がトタン屋根! 今では考えられないですねぇ(しみじみ)
昭和初期位かな? イメージとしては。
だから夜は暗いし、気軽に逃げ込めるコンビニなんかも無い。
不安を抱えながらも、そんな夜道を子供連れて逃げる事も不安……母は強くて弱いです。
巽(たつみ)【2008/04/17 14:51】
珍しい^^
いつも、難しい凝った名前をつける巽さんが、キヨとは
古いなぁ~とは思ってたけど^^;
まぁ~時代背景も珍しいような??
怖くなくっても良いやん^^
ぴぴ 2008/04/17(Thu)13:12:42 編集
Re:珍しい^^
うん、昔の山村のイメージで書いたら、やっぱり難しい名前はないやろう、と。女の子だと漢字も余りなくて、片仮名かな~と。それでキヨちゃん。
巽(たつみ)【2008/04/17 14:59】
こんにちは
そんなに怖い話にしたいのかい?
怖いというより悲しい話だなぁ。
母は強しかぁ。うち、母子家庭だった。^^;
afool URL 2008/04/17(Thu)13:29:03 編集
Re:こんにちは
一応ミステリー・怖い話・奇妙な話……を目指しているので(^^;)
まぁ、拘らなくてもいいんですけどね。
巽(たつみ)【2008/04/17 15:04】
無題
母になったら母の気持ちが分かるのかな~
母親を大事にしないとな>_<。
ふわりぃ URL 2008/04/17(Thu)18:44:10 編集
Re:無題
お風邪大丈夫ですか? 無理なさらないで下さいね。
はは……私も母じゃないけどねー(^^;)
やっぱり大事にしないとね。
巽(たつみ)【2008/04/17 21:49】
無題
こんばんは。
私は小さい頃平屋に住んでいたんですが、天井とか壁の染みが怖くて仕方なかった時期がありました;
想像力豊かなお年頃ですよね…。
火事も怖いけど、水に飲み込まれるのも怖いです。泳ぐったって水の勢いに勝てるわけないし(笑)。
自然は怖いです。ホントに。
涼長 URL 2008/04/18(Fri)00:33:14 編集
Re:無題
うんうん、壁や天井の染みとか、箪笥の木目とか(>_<)
何か怖いし、じーっと見てると広がってくる感じがするんですよね。夜なんか暗くてよく見えない筈なのに(^^;)
因みに私は海で泳いだ事がありません☆
巽(たつみ)【2008/04/18 01:32】
おはよう
母の愛は深しですな。

あたしも天井のしみが人の顔に見えたり、
動いているように感じたり、大きくなってるように感じた時期があったなぁ。
今でもたまに思うときもあったりする。
そんなときは「気のせい、気のせい」と言い聞かせてます。(笑)
なっち URL 2008/04/18(Fri)09:35:49 編集
Re:おはよう
そうそう、気の所為気の所為♪ 多分(ぽそっ)
天井の隅の闇の蟠った所が広がってるのなんてぜ~んぶ、気の所為ですからね~(^^)
巽(たつみ)【2008/04/18 11:51】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア
プロフィール
HN:
巽(たつみ)
性別:
女性
自己紹介:
 読むのと書くのが趣味のインドア派です(^^)
 お気軽に感想orツッコミ下さると嬉しいです。
 勿論、荒らしはダメですよー?
 それと当方と関連性の無い商売目的のコメント等は、削除対象とさせて頂きます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村参加中。面白いと思って下さったらお願いします♪
最新CM
☆紙とペンマーク付きは返コメ済みです☆
[06/28 銀河径一郎]
[01/21 銀河径一郎]
[12/16 つきみぃ]
[11/08 afool]
[10/11 銀河径一郎]
☆有難うございました☆
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
(08/03)
(07/01)
(06/01)
(05/03)
(04/01)
アーカイブ
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
メールフォーム
何と無く、付けてみる
フリーエリア
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]